topimage

2017-06

「暗くなるまで待って」 - 2015.03.29 Sun

目が見えない女性から、麻薬を隠した人形のありかを聞き出そうとする3人組。

原作がフレデリック・ノット。そうだ、彼には「ダイヤルMを廻せ!」という、同じように、特定の場所を舞台にしたサスペンスの傑作劇があるじゃないか! こういうの得意なんだなあ。

敵に囲まれて

通算3回目の観賞だが、ひさしぶりなので、はじめて見たように新鮮。記憶力が悪いと、そういう、いいこともある。(苦笑)
こんなに手の込んだ芝居をしなくても、人形がどこにあるか聞き出す方法があるんじゃないかなとも考えるが…。
その人形だが、「アリス」で出てきたものに似ているなあと思った。もちろん本作のほうが先に作られているし、まさか本作の人形を「アリス」がマネしたわけでもないだろうが。

見えないのをいいことに

最近は、おじいちゃん役で頑張っているアラン・アーキンが、ちょっと恐ろしい悪役で異彩を放つ。(上画像は、リチャード・クレンナ。彼も好演。)
ダンナ役のエフレム・ジンバリスト・Jrは、テレビドラマなどで人気があったらしい人だけど、職場にいるという設定のため、危機に見舞われる奥さんのそばにいないから、まったく役に立ちません! 出番もほとんどなし。(苦笑)
でも、上の階に住む娘が、協力者に。この子の存在は効いている。孤立無援だと話の幅が広がらないし、個性のあるキャラクターが多いほうが楽しい。

彼女が協力者に?

悪者たちは、うまいこと、だましているつもりでも、盲目の人間は耳がよくて、音から意外なことが分かっちゃう。そのあたりも面白いですね。
監督は、初期の007映画で有名なテレンス・ヤング
映画タイトルも傑作でしょう。

(3月28日)

WAIT UNTIL DARK
1967年 アメリカ作品
監督 テレンス・ヤング
出演 オードリー・ヘプバーン、アラン・アーキン、リチャード・クレンナ、ジャック・ウェストン、ジュリー・へロッド

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 1967 Warner Bros. Entertainment Inc.

ブログパーツ

● COMMENT ●

「暗くなるまで待てない」

というタイトルの映画のエッセーが確かありましたよね。映画館で映画が始まる前の気持ちをうまく表現した、タイトルのパロディが。

最近この映画NHKBSでやってましたっけ?
私が観たのは2008年だから、もう7年前です。できれば舞台で生で観たい作品ですね。「目が見えない」主人公の映画、もしくは暗闇の中を進む主人公のハラハラドキドキ感というのは独特のものがあります。「羊たちの沈黙」にもそんなシーンがありました。また「騙しているつもり」「騙されている筈」の登場人物から連想する、最近の「振り込め詐欺」に通じるものがあります。

この子役の女の子が重要ですね。これを是非「午前十時の映画祭」でやってほしいです。

好きな映画です。
ビデオで昔高校生の頃みました。
ヘップバーンは好きではないけど
この映画はさすがに傑作。
銀座でやった舞台も、15年以上前にみて面白かったなー。

ps
弟の映画公開と、引っ越しでBlog停滞してましたおくれてすみません
mama記事のTBもありがとです。

>通算3回目の観賞だが、ひさしぶりなので、はじめて見たように新鮮。

わたしもよくそういう事あります(笑)
この作品を観たのも結構前なので、初見のように楽しめるかも!
そういえば、女の子がいい感じで活躍してましたね♪
オードリーの盲目の演技も素晴らしかったし、映画としての魅力に溢れた作品でした。
このタイトルは一度聞いたら忘れません!

>又左衛門さん

NHK-BSで25日あたりに放送しました。…もう削除しちゃいましたけど。
舞台劇ですから、それも観てみたいですね。
ドヌーヴさんの「暗くなるまでこの恋を」なんて映画タイトルは、本作があってこその産物じゃないでしょうか。内容的には関係ないですけど。

「午前十時の映画祭」は4月から、また新しく始まりますが、これは入っていませんでした! あっても、おかしくない作品ですよね。

>migさん

おもしろい映画ですよね。
舞台も観ているんですか! 上演したら観てみたいです。あ、誰が演るかにもよるかな…。

引越し、3月だと、ちょうど引越しシーズンですね。私も直近では3月に引越して、業者の料金が割高でした。(苦笑)

>宵乃さん

そのとき、ちゃんと見ているはずなのに、時間が経つと忘れている部分が多いんですよね。
人形がどこにいったか、ということにかかわるので、この女の子の存在は必然なんです。なるほどなあと。脚本うまいです。
タイトルは原題のままですが、これもうまいですよね。

今まで2回は見ているはずなのに、

なぜか初めて観たような新鮮味がありました。
要は、私もすっかり忘れていたということですね。

というか。
あのサングラスの人がアラン・アーキンだったとはっ!
これが一番のサプライズでした。

>小夏さん

やっぱり、みなさん、ずーっと覚えているわけではないんですね。
(安心した…多少)

アラン・アーキンですよ。わりと出始めの頃じゃなかったかなと。サングラスすると、なに考えてるかわからない人に見えがちですよね。

あまり色のイメージがない。モノクロっぽいイメージ。こんな派手派手な色彩でしたっけ。オードリー、ザラブ星人みたいなセーター着てるなあ。

>ふじき78さん

言われてみると私もカラーか白黒か分からないですね。暗闇だから、モノクロなイメージが。ザラブ星人? ザナドゥの近所でしょうか。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2864-be588b2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「暗くなるまで待って」観ました

製作:アメリカ’67 原題:WAIT UNTIL DARK 監督:テレンス・ヤング 原作:フレデリック・ノット ジャンル:★サスペンス/スリラー【あらすじ】ヘロインを人形に隠して運ぶ女が、空港でたまたま会った男性サムにそれを預けた。だが、彼は人形を紛失し、疑った一味が密かに家捜ししても見つからない。彼らは知人や警察を装い、サムの盲目の妻スージーに人形を出すよう仕向ける。目が見えな...

「レンタネコ」 «  | BLOG TOP |  » 「MAMA」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード