topimage

2017-06

「七年目の浮気」(14回目) - 2015.03.25 Wed

20日にNHK-BSで放送したものを録画鑑賞。

たまにはマリリンの映画を見ないと!
14回目…少ない! 少なすぎる!!


連弾
連弾! 弾くのは、ラフマニノフ…じゃなくて、チョップスティック!

日本語字幕は新しいかな?と、ちょっと考えていたのだが、「七年目の浮気」(11回目)で「ゴレンジャー」という訳が登場していて、今回はそういう訳がなかったので、少なくとも、そのときとは違うことはわかった。

妄想レディ
男の妄想のときにマリリンが着ているゴージャスな衣装。これは映画のシーンではなさそう。

考えてみると、男が、ひとりでいるのに、しゃべっているのは、おかしい。
状況やら思っていることやらを観客に説明しなきゃいけないから、しゃべるわけだが、普通だったら、しゃべらずに頭の中で思っているだけのはず。
七年目のムズムズ病で精神的にキテる、ともいえるが、まあ、映画のウソというものだ。


宣材
映画の宣材でしょう。

キス
うらやましすぎます。一度でもキスしたかった。

関連記事:「七年目の浮気」(13回目)(「13回目」の記事から「12回目」の記事へ、さらに「11回目」、「10回目」、「9回目」の記事へ飛べます。)

おつかれさま
マッサージ屋さんではありません。ビリー・ワイルダー監督。左は誰だべか?

(c) 1955 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちわ

14回目で少なすぎる・・・・?(笑)(*^-^*)
マリリン、ホレボレするほど魅力的です。
上から3番目の白黒の場面なんか、めっちゃ絵になりますね。
ポーズが全て決まってるもんなあ~~~。

左は

コラムニストのシドニー・スコルスキーですね。マリリンの良き相談相手でしたが、彼女が睡眠薬や精神安定剤を使い始めたのは、彼が無料サンプルを無制限に彼女に与えたからだと言われています。もっとも、1950年代は、多くのアーティスト・芸術家たちが常用していたと言われていますよね、スーザン・ストラスバーグも、初めて睡眠薬を飲んだのは17歳のときだったと書いています。生活の一部として容認されていたんですね、悲劇の根源ですね(++;

>mia☆miaさん

こんばんは。
ありがとうございます。
「少なすぎる」というのは、お約束で書いているようなもので…ファンなので、もっと見てもいいじゃないか!?と。
彼女を好きでいてくれると私も当然うれしいのです! もー、どんどん、ほめてくださいね!

>officeroaderさん

ふっふふ。ありがとうございます。
書いとけば、誰かが教えてくれるかもなーと、たくらんでいたのです。
コラムニストでしたか。道理で、なんだか批評的な視線を送っているなと…(笑)。
マリリンを応援したらしいし、アカデミー賞のオスカーの名前を考えたと言われている人ですね。このとき50歳近くですか。

しかし、マリリン、クスリをやったにしても、歯止めをかけて付き合ってほしかったですよね…。

「七年目の浮気」また観られたのですね。私は…何回くらい観てるのかな…私も数えておけばよかったかもです。まあ私は14回も観てないような気もしますが。

独り言のシーンですが、妄想癖のある人ってけっこう一人しかいない部屋でも喋ってるみたいですよ。考えたら私も一人部屋でよく喋ってるような…人に見られたらかなり怪しいかもしれません。なので、何の疑問も持たないで映画を見ていました。多分私がオカシイのかもしれません。

タイガードレスのマリリンも可愛いですね。映画シーンではたしかドロンジョ様パイプを吸っていたような。マリリンの隣でチョップスティック、弾きたいなぁ!(ラフマニノフは無理)

>たけしさん

私の場合、映画を見はじめたころから、ノートに、「見た年月」だけは書いてあるんですよ。

え、しゃべってますか!? いやー、しゃべらないでしょ、ふつう。たまーには、しゃべるかもしれませんが。

パイプみたいなの、もってました。ラフマニノフにゾクゾクするわ、という演技、素晴らしい、ほんとに見事な女優さんです。
チョップスティックは練習すれば弾けそうなのがいいですね。歌も簡単ですし(歌と言えるのか?)

今みてまーす(^O^)

こんばんわ久しぶりです!久しぶりに見たくなって、DVD出してきて見てます!
トム・イーウェルが邪魔で邪魔で(笑)いつも「もーマリリンはよ出せ!」状態
確かにあの独り言、おかしいです!ヤヴァい人みたいです!ブロードウェイで演じた俳優さんだから一人芝居を意図的に多くしたのでしょうか?舞台では雰囲気出せても、映画ってるなると一方的だから見る方は辛いざんす。。。

>unikoさん

こんばんは!
おー、見てました?
これ、イーウェル主役ですからね。男視点で行きますから~。
でも、そんななかで存在感ありすぎなマリリン、やっぱり、すごいですよねえ!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2862-e324f685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「七年目の浮気」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1955年アメリカ映画 監督ビリー・ワイルダー ネタバレあり

「MAMA」 «  | BLOG TOP |  » 「グランド・ブダペスト・ホテル」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード