topimage

2017-03

アルバム「Betty」 キョン2ディスコグラフィ(20) - 2015.03.06 Fri

小泉今日子さん、5枚目のアルバムは「Betty」。1984年7月21日発売。

収録されていればその曲が「売り」にもなるだろうシングル曲が1曲も入っていないのは、当時のアイドルのアルバムとしては珍しいことではないだろうか。
LPとCDで、ジャケット写真が違っているのは、最近まで気づかなかった…。すでに、このころLPは買っていなかったはずだし。


CD
こちらは、CDのジャケット。

以下、小泉さんとアルバム製作担当ディレクターの田村さんがこのアルバムについて語り合っている「Betty+5」の解説書から、主な内容を取り上げてみると…。

筒美京平さんの作曲だけで丸ごと1枚アルバムを作りましょう、がコンセプト。
編曲はすべて船山基紀さん。デジタルレコーディングの勉強で海外留学して、フェアライトなど高価な機材を一式買って帰国していた。
小泉さん「好きなアルバムだったかも」
銀色夏生さんは当時、駆け出しで、たくさん詞を書いてもらって、そのなかから選んだ。
小泉さん「(松本隆さんは松田)聖子ちゃんに書くのと世界観を変えてくれたのがうれしかった…(中略)…もうちょっと強い、こちらからキスするような女の子像が多かった気がします」

とにかく、ひとりの作曲家がすべての曲を作っているせいか、すごく、まとまっている感がある。英語で言ったらトータル感?(改めて言い直さなくたっていいが。)
当時は私は、このアルバムは、それほど好きでもなかったと思う。予想内の心地よい範囲から飛び出ていない印象というのか、あんまり面白くないというふうに思えたのかもしれない。
いや、バラエティはありますよ、このアルバムのなかで、いろいろな曲調はある。よく、ひとりでこんなにバラエティに富む曲を作ったなあと感心するほどの。さすがは、希代のヒットメーカー筒美京平というべき。
ただ、やはり「違う作曲家」の作品が集まってはいない、というか…それを言ったら、シンガーソングライターのアルバムも面白くない、ということになりそうですが、それはまた、いろんな個人的な好みが関わってくるので。

…と、まとまらなくなってきたところですが…もう、このアルバム、iPhoneで何回も何回も聴きました。
このアルバムについてのディスコグラフィ記事を書くまでは、次のアルバムを聴かずに、コレを聴き続ける、というストイックなことをしているせいもある(苦笑)。
でも、何度でも聴けて、飽きない。それは、すごい。(たんに、ファンだからでしょ、というなかれ。)
シングル曲が入っていないこと、作曲家がひとりなこと、シンセサイザーなどエレクトリック&デジタルな最先端な編曲?を取り込もうとがんばった(らしい)こと、などなど「攻め」の姿勢が満タンなのは素晴らしい。
編曲には、世界初のサンプリング・マシンFairlight CMIや、LINN Drumなどを使っているという。
そんな最先端ワールドを、ぶれることなく余裕で歌いこなすキョンキョン。

全曲が筒美京平作曲、船山基紀編曲のアルバムには、同じ年(1984年)4月の、柏原芳恵「LUSTER」、1986年12月の中山美穂「エキゾティック」もある。

試聴は、こちらや、こちらなどで可。


LP
こちらはLPのジャケット。

1.素敵にNight Clubbing
作詞:森 雪之丞、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
ビッグバンド的な演奏にのって華やかに始まる、明るいテンポのいい曲で心地よい。
♪ミント色した扉が ちょっと気取ったカフェ・バー

2.天然色(テクニカラー)のロケット
作詞:松本 隆、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
(テクニカラー)は、実際はカッコ書きではなく、ルビ。
ずいぶん久しぶりに聴いたとき、ああ、こういう前奏だったんだよ、そうだよ、そうだよ!(かっこいい!)と思い出して、背筋にゾクゾクッときた!
「In The Star Light ずっと夢の中」と機械的な宇宙人っぽい発声のような部分も、かっこいい! 宇宙的な(?)演奏も! ELOの「ザナドゥ」に似た感覚を思う。
もしかしたら、アルバム中いちばん好きな曲か!?
♪黒のZで 急いできたのよ 霧が晴れたBeach Side 月が横切る

3.夜風にコールミー 素肌にコールガール
作詞:銀色 夏生、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
打ち込みのリズムがいいよねー。そこにホワワワーンという感じのシャボン玉みたいな音がかぶさってきて。編曲も歌も可愛いよ!
♪思いつめて はだけた胸ノウチ あどけなさが気にかかるカシラ

4.哀愁ボーイ
作詞:銀色 夏生、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
ちょいシリアスなメロディに。フェイドアウトまで、シリアス風で押しますね~。
♪まさか 本当 終わったはずよ 恋がまだ胸に痛いわ

5.13日の金曜日
作詞:森 雪之丞、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
前年のマイケル・ジャクソン「スリラー」に影響を受けたんだろうなあと思える曲。歌詞では、彼の指も毛むくじゃらになるし。
英語の語りが、いかにも日本人のしゃべる英語に聞こえて、かっこよくない。
♪忍び込む Midnight遊園地 昼間落とした Pendant探すため

6.今をいじめて泣かないで
作詞:銀色 夏生、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
女声コーラスが効いている。編曲も手が込んでいるように思うし、おしゃれな感じに仕上がってる。曲名からして、しゃれてるよね。
♪どうしたの外むいて そっとつくため息

7.プレゼンテーション
作詞:康 珍化、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
トランペットで始まって、かっこいいっす! 伴奏、かっこいいっす! ラスト4曲は、康珍化さんの歌詞でまとめている。
♪君が好きとやさしい声 耳のうしろから囁いて 白く崩れる波に似た

8.好きにして
作詞:康 珍化、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
ロックンロールなので、ライヴ受けする曲。手拍子も入ってる! 「好きにして」なんて言われた日にゃ、もう。バラードからロックまで何でも来い!なキョンキョン。
♪はやく乗れヨと 雨に光るバイクを 指さした

9.ラブコールをアンコール
作詞:康 珍化、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
これも、かわいいです。「アンコール」と歌う曲だから、ライヴのアンコールにも使える。親衛隊風な声で「アンコール」のコールが入ってくるし!
♪言い訳なんて聞かない いきなり平手打ち決めた

10.バナナムーンで会いましょう
作詞:康 珍化、作曲:筒美 京平、編曲:船山 基紀
締めは、バラードで。波音、鳥の声から始まり、ピアノの音色…。
♪足をぬらしに来たビーチ 夜の月は細い三日月

関連記事:
シングル「私の16才」 キョン2ディスコグラフィ(1)
シングル「素敵なラブリーボーイ」 キョン2ディスコグラフィ(2)
アルバム「マイ・ファンタジー」 キョン2ディスコグラフィ(3)
シングル「ひとり街角」 キョン2ディスコグラフィ(4)
アルバム「詩色の季節」 キョン2ディスコグラフィ(5)
シングル「春風の誘惑」 キョン2ディスコグラフィ(6)
ファースト・コンサート「消しゴムのない手紙」 キョン2ディスコグラフィ(7〔番外編〕)
シングル「まっ赤な女の子」 キョン2ディスコグラフィ(8)
アルバム「Breezing」 キョン2ディスコグラフィ(9)
シングル「半分少女」 キョン2ディスコグラフィ(10)
カセット「SEPARATION KYOKO」 キョン2ディスコグラフィ(11)
セカンド・コンサート「出逢いの瞬間(モーメント)」 キョン2ディスコグラフィ(12〔番外編〕)
シングル「艶姿ナミダ娘」 キョン2ディスコグラフィ(13)
アルバム「Whisper」 キョン2ディスコグラフィ(14)
シングル「クライマックス御一緒に」(あんみつ姫名義) キョン2ディスコグラフィ(15)
カセット「KYON KYON倶楽部」 キョン2ディスコグラフィ(16)
シングル「渚のはいから人魚」 キョン2ディスコグラフィ(17)
サード・コンサート「今日子・NOW(いま)・春」 キョン2ディスコグラフィ(18〔番外編〕)
シングル「迷宮のアンドローラ」 キョン2ディスコグラフィ(19)


(c) Victor Entertainment, Inc. all rights reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

待ってました

ついに、Bettyの登場ですね。
これは名盤でしょう。
もし1枚アルバムを選ぶとすると私はこの1枚です。

ボーさんが書かれている通り、ジャケが足上げと直立の2パターンありますね。
たしか、CDも2パターンあるはずです。
また、シングルが入っていないことは当時から話題になっていたかと。
その代わり、Timeless Worldは、このアルバムのPV集ですよね。
小泉さんはこのPVがお気に入りと、TV番組(プロモマニア)
で仰っていました。

もちろん、名曲ぞろい。
盛り上がる曲から、センチメンタルな曲まで。
私も、ボーさんと同様、このアルバムのリピ率は非常に高いです。

「プレゼンテーション」をライブで歌って頂いたら、きっと泣きます。

>moonstarさん

ありがとうございます。
お待たせしましたって感じで。
アルバムでは一番ですか。名盤といっていいですね。
トータルアルバムな印象が見事です。作曲担当が一人、編曲担当が一人ですからね!

CDも2パターンありますか、ちょっとリサーチしてみます。見つかるかな…?

そうそう、Timeless Worldのビデオですが、発売がこの後なので、ここでは、あえて触れませんでした。あのビデオを見ると相乗効果でこのアルバムの印象が深まるんですよね。

「プレゼンテーション」、なるほど~。歌詞もいいですし、曲調も好きです。
夏コンサート(「Timeless Summer」)では歌いましたよ! このアルバムからは「素敵にNight Clubbing」「今をいじめて泣かないで」以外の曲は歌ったと思います。

ボーさんへ

Bettyはやっぱり傑作だと思います。
CDジャケは、直立Bettyは珍しいというのが私の認識です。

Timeless Summerも行かれているんですね。
いいですね~
プレゼンテーション聴きたいです(笑)

>moonstarさん

CDで、足上げと直立の2パターンあるということですね。別の格好のがあるのかと思っちゃいました。
直立のは、ウェブでは、すぐに見つかりました。
Timeless Summer、タイムトリップして、また聴いてみたいですね!
あとで記事にしますので!(いつのことやら…笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2851-ed56f22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「スカーペッタ」 パトリシア・コーンウェル «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2015年2月)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード