topimage

2017-08

「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」(1回目) - 2015.07.02 Thu

これは、フォーンの物語でした。

フォーンは動物の妖精で、動物たちにいろんなことを教えて指導する。
彼女自身は、おてんばで、いたずらっ子、頭で考えるより先に感情で動くタイプ。
好奇心旺盛なのは、ティンク(ティンカー・ベル)と似ているよね。
好きだな~、彼女の明るさ。


フォーンとティンク
フォーンの元気に、ティンクたじたじ!?

妖精の天敵である鷹(タカ)の子どもを、こっそり保護して騒動を起こしたり。
そんな騒ぎがあると、ピクシー・ホロウを守る役割の妖精たちも必要なわけで、今回は「護りの妖精」が登場。
リーダー格のニックスの声を演じるのは、ロザリオ・ドーソンさんだ!(知らなかったら、検索してくださいね~!)


ニックスと
ニックス(右)の声を、ロザリオ・ドーソンさんが。

奇怪な鳴き声を聞きつけたフォーンは、森の中で、今まで見たこともない獣を見つける。
この獣とフォーンの交流、そして、この獣の正体は…? というお話。

最後は、だーだー泣いたよ…。
見終わってみて、もう少し、獣が可愛かったらよかったかな? とは思った。 
なんにしても、フォーン可愛い! ティンク可愛い! 妖精仲間みんな可愛い! だから、いい! 大好きだ!
何かのために必死でがんばる姿は美しいし、感動する。


みんなで
仲良し仲間がそろって。

この6作目発売時点で、コンプリートのボックスセットになっている。
本作が最終章と言われているが、ボックスセットになっちゃうと本当にそんな感じで、ちょっと、さみしいじゃないか!
もっと続けてくれてもいいじゃないか!
本作はティンクの出番が少なかったのは少し、さみしいからさ、ピーター・パンとの関係なんかも、やっていけばいいじゃん!
…でも、最初は4部作と言っていたから、しょうがないのか…。

フォーンの声は前作までと代わって、ジニファー・グッドウィンさんに。
なぜなのかと考えて、特典映像でフォーンが歌をうたってるから、もしかして、歌のうまい女優さんに代わったのか? なんてことも思った。
ロゼッタの声は、引き続き、メーガン・ヒルティさんですね!(マリリン・モンローさんのファンとしては、彼女を応援しなきゃいけないのです! 知らない方は…検索してみて! また検索かよ! 笑)

(6月27日)


泣かずにいられない
もー、泣いた泣いた。フォーンと一緒に。

TINKER BELL AND THE LEGEND OF THE NEVERBEAST
2014年 アメリカ作品
監督 スティーヴ・ロター
声の出演 ジニファー・グッドウィン、メイ・ホイットマン、ロザリオ・ドーソン、ルーシー・リュー、メーガン・ヒルティ

関連記事:
「ティンカー・ベル」(1回目)
「ティンカー・ベル」(2回目)
「ティンカー・ベルと月の石」(1回目)
「ティンカー・ベルと月の石」(2回目)
「ティンカー・ベルと妖精の家」(1回目)
「ティンカー・ベルと妖精の家」(2回目)
「ティンカー・ベルと輝く羽の秘密」(1回目)
「ティンカー・ベルと輝く羽の秘密」(2回目)
「ティンカー・ベルと輝く羽の秘密」(3回目)
「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」(1回目)
「ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船」(2回目)

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

これが最終作ってうそー!って感じでした
もともと3部が4部になって、なんかだんだん増えていきましたけど
ピーター・パンと出会うあたりで終わりかなって思ってたので
しかも本作のティンクの出番のなさにびっくり!
それでも見続けたこのシリーズ…次はヒクドラにいきますかな!

>makiさん

おはようございます。
ピクシー・ホロウが滅びるのか!?という意味では最終作っぽいのかと無理やり思いましたけど、最後なら、ティンクの活躍を望みたいですよね!

「ヒックとドラゴン」1作目は劇場公開で、面白かったのに、次は映画館でやらないんですね。これはチェックしたいところです。

こんばんは

いつもと違って、なんだか少しさみしい終わり方でしたね。
最終章だからなんですかねぇ?
個人的にはいつもの華やかなラストシーンのほうが心が浮き立って好ましかったです。「今回はちょっとさみしいね」と娘と少しだけしんみりしちゃいました。
ティンクの出番が少なかったのもやっぱり残念でした。

>IHURUさん

こんばんは。
考えたのですが、そもそも4部作として「春夏秋冬」それぞれの話だったはずなんですよ。それを2作追加したので、おまけ的な感じなのではないでしょうか。だから、ティンクのお話ということでもなくて。
特別編として捉えるのがいいかもしれません。

え~~!

知らないうちに、3部まで行ってた・・・
しかも4部作なのに3部作にされたんですか!

私、何が好きって、ピーターパンが大好きなんです!
1番始めに手にした絵本がピーターパンでした!
だから、もちろん。ティンクも好きで♪
なので、1作目観て、続編も全部観ようと思っていたのに・・・

仕方が無いので、WOWOWで放送されることを願いますv-406

検索しました(笑)やっぱり、なりほどでした(笑)

>ひろちゃん

ん~~?
4部作が6部作になったんですよー。
ティンクのシリーズ、たぶん、WOWOWでは、まだ放送されていませんね。無料BS放送のDlifeというチャンネルでは放送されたことがあります。ディズニーのチャンネルです。要チェックですよ。ただ、ノーカットではないと思うので、ちょっと残念。
私は2作目まで映画館、あとはレンタルで見ました。

勘違い(汗)

あはは(汗)すみません!
勘違いですね(汗)4部作が6部作になったんだ~

Dlifeは無料で(笑)観れるので、たまに観ています^^
要チェック、了解ですv-291

>ひろちゃん

これから、はじめて見るという楽しみがあって、いいなー。
私は以前Dlifeで放送したのは録画して見ましたけど、カットがあるから、けっきょく消しちゃいました。
いまはDVDを買うことをしなくなったので、WOWOWでやってほしいなあと思っています!

フォーンは

ヒロインとして良かったですよね。ティンクのシリーズをちゃんと完結させてから、フォーンのシリーズを始めてもよかったのに…。
最後のお別れは、私もウルウルでした!

>宵乃さん

ティンカー・ベルは有名なのでいいですが、ほかのキャラクターはそこまでいかないので、ティンクのシリーズのなかでやるほうがレンタルもしてくれるし…などの計算もあるのでしょうね。
もう会えないのか、という別れは切ないです…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2917-d05c6e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ティンカー・ベルと流れ星の伝説

【概略】 妖精たちが暮らすピクシー・ホロウに、突然の流れ星と目覚めたばかりの大きな怪獣が出現する。好奇心いっぱいのフォーンは怪獣に“グラフ”と名付け距離を縮めていくが…。 アニメーション 「ティンカー・ベル」シリーズがついにファイナル。 シリーズ第6作でファイナルとなる本作では、妖精たちが暮らす「ピクシー・ホロウ」に最大の危機が訪れます。突然の流れ星と、森から聞こえた大...

一言映画感想(5/19~5/27)

今年もゴーヤを育ててるんだけど、まだ芽が出ない…。暑い日が来る前に緑のカーテンが完成しないと熱中症になる確率が上がってしまう。急げ~!5/27「刻のおるごぉる」サンドアートアニメーションによる10分くらいの作品。砂で描くというのが面白い。描いて終わりじゃなく、その上からまた新たな絵ができていくのを見られるのは、サンドアートならではの持ち味か。個人的に朗読は余計で、サンドアートとBGMのみで表...

「女は二度生まれる」 «  | BLOG TOP |  » 「青空娘」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード