topimage

2017-10

歌謡ファンク喜劇「いやおうなしに」 - 2015.01.25 Sun

観ました! …て、1週間前だけども。埼玉で。

いままで、まるっきり書くヒマありませんでしたー!
きょうは、すでに大阪公演が終わっとる!

看板

いや、これが、また「なんじゃこりゃー!」な演劇だったのさ。いい意味。
まず音楽がOnly Love Hurts(面影ラッキーホール)というのがミソなんですね。
私は今回の舞台で聴くまで知らなかった音楽なんだけど、歌詞がすごい(ひどい、エロい、ともいえるが、すごい)。曲がカッコいい。
彼らの曲を使った、歌謡ショーなんですわ。



小泉さんが出るというだけでチケットをゲットした私は、チケットに出演者が書いてあるにもかかわらず、ちらっとしか見ずに、んーと、古田新太はわかってるけど、高畑充希さんも出ているのか!と思っただけ、ほかには、まったく何も考えず、何も知らずに会場へ乗り込んだのであった!
そう、前もっての情報なんて、ないほうが面白いじゃないか。

劇としては、愛情をこめて「あはは」という感じで。とにかく、曲であろう。まったく、こんなバンドがいたなんて!
オリジナルは男のボーカルなんだろうけど、パンフのなかでも古田氏が言っているように、女性が歌うと違ってくるんじゃないかな。
女性自身から発するリアル感、説得力があるわけで。



キョンちゃんの歌と芝居は、もちろん楽しませてもらったけど、驚いたのは、高畑さんだ。元気で明るい女子高生、かと思いきや、愛の女神か、はたまたビッチか!?という役なんです!
やはりパンフのなかで、曲提供の方たちが申し訳ない、と言っておりましたよ。…こんな歌を歌わせて申し訳ない、親御さんに申し訳ない、みたいな(笑)。
まあでも、ハタチ過ぎてるし、いいんじゃないですか。

なんだか、とっても、ユニークな、こんなの観たことないよ、という。
たぶん、Only Love Hurts(面影ラッキーホール)の曲を使う劇というのが、いままで実現が難しかったんだろう。
チョー真面目な方が観たら、途中退席するかも。しないまでも、なんじゃ、こりゃ!(悪い意味)と思う。

もう1回くらい、いやおうなしに、観てみたいかな。
しかし「いやおうなしに」って、なんなんだ?



出演:古田新太、小泉今日子、高畑充希、三宅弘城、高田聖子、山中 崇、政岡泰志、駒木根隆介、三浦俊輔、高山のえみ、田口トモロヲ

看板アップ


(C) PARCO.CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ボーさんへ

こんばんは。

やはり、埼玉公演行かれていましたか。
私は、神奈川の最終行ってきました。
東京にあと、2回行く予定です。

舞台は今回のようなものが多いと思いますよ(笑)

でも、楽しい舞台でしたね。
歌謡ファンクというだけあって、歌がたくさんあって、面白かったです。

今回の内容だと、地上波の放送は難しいかもしれませんね(汗)
ケーブルか、DVD化されることを今から期待します。

あと、もうすぐで小泉さんのお誕生日ですね。
40代最後の年をどのように計画されているのか楽しみです。


>moonstarさん

こんばんは。
チケットは抽選だったのですが当たりましたよ! 埼玉だから競争率が低かったのかも(笑)。
埼玉会館って、1984年のキョンキョンのコンサートで行って以来だったのです。
私も東京公演には1回行くつもりです。

この曲たちあっての舞台で、歌のインパクトは大きかったですね。
WOWOWで放送してほしいなーと思っています。ありえなくはないなと考えてはいるのですが。

誕生日は、たぶんプライベートに過ごして終わりそうな気がしますが…。翌日から東京公演が始まりますし。

ボーさんへ

1984年のコンサートとは、時計のいらない夏とかですか?
やはりレジェンドレベルですね!!

3月の「今日子・NOW・春」です。春コンサートですねー。
懐かしすぎるというより、会場を見ても、まったく記憶がなかったです。苦笑


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2822-d3ae4f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「シン・シティ 復讐の女神」 «  | BLOG TOP |  » 2014日本インターネット映画大賞外国映画部門へ投票

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード