topimage

2017-03

「シン・シティ 復讐の女神」 - 2015.01.27 Tue

1作目からの「間」が長かったな~。

「シン・シティ」は2005年10月に観たんだから、9年ぶりだっていう。
1作目公開の段階で、すでに続編の予定はあった。1作目の感想記事のなかでも書いてある。
それが、9年も経ったとは。(ジェシカたん、いくつになった!?)
ブリタニー・マーフィさんは、もう、いないし…(泣)


ジェシカたん
ジェシカたん。

あの独特の世界は帰ってきたけれど、やはり、ちょっとは「慣れ」があるというか、新鮮でないのは、しかたがない。
かっこよさにも慣れちゃったかな。

お話のなかでは、「ギャンブラーの意地」の結末が印象深い
こうなるんですか…。


エヴァさま
エヴァ・グリーン様。

いちばんの悪女エヴァ・グリーンさん、私はあんまり、お顔がタイプじゃないので。もっと好みの方でしたら、映画の好き度も上がったかも!?
かえって、ギャンブラーにくっつく女の子、ジュリア・ガーナーさんが、かわいかったよ! うん。


ジュリアたん
ジュリアたん。

それにしても、ミッキー・ロークの、この役。破壊力抜群。めったに死なないんじゃあるまいか。(笑)

レディー・ガガどんも、ちょっとだけよの出演!


ガガどん
ガガどん。

(1月11日 ユナイテッド・シネマ としまえん)

SIN CITY: A DAME TO KILL FOR
2014年 アメリカ作品
監督 ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー
出演 ジェシカ・アルバ、エヴァ・グリーン、ロザリオ・ドーソン、ジェイミー・チャン、ジュノー・テンプル

参考:シン・シティ 復讐の女神@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2014 Maddartico Limited. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

やはり2作目となると新鮮さはないですもんね。
9年前...よく続編をつくったなと思いますが。
悪女のエヴァ・グリーンはいいと思うんですが、すぐ脱ぐ女優にはなってほしくないです。

>yukarinさん

こんばんは。
すぐに続編つくってくれたらよかったんですけどね~。
そういえば、よく脱いでました…好みじゃないと、あんまり覚えてもいないという、つれなさでした…笑。

ほほう・・・ボーさん特有の”女神病”は出なかったですね

ボーちゃん おはようさん 夜勤帰りの朝がえりッスよ~

>いちばんの悪女エヴァ・グリーンさん、私はあんまり、お顔がタイプじゃないので。
 ボーちゃん、 やはり”女”ならだれでもいいぜってワケでもないようですね~
シャー子(→シャーリーズ・セロン)、ンダ子(→アマンダ・セイフライド) マリ子(→マリリン・モンロー)など  ”女優むさぼりのボーちゃん” ”女神病のボーちゃん”と異名がつくほどのお方だったはずなのに・・・^~^

ボクはたしかにエヴァ子(→エヴァ・グリーン)は イイッスねえ。 おっぱい プル~ン プル~ン ミキ プル~ン(・・・って ただのスケベオヤジやん ボク)

でも ボーちゃんのおっしゃるように、前作から 期間が 長すぎました。できれは 前作が2005年ですから 2009年までの ゼロ年代以内に映画公開してほしかったです。

前作でマヌートを演じてたマイケルクラークダンカンは亡くなり別の俳優になり ドワイトもクライブオーウェンからジョッシュブローリンになり 

 ブリタニーマーフィーも亡くなってますから もしかしたら 生きていれば ふたたびウェイトレス役で続編のオファーが来てた可能性も十分ありました。

ネタは熱いうちに 続編かぁ・・・
料理と同じじゃないッスかぁ~ねえ? 作って時間が経って冷めてしまった料理は味が落ちるのとコトかなぁ~

人によって解釈はそれぞれでしょうが やはり ”間”が長いと ”味”が変わってしまうのも否めないです

こんにちは〜
ブリタニーはほんと残念でしたよね。
続編作るのが遅すぎです
もっと早ければもっと勢いもあったろうし
ガガは別にいらない!  笑

>zebraさん

もっちろん!
誰でもいいわけではありまっしぇん!
エヴァ緑子はやっぱり、好みじゃないです。どうしても顔を見て判断してしまうという悪い子です。
オーウェンも交代してたんですね。ブローリンが同じ役とは考えていなかったので、ヒトが「交代」していたとは、ちっとも知らなかったという、いいかげんなボーです。
マヌートも前作に出てたのか…(爆)
前作の復習もせずに観たせいですね。

あー、ブリタニーちゃん、生きててほしかったー!

>migさん

こんばんは!
ブリタニー・マーフィさん、続編も出る予定、ってあったので、もっと早く作っていればと、ほんとに残念です。

ガガさんは、そういえばロドリゲス監督の「マチェーテ」の続編にも出ていたから、仲良くなって、今度も!ということでしょうか。

こんばんわ

前作を復習してから見たので、何とか理解出来ました☆
エヴァが存在感ありましたね~。
すぱっとヌードになる潔さが好き☆

ワタシはけっこうジュノー・テンプルの顔が好きだったりします(*^-^*)

>mia☆miaさん

こんばんは。
前作を見てからだと、理解が深まったかもしれませんねー。
エヴァさん、前も脱いだような気が…なんか歴史もので。
ジュノーさんもいいですね! 写真出しませんでしたけど。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2823-45d5dc80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シン・シティ 復讐の女神

シン・シティ 復讐の女神@よみうりホール

シン・シティ 復讐の女神 ★★★

人気グラフィックノベルを基にしたクライムアクション第2弾。犯罪と欲望が渦巻く街シン・シティを舞台に、その支配者である悪徳議員へのリベンジを誓う者たちの姿を活写する。監督にロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、主演にジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、...

シン・シティ 復讐の女神 (3D字幕)

【IN CITY: A DAME TO KILL FOR】 2015/01/10公開 アメリカ R15+ 103分監督:ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー出演:ミッキー・ローク、ジェシカ・アルバ、ジョシュ・ブローリン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ロザリオ・ドーソン、ブルース・ウィリス、エヴァ...

『シン・シティ 復讐の女神』 (2014)

カルトな魅力がほとばしる、コミック・バイオレンス第2弾! 相当チャレンジングな作劇を試みながら不思議と後味は軽い、独特のノリを味わえる期待通りの第2弾ではあるのだが…!? 7000ドルで撮ったインディーズ映画『エル・マリアッチ』(92)で衝撃デビューを...

シン・シティ 復讐の女神

シン・シティ 復讐の女神 '14:米 ◆原題:SIN CITY: A DAME TO KILL FOR ◆監督:ロバート・ロドリゲス 、 フランク・ミラー「マチェーテ」 ◆出演:エヴァ・グリーン、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ジョシュ・ブローリン、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ブル...

シンシティ 復讐の女神/SIN CITY A DAME TO KILL FOR

本年度一発目はほんとつまらないのを観てしまったので 先に今月一番楽しみだったこちらから。 原作、フランク・ミラーとロバート・ロドリゲス監督が作り上げたコミックに忠実な世界観で映画化 「シンシティ」の続編は、すぐ撮るような勢いだったのに延期されついに...

シン・シティ 復讐の女神

ジョセフとエヴァに注目 公式サイト http://sincity.gaga.ne.jp 原作: A Dame to Kill For (フランク・ミラー著)監督: ロバート・ロドリゲス  「デスペラー

シン・シティ 復讐の女神 【劇場で鑑賞】

人気グラフィックノベルを映像化した2005年の映画 『シン・シティ』の続編、『シン・シティ 復讐の女神』 が公開、3D字幕版のほうを観に行ってきました。 シン・シティ 復讐の女神 原題:SIN CITY:A DAME TO KILL FOR 製作:2014アメリカ 作品紹介 人気グラフィックノ…

シン・シティ 復讐の女神

SIN CITY: A DAME TO KILL FOR 2014年 アメリカ 103分 アクション/犯罪/サスペンス R15+ 劇場公開(2015/01/10) 監督: ロバート・ロドリゲス 『マチェーテ・キルズ』 フランク・ミラー 『ザ・スピリット』 製作: ロバート・ロドリゲス 製作総指揮: フラ...

映画評「シン・シティ 復讐の女神」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー ネタバレあり

シン・シティ/シン・シティ 復讐の女神

【概略】 艶やかに輝く高層ビルの光。朽ち果てた裏通りの闇。犯罪以外は何もない、どこにでもある巨大な街。いつしかそこは“罪の街”=シン・シティと呼ばれた。裏切りと憎しみが渦巻くこの街を己のルールに従って生きる3人の男は、街を支配する権力に脅かされる女たちを守るため、命を賭けた闘いに挑む・・・。 アクション 【概略】 愛するハーティガン刑事を死に至らしめた街の支配者・ロアーク...

シン・シティ 復讐の女神

復讐の誓いを胸に場末のストリップバーで踊るナンシー。そこでは街の権力者ロアーク上院議員がポーカーに興じていた。一方、探偵ドワイトの元には突然昔の恋人エヴァが現れ・・

シン・シティ

犯罪以外は何もない、どこにでもある巨大な街。 いつしかそこは“罪の街”シン・シティと呼ばれた。 裏切りと憎しみが渦巻くこの世界を己のルールに従って生きる3人の男は、街を支配する権力に脅かされる女達を守るため、命を賭けた闘いに挑む…。 ハードボイルド・バイオレンス。 ≪この街は愛さえも、闘い≫ R-15

シン・シティ 復讐の女神

【SIN CITY: A DAME TO KILL FOR】 制作国: アメリカ  制作年:2014年 太陽も朽ち果て、闇に抱かれたこの街に、男たちの荒んだ心を 照らす一人の女神がいる。場末のストリップバー“ケイディ"の ダンサー、ナンシーだ。だが、彼女のなかにも闇がある。愛する ハーティガン刑事を死に追いやった街の支配者ロアーク上院議 員を、必ず殺すという誓いだ。心優しき野...

「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」 «  | BLOG TOP |  » 歌謡ファンク喜劇「いやおうなしに」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード