topimage

2017-04

「ウォールフラワー」 - 2015.02.10 Tue

主人公たちと同じ高校生に近かったら、もっと同感したかもですが、わりと好きではあります。

こういう映画を見て、自分が高校生のときを比べて思ってみる。たいして何も考えず、思い悩むこともなく、ほんわかと過ごしていた気がする。

映画の主役の彼は1年生だけど、やがて付き合いだす友人が最上級生だというのは、日本ではあんまり考えられないパターンではないだろうか。

仲間

見たあとで、キャストを調べて発見したこと!
大好きなアニメ「ティンカー・ベル」シリーズで、ティンカー・ベルの声を担当している、メイ・ホイットマンさんが出演している!
上の画像では、いちばん右、下の画像では右。
主役の彼と付き合うようになるけど、束縛が強くて彼氏が閉口してしまうという、そんな女の子の役でした。

壁の花?

主役の男の子チャーリー役のローガン・ラーマン、彼が恋する女の子サム役のエマ・ワトソン、サムの義兄役のエズラ・ミラーをはじめ、キャストは、がんばってましたね。

彼らが「ロッキー・ホラー・ショー」を舞台で公演しているのも、おもしろかった。私自身が「ロッキー~」を好きなもので。

恋?

青春のみずみずしさは、なつかしいような…きゅんとくるような。
原作者が、みずから監督をしているので、言いたいことは、かなり入れられたのではないか、とも思います。

(2月8日)

THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
2012年 アメリカ作品
監督 スティーヴン・チョボスキー
出演 ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、エリン・ウィルヘルミ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

>大好きなアニメ「ティンカー・ベル」シリーズで、ティンカー・ベルの声を担当している、メイ・ホイットマンさんが出演している!

お~、この方があのティンクの声を!
束縛の強い女の子の役ですか~、何気にティンクと被ります(笑)
お気に入りの俳優さんがいるだけでより楽しめることは多いけど、お気に入りキャラの声優さんの場合でも意外と嬉しいものですね。

>宵乃さん

ありがとうございます。
エンドロールで名前を目にとめて、あれっと思ったのですよ。
たしか、ティンクじゃないか! どの人だろうかって。

前にも、「アナ雪」のアナの声を演じた女優さんが出ている映画を、選んで見ましたから、今回は偶然でしたが、お気に入りができると見たくなる映画も増えますね。

ボーさん、こんにちは!

もうかなり昔になってしまったせいか、
ああ若いっていいな~、青春時代っていいな~って
やっぱりキュンとなるよね~(^_^)

エマちゃん、ハリー・ポッター・シリーズを卒業して
すっかり一人前の女優さんに成長してますね!
↑の画像なんて胸の谷間がセクシー・・・゙;`(゚∀゚)`;:゙

音楽も良かったです♪

>YANさん

こんばんは!
なんだか青春っぽいですよね!

はい、エマちゃんの服装、胸の谷間がけっこう分かったです。そこもよかった!(こらこら)
わりとボーイッシュなんですけどね。

こんばんは

主人公たちの高校生に近かったらもっと同感したかも…という
出だし。まさにわたしも同じことを書いてました!
きっともっと色々感じたんだろうなぁーって。

ティンカーベルシリーズ、わたしも大好きなのですが、あの子が声やってるんですね!
なんか今回の役とのギャップが大きくてビックリしちゃいました!…が、よく考えたら、わたしは娘と見てるから吹き替えなのでした。。。

ともあれ、青春な感じが悪くなかったですねー。

>ihuruさん

おはようございます。
もう、高校生からは遠くなってしまいましたからねえ…。
車から乗り出して…とか、見るのも多少照れてしまうけど、まあ、青春かな、でいいんじゃないかということで。

ティンクの声の女優さんを見られたのは、思わぬラッキーでした。
私は字幕でも吹き替えでも両方見ちゃってますから、おおー、この子が!と、うれしかったです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2833-c48e7389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウォールフラワー

ウォールフラワー@有楽町朝日ホール

ウォールフラワー ★★★

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー共演の青春作。原作者のスティーヴン・チョボスキーが監督を務め、自身の小説「ウォールフラワー」を基に、思...

ウォールフラワー 【劇場で鑑賞】

「エンダーのゲーム」を観た後は同じシネコン で上映していた映画「ウォールフラワー」を続けて 鑑賞です。 ウォールフラワー [Blu-ray] ウォールフラワー 原題:THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作:2012アメリカ 作品紹介 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々…

ウォールフラワー

誰でも悩み苦しむ青春時代 公式サイト http://wallflower.gaga.ne.jp原作: ウォールフラワー (スティーブン・チョボスキー著/集英社文庫)監督・脚本: スティーブン・チョボス

ウォールフラワー

 「ライムギ畑でつかまえて」の再来、というキャッチフレーズにひかれていったら、これ何てラノベ?という感じ。原作者が監督・脚本を担当しているだけあって、思い切った改変もできなかったと推察されます。  作品情報 2012年アメリカ映画 監督:スティーヴン・…

ローガン・ラーマン、エズラ・ミラー、エマ・ワトソン主演、スティーブン・チョボスキー監督『ウォールフラワー(The Perks of Being a Wallflower)』"Just for one day We can be Heroes"

注・内容、台詞に触れています。スティーヴン・チョボスキーが自身の小説『ウォールフラワー』を自ら監督。出演はローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー物語・チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小

ウォールフラワー

さよなら、壁際の僕。 原題 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作年度 2012年 上映時間 103分 原作:脚本:監督 スティーヴン・チョボスキー 出演 ローガン・ラーマン/エマ・ワトソン/エズラ・ミラー/メイ・ホイットマン/ジョニー・シモンズ/ジョーン・キューザック/ポー...

ウォールフラワー

ウォールフラワー '12:米 ◆原題:The Perks of Being a Wallflower ◆監督:スティーヴン・チョボスキー ◆主演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ケイト・ウォルシュ、ディラン・マクダーモット、メラニー・リンスキー、ニ...

あの頃/壁の花~『ウォールフラワー』

 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER  アメリカのある街。ウェブの世界がリアルを凌駕する、少し前の時代。心に 傷を抱えた内気な少年チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校に入学する。 孤独な日々の中、エキセントリックで独特な雰囲気を醸すパトリック(エズラ ・ミラー)と、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)という血のつながらない...

ウォールフラワー /THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER

「RENT レント」の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが、 ベストセラーとなった同名小説を自ら監督を務め、 社会現象にもなった自身の小説「ウォールフラワー」を基に描いた青春もの 「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーくん出演てことで...

ウォールフラワー

なぜに若者が、これほどきつい人生を送らなけれなならなくなるのか?大人が悪い。

ウォールフラワー

誰もが味わう青春の甘さ・ほろ苦さ。 瑞々しく生き生きと描いた青春物語~☆ THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 監督:スティーヴン・チョボスキー 原作:スティーヴン・チョボスキー「ウォールフラワー」 製作:2012年 アメリカ 上映時間:103分 出演::ローガン・ラーマン *エズラ・ミラー *エマ・ワトソン *メイ・ホイットマン *ポール...

映画・ウォールフラワー

2012年 アメリカ原題 The Perks of Being a Wallflower 時代背景は1980年代後半から90年代初頭高校に入学したばかりのチャーリー(ローガン・ラーマン)友だちはゼロ、誰も挨拶してくれない、ランチも独りぼっち誰かが声をかけてくれるとしてもイジメか悪口唯一...

ショートレビュー「ウォールフラワー・・・・・評価額1600円」

壁の花だって、咲ければいい。 1999年に出版され、一躍ベストセラーとなった小説「The Perks of Being a Wallflower」を、原作者のスティーヴン・シュポースキー自ら脚色・監督して映画化した作品。 ありがちな異業種監督のお遊びではない。 素人とはとても思えない実に巧みな脚本構成と、映像的なセンスの良さに驚かされる。 物語は、作者の分身である主人公のチャーリ...

「マイヤーリング」 «  | BLOG TOP |  » 「アップサイドダウン 重力の恋人」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード