topimage

2017-09

「8月の家族たち」 - 2015.07.08 Wed

すっごい濃かったねー、人間関係のドロドロ。

メリル・ストリープさん、すごい! やっぱり、すごいよ、演技。
上手さが映画の冒頭から炸裂。
あんだけ憎まれ口たたくけど、それが自然で、その人になってるし。

長女と

娘たち、妹の一家が集まってきて、それぞれのキャラもちゃんと説明されていて、どろどろどろどろ、辛辣(しんらつ)。愛と憎しみと哀しみと。
すばらしい。
おもしろい!


食卓左
食卓の左半分のメンバー。この手前(カメラ位置)には、メリルさんがひとりで座っています!

カンババッチーくんが、頼りない息子の役!
三女がジュリエット・ルイスさんで、なんか、なつかしかったなー。私が彼女を見たのは、2009年の「ローラーガールズ・ダイアリー」以来だ。
アビゲイル・ブレスリンちゃんも出ている。ユアン・マクレガーには、まったく気づかなかった…。


食卓右
食卓の右半分のメンバー。

(7月4日)

AUGUST: OSAGE COUNTY
2013年 アメリカ作品
監督 ジョン・ウェルズ
出演 メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ジュリアン・ニコルソン、ジュリエット・ルイス、マーゴ・マーティンデイル

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) 2013 AUGUST OC FILMS, INC. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

濃厚な

ボーさん☆
3姉妹ならではの濃厚さでもありますね。
男性陣の所在なさげがまた面白かったです。

こんにちわ

なんだか滅入ってるときに見ると益々落ち込むような映画でした。
もうドロドロしてて、、、、女の人たちみんな強すぎだし、、、、

ジュリエット・ルイスは最近ドラマにも出てますね。
【24】以来、ハリウッドのスターたちがフツーにテレビドラマに登場するようになってちょっと身近に感じます(*'ω'*)

キャストが豪華でしたねー。

>ノルウェーまだ~むさん

そうですねー。
3兄弟だったら、こんな濃くないと思います。
男たちは、おとなしくして、やりすごすしかないですかね~。

>mia☆miaさん

こんばんは。
映画ですから! おもしろかったです。豪華キャストも楽しめました。
ジュリエット・ルイスさん、調べてみると、そう、テレビのほうが最近は多いようで。私はドラマはあまり見ないので、スターの動向はわからないんですよ~。

これと「ゴーン・ガール」の二本立てがやっててもカップルで見に行ってはいけない。そんな映画。

>ふじき78さん

別れ話のときに行きましょう。

機能不全家族の罵倒合戦

ボーさん お久しブリ~フv-8
これ GW連休にみました。

>メリル・ストリープさん、すごい! やっぱり、すごいよ、演技。
上手さが映画の冒頭から炸裂。
あんだけ憎まれ口たたくけど、それが自然で、その人になってるし。

 こここそ 話のキモでしょうね。さすがメリ子v-218v-364 クソババアぶりの演技 上手すぎv-12
「てめえの面倒はてめえで見ろ!」、といいたくなった。

ボクなら こんな母親なら 死んでも葬式には参列したくないッスv-293

>zebraさん

おひさしぶりーのてりやき。
まー、あのあと、誰かが戻ってくるのか…もしれないですし。母親ですからねえ。娘が母親に抱く気持ちの本質みたいなものはわかりませんけれど。
自分だったら、かかわりたくはない!(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2922-4abca8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

8月の家族たち

 メリル・ストリープとジュリア・ロバーツが取っ組み合いのけんかをするという、なんとも豪華な作品。ちょっとお話が出来すぎのところがあるとはいえ、家族とは何かを考えさせられました。たぶん。幸せな家庭の人は、この映画を見てもぴんとこないかもしれません。  作…

『8月の家族たち』鑑賞@TSUTAYAレンタル

maru-a-gogo@maru_a_gogo·17時間17時間前 『8月の家族たち』見た!舞台っぽいなと思ったら、戯曲の映画化だった!セリフに何度も登場してたけど、まさにcomplicated!←使いたかったw 普通に生きるってことも大変だ。演技上手い俳優たちばかり...

兄弟(姉妹)は他人の始まり~『8月の家族たち』

 AUGUST: OSAGE COUNTY  8月。オクラホマ州オーセージ郡に住むウェストン家の長、ベバリー(サム・ シェパード)が失踪する。家には癌の治療中で薬物依存症の妻バイオレット (メリル・ストリープ)と、住み込みの家政婦でネイティブ・アメリカンのジョナ (ミスティ・アッパム)が残される。離れて住む長女のバーバラ(ジュリア・ロバ ーツ)ら、家...

8月の家族たち

8月の家族たち@よみうりホール

8月の家族たち

 『8月の家族たち』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)主演のメリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞、共演のジュリア・ロバーツが助演女優賞にノミネートされた作品だというので、見に行ってきました。  夏の酷い暑さの中、オクラホマ(注1)の家に家族・親類が集...

『8月の家族たち』

□作品オフィシャルサイト 「8月の家族たち」□監督 ジョン・ウェルズ□脚本・原作 トレイシー・レッツ□キャスト メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、      クリス・クーパー、 アビゲイル・ブレスリン、ベネディクト・カンバーバ...

映画・8月の家族たち

2013年 アメリカ原題 August:Osage Country 名古屋市中区にある伏見ミリオン座の『おはよう!ミリオン座』で観賞一般1800円のところを1000円、コーヒー付話題になった1本を再上映8/11〜15、早朝8:35〜4月公開時に見逃したので、早起きして行ってきました ...

8月の家族たち

ムカつく女 公式サイト http://august.asmik-ace.co.jp 舞台劇の映画化 製作: ジョージ・クルーニー原作・脚本 トレイシー・レッツ監督: ジョン・ウェルズ  「カンパニー・

映画評「8月の家族たち」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ジョン・ウェルズ ネタバレあり

「8月の家族たち」☆何もかもすっぴん

終盤からラストまで、もう口あんぐりである。 ほぼ最初から続く口げんかなんて、まだまだカワイイもんだったのだと、そのラストの衝撃の告白に激しく動揺しながら思うのだ。

8月の家族たち

8月のある暑い日。 父親ベバリー(サム・シェパード)が失踪し、3姉妹がオクラホマの実家に集まる。 長女バーバラ(ジュリア・ロバーツ)は、夫ビル(ユアン・マクレガー)の浮気と、娘ジーン(アビゲイル・ブレスリン)の反抗期に悩み、次女アイヴィー(ジュリアンヌ・ニコルソン)は、いまだに独身で地元暮らし、三女カレン(ジュリエット・ルイス)は、婚約者スティーヴ(ダーモット・マローニー)を伴い...

8月の家族たち

8月の家族たち [DVD](2015/04/22)メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ 他商品詳細を見る 【AUGUST: OSAGE COUNTY】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ 集まった三姉妹。真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗 期の娘、実は別居中の夫。ひとり地元に残り秘密の恋をしている次...

『ブルージャスミン』『8月の家族たち』をギンレイホールで観て、ブルーふじき★★,★★

◆『ブルージャスミン』 五つ星評価で【★★転落その物を描くのは大変ではない】 セレブ生活を棒に振ったジャスミンが妹の家で厄介になりながら再起を目指す。 ケイト・ブラン ...

8月の家族たち ★★★

メリル・ストリープが病を患うも個性的な母親を演じ、一筋縄ではいかない家族の姿がつづられたヒューマンドラマ。 ピュリツァー賞とトニー賞を受賞した傑作舞台を基に、一家の主の失踪(しっそう)を機に数年ぶりに再会した家族が本音を明かし、秘密がつまびらかになる様...

「華岡青洲の妻」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2015年6月)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード