topimage

2017-10

「ルームメイト」 - 2015.06.16 Tue

私の好きな「キョン」の双璧といえば、(言うまでもなく)小泉今日子さんと深田恭子さんだ!

そのわりに、深キョンの映画やドラマを、それほど見ていないのはどういうわけだ!
今回はWOWOWでやってくれたので、ありがたく。

病院で

「ルームメイト」というと、洋画で1992年に、ブリジット・フォンダ、ジェニファー・ジェイソン・リーというコンビで作られたものが印象にある。
でも、今回はリメイクとかではなく、ちゃんと日本の小説で原作がある。

さて、怖がるほうの役は深キョンなのかな?という先入観で見てしまうが、これが逆でしたね。
イメージと違うほうが面白いから、これは正解でしょう。
「ずっと一緒だよ」なんて美女ふたりでやってると、萌えるっ!
でも! 深キョンの声のトーンが、いきなり変わるところは、コ・ワ・イ・よ。(ちょっとね。) ワイルドなのも、いいよ~。好きだよ~。

レストランで

途中から、そういうことか、とは気づくけれど、終盤は、ひとひねり追加がありました。
原作をかなり脚色しているらしいが、ふたりの主演美女ができるだけ映るようにしてくれたなら、うれしいことです。

はじめに入院しているのが深キョンかと思いこんでいたら、北川さんだった…。似ているんですよね、美女の基本!?
そうか、似ているんだ…そうなんだよね…。

(6月13日)

2013年作品
監督 古澤健
出演 北川景子、深田恭子、高良健吾、大塚千弘、螢雪次朗

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


イメージ?
イメージ写真ですね。

(c) 2013「ルームメイト」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

ちょっと待て、「キョン」と言えば、ダテキョンこと伊達杏子を忘れてもらっちゃ困るぜf

>ふじき78さん

…誰? テニスの伊達さんは杏子じゃなかったし…と検索しましたよ。バーチャルアイドル!? 覚えとく…かもしれません。 

美しき饗宴~^^

そうそう♪
当時、ルームメイトで検索するとアチラの記事がでてきたり、
この作品もそのリメイクだと信じている方がいたりとかありました(-_-)
でも、コレ、なかなか見せ方が上手かったと思います♪

序盤のベタベタしたふたりから、徐々に変わっていく恭子ちゃんと景子ちゃん、
予想とは逆をいくキャスティングも嵌ってて、
ジャパニーズホラーとしてもかなり解り難くて愉しめちゃった☆
コレ、終わってみるとチラシやポスター、予告の2人が最大のヒントでした~♪

>kiraさん

早い時点で、あ、これは…と想像ができますが、そこから、まだまだ話が広がるんですよね。
いきなりルームシェアしたりして、なんちゅーテキトーな展開かとも思うところはありましたけど、あとで納得できてしまいます。
キョコたんの(ちょっと)怖めの演技の魅力も垣間見ることができました。

洋画の「ルームメイト」は、もっとストレートな怖さだったような覚えはあります。

こんにちわ

ワタシもブリジット・フォンダの『ルームメイト』と同じお話かと思いながら
見てたら全然違いました~。
オチも、ハリウッド映画でよくありがちなものでしたけど、なかなか楽しめました☆

>mia☆miaさん

こんばんは。ありがとうございます。
あっちのルームメイト、思い出しますよね。
私だったら、ルームシェアはプライベートがなくなるので、しないなー。本作の美女どちらかとだったら、するけど!(意味が違ってきそうですが。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2911-7c0496ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルームメイト

北川景子さんが深田恭子さんに翻弄される映画といってしまえばそうなのですが。どちらかといえば「可愛い」だった深田恭子さんほんと綺麗になりましたよねー。昔はぷくっと二の腕が魅力とかなんとか騒がれてた頃もありましたが、妖艶さも漂わせて、美しく。 どちらの美女がお好みかな?私は深田さんかな。 原作は未読ですが、(展開に)ちょっと無理があるような?とそこは疑問に思いましたが、自分の闇のじめっと...

映画評「ルームメイト」

☆☆(4点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・古澤健 ネタバレあり

ルームメイト/北川景子、深田恭子

今邑彩さんの小説を原案に『今日、恋をはじめます』の古澤健さんがメガホンをとり、ルームメイトの恐ろしい本性を知り恐怖を体験するヒロインの姿を描いたサスペンス・ドラマです ...

『ルームメイト』を渋谷東映②で観て、綺麗な姉ちゃんを見れて眼福ふじき★★

五つ星評価で【★★まあ、普通に雑でしょ】 原作未読。 あの人とあの人が「ああそうなんだな」と言うのは類推できるけど、 高良健吾が握った手首の感覚で、それを一気にひっく ...

ルームメイト

女の素顔は 恐ろしい。 製作年度 2013年 上映時間 110分映倫 PG12 脚本:監督 古澤健 出演 北川景子/深田恭子/高良健吾/尾上寛之/大塚千弘/筒井真理子/螢雪次朗/田口トモロヲ 北川景子と深田恭子が初めて共演を果たし、今邑彩の小説を原案に描くサスペンスドラマ 派遣社...

「ルームメイト」大根で良い訳

並べるのが勿体無いくらい美しい二人。 そろそろいい年なのに、いつまでも陶器のお人形さんのような綺麗な肌の深キョンと、若手きっての美形の北川景子。 豪華な美形バトルというか、見事な大根バトルも実は訳があったのね。

ルームメイト ★★★

北川景子と深田恭子が初共演し、「オトシモノ」「Another アナザー」の古澤健監督が手がけたホラー。今邑彩の同名小説を原案に、ルームメイトの奇妙な行動をきっかけに奇怪な事件に巻き込まれていく女性の恐怖を描く。 あらすじ:派遣社員として働く23歳の萩尾春海は、交...

「雪之丞変化」 «  | BLOG TOP |  » 「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード