topimage

2017-03

「ソロモンの偽証 前篇・事件」 - 2015.03.18 Wed

主役の子、よかったですね。

新人さんのようだけど、やりすぎず、自然なふうで、しかも存在感あり。
藤野涼子という役名を、芸名にしてデビュー。
この名前が今後ずっと、ついてくるということ。この役を大事に演じようと、なおさら思うでしょう。

生徒たち

落ち着いた感じも、そのうちに学級委員だとわかって納得。ああ、まさに、そうだね、と。
してみると、役柄に合っているのか、演技で合わせているのかは微妙にわからないけど、役にぴったりなのは本人にも観客にも幸せなことです。

学校側が、生徒みんなに校歌を歌わせたとき、彼女は歌っていなかった。
ごまかされて、たまるか。彼女自身の考えをしっかり持った意思の強さがうかがえた。
父親が警察官という家庭環境も、彼女の性格形成に影響したのではないか。娘を応援して学校に対抗する母親も素晴らしい。…多少、できすぎの感もあるが。

藤野さんは蒼井優さんのイメージがあって、二十数年後の彼女を尾野真千子さんが演じていたのだが、蒼井優さんは出演を依頼されなかったのだろうか!?

一家

女の子たちが、いじめの暴力を受けるシーンは、観ていて、その酷(ひど)さに本気で怒りで泣けてきた。
でも、このいじめがあってこそのストーリー展開なので…。
いじめられる役の、石井杏奈さんと、友人の富田望生(みう)さんも、とてもいい。

大人のほうでは、石井杏奈さんの母親役、永作博美さんがいい。
自分勝手で、ほんとうは子どものことなんて、あんまり親身に考えてないんじゃないの?という母。
怪演に近い。娘とのラストシーンなんて、ふたりとも、ものすごかったね。

母娘

自殺と断定する理由が弱かったり、担任教師が何を心に抱えているのか、他校から関わってきた生徒の本心は何なのか、など疑問は後篇ですっきりすることを望む
子どもたちの「だまって抑え込まれているのではなくて、自分たちでできることをして納得したい、真実を知りたい」というパワーは好ましく、見守りたくなる。
でも…「偽証」なんだよね…。
こんなに後篇が待ち遠しい映画も少ない。(ミステリーだから、というのもあるよね。)

担任

(3月15日 イオンシネマ 大井)

2015年作品
監督 成島出
出演 藤野涼子、石井杏奈、富田望生、前田航基、板垣瑞生

参考:ソロモンの偽証 前篇・事件@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 「ソロモンの偽証」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

後編が待ち遠しです

 ご無沙汰しておりましたが、お変わりなくいらっしゃいますか?
 この作品、よかったですね。映画鑑賞中から先が知りたくて、本を買おうかなどと思っておりましたが、映画の出来が素晴らしいので、この顛末は後編公開まで我慢しようかと思案中です。
 あの女の子ふたりに対する暴力は酷かったですね。あれを苛めとは表現してはいけないと思いました。あれは、暴行で犯罪です。サスペンスの面白さとともに現代の闇、DV、校内暴力、ニグレクト等が描写されていて、涼子の真実を自分たちで見極めるという姿勢は、ひとつの突破口かもしれないなと思った次第です。乱文失礼

見ごたえバッチリ

ボーさん☆
これほどまで続きが気になる作品はなかったですよねえ~
どの子たちも素晴らしい演技でしたが、多分役柄に性格が似ている子を、上手く探し当てたのがこの映画の成功のカギだったのかも。
樹里ちゃん役のこの怪演は見事でした!この子は積水ハウスのCMでトランペット吹いている子なのですが、爽やかすぎて同じ子と気付かないくらいだったので、演技力あってなのだなぁと感心しちゃいました。

>カーチャさん

お名前はそれでOK?
ありがとうございます。
おひさしぶりです。かわりなくやっております。
宮部さんの本は、けっこう読んでいますが、これは長いのもあって読んでいません。なので映画は新鮮に観られます。
原作を先に読んでいると、どうしても比べながら観てしまいますよ~?

あの暴力はひどかったですよね。顔ふんでたり! 涼子の行動(気持ち)もわかるし、そこから決意まで至ったのだから、応援したくなります。

>ノルウェーまだ~むさん

まだ~むさんほかの感想で、いい評判なので観たのですよ!
謎のある話ですから、なおさら気になりますよね!
主役の涼子ちゃんは、学級委員長とわかって納得しちゃうような雰囲気。みんな、ぴったりの役で良かったです。
積水ハウス? トランペット? と思って、企業HPで見てみました。ほんとだ! これ見て泣いた(笑)

こんにちは

評判どおり面白かったです。
冒頭から引き込まれましたし、藤野涼子ちゃんの演技が素晴らしかったです。
役名を引き継ぐのはそれなりの覚悟が必要ですよね。
まずは後半の展開が楽しみです。

>yukarinさん

こんばんは。
学校が舞台で面白かったということでは「告白」も思い出しますが、生徒たち、とくに藤野さん良かったですね。
後篇公開が、もうちょっと早いといいのですけど。

アレレ??

こちらに先にコメントしたはずなのに~(・_?)
送信失敗したのかな?

2年A組の担任教師を含めた、さまざまな心理描写と、
問題を浮き彫りにする人間関係、の描写が
とても丁寧でしたね~。
いくつかの「嘘」。救いのあるラストに期待します~☆

>kiraさん

うーん、送信をクリックしなかったのでは?
はっ! もしやエイプリルフールですかっ?(そんなわけないですね)

たぶん、しっかりした原作から、脚本もよく考えて作っていったんでしょう。
「嘘」とポスターの段階から出ていますからねえ。
先行公開もあるようで、早く観たいなと思います。

こんにちは

オーディションで選ばれた、
学生たちの熱演がよかったです
学生時代(思春期)における色々な葛藤や悩み、イジメ問題など
色々絡んできて、複雑ですがみごたえある作品になっていたと思います
後篇も借りてきてあるので観るのが楽しみです

>makiさん

おはようございます!
前編はよかったです。
後篇、借りてあるなら、すぐ見たほうがいいです。というか、見ますよね?
時間があくと、ちょっと前編の熱が冷めるので。
学校で裁判、というのが新鮮というか、そんなことできるんだ、という感じですよねー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2858-18a9c86f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソロモンの偽証 前篇・事件

ソロモンの偽証 前篇・事件@松竹試写室

ソロモンの偽証 前篇・事件

終わりから始まるのです・・・。  

ソロモンの偽証 前篇・事件 ★★★★

人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミステリー2部作の前編。ある中学校で起きた不可解な生徒死亡事件と、その真相を暴こうする女子生徒が開く学校内裁判の行方を追い掛ける。監督を務めるのは、『孤高のメス』などの成島出。『超高速!参勤交代』などの佐...

『ソロモンの偽証 前篇・事件』 (2015)

世の不条理に真正面から立ち向かう裁判ドラマ、立志篇! 役者陣と製作陣の直球の熱意に圧倒される、実に観応えのある力作であった。 本作は、ベストセラー作家、宮部みゆきが集大成と位置付け、執筆に9年を費やした単行本三巻にわたる巨編ミステリーの映画化。2部作...

「ソロモンの偽証 前篇:事件/後篇:裁判」*成島出監督作品

監督:成島出 原作:宮部みゆき 脚本:真辺克彦 音楽:安川午朗 主題歌:U2「With or Without You」 出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西畑澪花、西村成忠、若林時英 * 佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世、尾野真千子、黒木華、田畑智子、松重豊、余貴美子、池谷のぶえ、塚地武雅、田中壮太郎、市川実和子、江口のりこ、...

劇場鑑賞「ソロモンの偽証 前篇・事件」

全て私たちで、明らかにする… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201503070001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ソロモンの偽証(〔1〕(第1部)) [ 宮部みゆき ]価格:810円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】ソロモンの偽証(〔...

ソロモンの偽証 前篇・事件/藤野涼子

宮部みゆきさんの同名ベストセラー小説を『八日目の蝉』の成島出監督が映画化した学園サスペンス・ミステリー。ヒロイン役の女の子はこの役名でデビューするという何だか懐かしい ...

ソロモンの偽証 前篇・事件

評価:★★★★☆【4.5点】(11) 高潔な印象の邦題と校内裁判という目新しさに

「ソロモンの偽証 前篇・事件」☆傍聴記録 続きを見せて!!

こ・れ・はっ・続・き・が・き・に・な・るっ!!!! いやー、参った。 2週連続ドラマで続きが1週間先なのが待てないどころの騒ぎじゃないものね。 ああ・・・後編が4月11日なんて・・・・(;´Д`)

ソロモンの偽証(前編・事件)

 『ソロモンの偽証(前編・事件)』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)宮部みゆき氏の原作の映画化だということで映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭の時点は現在で、大勢の生徒が校庭で運動をしている中学校の校門の前に、女性(尾野真千子)が立ち止まる姿が...

『ソロモンの偽証・前篇・事件』

----『ソロモンの偽証』? これって宮部みゆきの原作だよね。 中学校での生徒の死をめぐるお話とか…。 ニャんか、『告白』とかぶっちゃう。 「そうだね。 ぼくも観る前まではそう思っていたんだけど、 演出の方向性がまったく違う。 『告白』は、松たか子の演技こそ話題に...

ソロモンの偽証 前篇・事件

ここからどうなるの?ってところで突然終わるから否が応にも続きが気になる。

ソロモンの偽証 前篇・事件(ネタバレあり!)

[ソロモンの偽証] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:小吉 2015年9本目です。 【あらすじ】 1990年12月25日。 中学2年生の藤野涼子はウサギ小屋の飼育当番として学校を訪れた矢先、遺体となって雪の中に埋もれていた同級生の柏木卓也(…

ソロモンの偽証 前篇・事件

2015/03/07公開 日本 121分監督:成島出出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、西畑澪花、若林時英、西村成忠、加藤幹夫、石川新太、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美 、黒木華、田畑智子、池谷のぶえ、塚地武雅、田中壮太郎、市川...

映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」

話題の映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」を鑑賞しました。

『ソロモンの偽証 前篇・事件』

□作品オフィシャルサイト 「ソロモンの偽証 前篇・事件」□監督 成島 出□脚本 真辺克彦□原作 宮部みゆき□キャスト 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生       小野真千子、松重 豊、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世■鑑賞日 ...

ソロモンの偽証 前編・事件

監督:成島出 出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、西畑澪花、若林時英、西村成忠、加藤幹夫、石川新太、宮野薫、宮武祭、平祐奈、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、池谷のぶえ、塚地武雅、田中壮太郎、市川...

「ソロモンの偽証 前篇・事件」事件の経緯を辿った先にみる学校と警察の隠ぺい体質といじめの暴力性によるエスカレートした生徒たちの大人たちへの不信感

「ソロモンの偽証 前篇・事件」は宮部みゆき原作のソロモンの偽証を映画化した作品で前編では事件の概要が描かれ、事件が隠ぺいされかけている中で生徒たちが自ら校内裁判で真実を ...

ソロモンの偽証 前篇・事件

上映時間 121分 原作 宮部みゆき 脚本 真辺克彦 監督 成島出 出演 藤野涼子/板垣瑞生/石井杏奈/清水尋也/富田望生/前田航基/望月歩/佐々木蔵之介/夏川結衣/永作博美/黒木華/田畑智子/松重豊/小日向文世/尾野真千子 人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミ...

ソロモンの偽証 前篇・事件

ソロモンの偽証 前篇・事件 ユナイテッド・シネマ浦和 3/7公開 クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が 転落死してしまう。 彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者から の告発状が放たれたことによってマスコミの報道もヒートアップ。 さらに、何者かの手による殺人計画の存在がささやかれ、実際に犠牲者が 続出して...

ソロモンの偽証 前篇・事件

ソロモンの偽証 前篇・事件 '15:日本 ◆監督:成島出「ふしぎな岬の物語」「八日目の蝉」 ◆出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西村成忠、西畑澪花、若林時英、加藤幹夫、石川新太、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日...

裁判までの高まる前篇

26日のことですが、映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」を鑑賞しました。 クリスマスの朝、中学校の校庭で柏木卓也の転落死した遺体が発見される。自殺と発表される中 大出俊次を名指しした殺人の告発状が届けられる 事件は混沌とし様々な疑惑 憶測がある中 遺体の第一発...

ソロモンの偽証 前篇・事件

【概略】 ある朝、校庭で発見された生徒の死体。警察は自殺と断定するが、後日、大出俊次らによる殺人だと訴える匿名の告発状が届く。学校の対応が後手となる中、藤野涼子は自ら真実を暴こうと立ち上がる。 サスペンス 前日に雪が降ったクリスマスの朝。ウサギの世話をするために登校した中学2年生の藤野涼子と同級生は、雪の中に埋もれた同級生・柏木卓也の死体を発見する。 警察は自殺と断定し...

ソロモンの偽証 前篇・事件

2015年 日本 121分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2015/03/07) 監督: 成島出 原作: 宮部みゆき 主題歌: U2『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』 出演: 藤野涼子:藤野涼子 板垣瑞生:神原和彦 石井杏奈:三宅樹理 清水尋也:大出俊次 富田望生:浅井...

ソロモンの偽証 前篇・事件

ある雪の日に起こった、不可解な、ひとりの少年の死亡事件、隠蔽しようと躍起になる学校側 ただ、ひたむきに「真実が知りたい」、まっすぐな情熱。思春期エネルギーが胸を打ちます。 被告となる、家庭内暴力にあってる少年を、同じような境遇の生徒が「僕が弁護する」と言ってたのが心に残りました。 物語の中心となる12人をはじめとした中学生キャストは、1万人の応募があったオーディションで選出...

映画評「ソロモンの偽証 前篇・事件」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり

「アメリカン・スナイパー」 «  | BLOG TOP |  » 「イントゥ・ザ・ウッズ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード