topimage

2017-05

「雪之丞変化」 - 2015.06.19 Fri

若尾文子さん見たさである。

「ゆきのじょうへんか」と読んじゃダメですよ。「へんげ」です。
長谷川一夫の三百本記念映画? 女形の役? おっさんじゃないかよ…。
と見ていたら、観客の若尾文子さん、おっさんに惚れちまった。

映画は、この女形の仇討の話で、観客の中に初めて親のかたきの姿を見るわけです。その目的のために、若尾さんの恋心を利用しようということに。

恋路

ついさっき(映画を見てから5日後)まで、悪党の闇太郎が長谷川一夫の二役だとは知らなかった。
勝新太郎が出ていたというから、闇太郎は勝だったのかなー、なんて考えていたのだが。(苦笑)
市川雷蔵の名前もあって、昼太郎という役らしいので、これは、闇太郎をライバル視していた、あの人か、とわかった。(映画を見た後でね。)
顔を知らないと、こういうことになる。

山本富士子さんが江戸っ子の姉御肌の盗っ人で面白かった。かっこいい。
ちょっと卑屈な剣客が船越英二なのか~! これも見ているうちは(当然)気づかなかったけども。
中村鴈治郎は味がある。

BGMがジャズっぽく、影をうまく使う映像の工夫も。
語りが徳川夢声だったり。

なにしろ、やっぱり、若尾文子さんが好きです!

(6月14日)

1963年作品
監督 市川崑
出演 長谷川一夫、山本富士子、若尾文子、船越英二、中村鴈治郎

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

私も役者さんの事はぜんぜんわからず観ました。
女盗賊が可愛かったですよね~。ずいぶん前に一度観たきりだけど、「あんな男女に惚れるもんか!」と床で悶えてるシーンははっきり思い出せます(笑)
あと、どうみてもおっさんな雪之丞も…なんであんなにモテるんだろう?
若尾文子さんも可愛かったですよね♪

>宵乃さん

ありがとうございます。
山本富士子さんの映画は、ほぼ、見たことはないはずで、名前がいかにも日本的でもあるので、おしとやかなイメージがあったのですが、いい意味で裏切られました。
長谷川一夫といったら、美男の代名詞だったのでしょうから、若い頃は…みたいな? 当時を知りませんからね~、私も。
6月末から映画館で若尾さんの特集があるようなので、ちょっとチェックしたいなと思っています。土日のみ…。

市川崑

これ、小学生の頃映画館で両親と観ました。
若尾さんの美しさに、子供ながら圧倒されました。「世の中には、こんなに綺麗な人がいるんだ...」ってね。長谷川一夫の色気も凄いよね。
序盤で「首つり」の場面が子供には怖かった。ドベサンサイという名前を刷り込まれました。ミカミオトキチとかいう人の原作だと思いますが、日本人てホント復讐譚が好きだよね。

>又左衛門さん

美しいですよね! 日本の女優さんのなかで、私は、一番好きかもしれません。
ありました、首つり。なにか、まっすぐ体が垂れていなかったのが不思議に思えましたが。
長谷川一夫自身、若いころに、この原作の映画に出ているようですし、ほかの俳優でも映画化されているみたいですね。

翻案もの

ウィキペディアで調べると、この作品の原作はマッカレーとかいう外国人の翻案だそうです。よくできてますね。明治時代にも黒岩涙香とかの翻案ものが流行ったそうです。山本周五郎の「五辨の椿」も映画化されてますが、これウールリッチの「黒衣の花嫁」の翻案。石川達三もドライサーの「アメリカの悲劇」をまるで自分の作品みたいに翻案してますよ。ちょっとモラルに欠けませんか?
「他人の褌で相撲を取る」ってこういうことなんじゃないの....?

>又左衛門さん

そうなんですか!
ああ、翻案ものって、よくあったみたいですね。
「巌窟王」なども。

映画でいうなら、「原案:マッカレー」「脚本:オトキチ」みたいなものですねえ。

ちなみにこの映画のもとになったモノクロの1935年バージョンは、ぶつぶつ切ったのを無理やり貼り付けた総集編でではありますが、Youtubeに動画が上がっています。

若い長谷川一夫(当時は林長二郎でしたが)を見るチャンスはなかなかないと思うので、消される前にご覧になってはいかがでしょうか。伏見直江さん演じる拳銃使いの悪女がすてき! 惚れますな。

戦前のモノクロ映画はハマるとハマりますよ。なにしろ制作会社はおろか監督にすら、「保存しよう」という発想がまったくなかったので、断片含めて当時の作品量の15%くらいしか残ってないという。いやほんと(T_T)

>ポール・ブリッツさん

YouTubeは、探せばいろんなお宝が見つかるんでしょうね。
保存の発想がなかったなんて、いまでは考えられないようなことです。
昔のものも見たい気もするのですが、まず外国映画寄りでして、日本のを見る余裕がないという、ていたらくなのですよ。
気が向いたら(変わったら)どんどん見たりする…のかもしれません!?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2912-7c81e52e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「雪之丞変化」観た

製作:日本’63 監督:市川崑 原作:三上於菟吉 ジャンル:時代劇【あらすじ】商売敵にはめられ、密輸抜け荷の濡れ衣で両親を失った少年。その敵を討つため、彼は剣術を鍛え、女形の花形歌舞伎役者中村雪之丞となった。江戸で思いがけず敵・三斎を目にした彼は、まず将軍の側室である三斎の娘に近づく。やっぱり復讐物は好きになれないなぁ。まず敵の娘に近づくっていうのでアウトです。事情を知っているとい...

「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」 «  | BLOG TOP |  » 「ルームメイト」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード