topimage

2017-07

「17歳のエンディングノート」 - 2015.02.26 Thu

走り出すダコタんと背景が、イラストに変わるタイトルロールは、いい感じ。

死を目前にした人間が、やりたいことのリストをつくって…という映画は、これまでにもあって、新味はない。
こういう映画は、短い生が、そこにあるから、「生」の意味が浮かび上がってもくる、というものですね。

ポスター

ダコタん(きちんと呼ぶなら、ダコタ・ファニングさんである。一応、説明。)は、白血病で化学療法を受けない選択をした少女の役。
空中遊泳体験で、宇宙服みたいなのを着用して、ヘルメットから顔の範囲だけが見えるシーンでは、まるで少年の顔のようにしか見えないダコタんでした!

「社会から離れていれば、病気でなくなる」というセリフがあって、ああ、そうか、と思った。
もしも、自分ひとりだけで暮らしていれば、心配する周囲の人たちはいないわけだから。自分だけの問題になる。
ただ、それは家族や社会のなかで生きていたら無理なことではあるが。ヒトは社会的な動物なのだ。

やりたいことのリストに、「法を破ること」があって。でも、万引きをするというのは、ちょっとどうなのかな…。
こういう映画なので、当然のごとく、泣きました…はい。

原作は、ジェニー・ダウンハム著「16歳。死ぬ前にしてみたいこと」。


屋根の上の
獲物の男を狙っている女ヴァンパイアとかではありません。ダコタんの友人役のカヤ・スコデラーリオさんです。美人。

(2月22日)

NOW IS GOOD
2012年 イギリス作品
監督 オル・パーカー
出演 ダコタ・ファニング、ジェレミー・アーヴァイン、パディ・コンシダイン、オリヴィア・ウィリアムズ、カヤ・スコデラーリオ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2012 Blueprint Pictures (Now) Limited, BBC and The British Film Institute. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ダコタん、って…(笑)

こらこら、ボーさんに聞こえるって。下手なこと言うと、俺たちの存在、消されちまうぞ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2847-1c7cecb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「17歳のエンディングノート」

☆☆★(5点/10点満点中) 2012年イギリス映画 監督オル・パーカー ネタバレあり

17歳のエンディングノート ★★.5

不治の病で余命9か月の少女が、残りの人生でしてみたい事柄を実行していく中で予定外の恋に落ち、生きる意味を見いだしていく人間ドラマ。監督は、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の脚本家オル・パーカー。限られた人生を謳歌(おうか)しようとするヒロインを...

「マリリン・モンロー 他殺の証明」 ロバート・スレイツァー «  | BLOG TOP |  » マリリン in アカデミー賞授賞式

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード