topimage

2017-05

「虹を掴む男」 - 2015.04.29 Wed

「LIFE !」が本作のリメイクとのことだが、内容は全く違った。

空想癖のある男が、実際にも事件に巻き込まれていく(?)騒動のお話。
出版社に勤めている設定は「LIFE !」と同じだが、こちらの場合はLIFE誌ではなくて、煽情的な表紙の絵で目を引く本などを扱う、大衆的な出版社のよう。
「七年目の浮気」の主人公が勤務している会社でも、ちょうど、似たような本をつくっていましたね。

空想シーンには、優秀な外科医、空軍の勇者パイロット、ポーカーのギャンブラーなどがあって、楽しませてくれる。
ダニー・ケイの、ものまねを入れた歌&トークは、私はあまり笑えない。うまいのだろうなあとは思うんだけど。
ケイの相手役は、ほかの作品でも何度もコンビを組んでいるヴァージニア・メイヨさん。
ノーマン・Z・マクロード監督というと、ボブ・ホープ主演の「腰抜け~」シリーズが思い浮かぶが、コメディタッチの俳優を生かす映画が上手だったのでしょう。

ポスター

フランケンシュタインで有名なボリス・カーロフが出ているのには驚いた。ポスターの画像にも出ていますね。

それから、マンハッタン乗り換えです、という車掌(?)のコールで「マンハッタン・トランスファー」と言っていたのには感動。なぜかといえば、「マンハッタン・トランスファー」という抜群のコーラスのポップグループがあり、私は好きだったから。(残念ながらメンバーのひとりは昨年亡くなったのであるが。)

(4月28日)

THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY
1947年 アメリカ作品
監督 ノーマン・Z・マクロード
出演 ダニー・ケイ、ヴァージニア・メイヨ、ボリス・カーロフ、フェイ・ベインター、アン・ラザフォード

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

リメイク版を観たあとに観ると「あれ?」な感じかもしれませんね。
私もリメイク版を観て「随分と違う映画になったなー」と思いました。
マンハッタン・トランスファー!
確かになつかし〜まだ活動してたんですね、おおお。

>まおさん

原題だけは同じでしたが、「夢を見る」のが、夢想するのではなくて、夢のような冒険をするというリメイクでしたよね。
マントラは来日コンサートを見たこともあって、好きでした!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2881-b47e8fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「虹を掴む男」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 1947年アメリカ映画 監督ノーマン・Z・マクロード ネタバレあり

先週観た映画 〜2/15

  観ても観ても減らないのは嬉しいこと…かも? 「バレエに生きる〜パリ・オペラ座のふたり〜(Une vie de ballets/11)」   パリ・オペラ座の振付師として60年以上活躍しているピエール・ラコットと、   彼の妻で元エトワールのギレーヌ・テスマーの半生を追ったドキュメンタリー。   二人のインタビューを入れながらも過去のバレエ作品、バレエ映画が見所ね。 「エリ...

「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」(1回目) «  | BLOG TOP |  » 「紳士は金髪がお好き」(21回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード