topimage

2017-11

「荒馬と女」(6回目) - 2005.10.09 Sun

クラーク・ゲイブルとマリリン
(c) Twentieth Century Fox Home
Entertainment LLC.
All rights reserved.
透き通った、はかなさ。とでもいうのか。
この映画でのマリリンの印象だ。
黒白映画だから、なおさら彼女の美しさが透き通って見えるのかもしれない。

本作には、人間のさみしさを強く感じてしまう。
マリリンの遺作、そしてクラーク・ゲイブルの遺作、さらにはモンゴメリー・クリフトも飲酒や麻薬のために暗い影を背負っていて、本作の5年後に亡くなっている。
そのような背景を知っているせいで、悲しい印象を強くするのかもしれない。

アレックス・ノースの音楽は切ない。音楽が、映画の雰囲気作りを、強力に助けていた。初めて観たときから、この音楽は忘れられない。

さみしさの雰囲気とともに感じたのは、「散漫」な感じ、だった。
どこか気が抜けているというのか。
今回も、やはりそういう雰囲気は感じた。
撮影当時、マリリンの状態は不安定で、遅刻やすっぽかしが多く、ゲイブルはじめ共演者は、何度も待ちぼうけを食っていたという。
そんな映画製作の悪状況のもとで、もしかしたら映画そのものが集中力を欠いたものになったのかとも考えたことがある。

しかし、この雰囲気が、この映画の正しい形なのかもしれないと、今回は思った。
原題は“The Misfits”。フィットしない、不釣合い、という意味だ。
主要な登場人物の誰もが、何かの心の傷を抱えている。それを抱えながら、他者との関係を探っている。
最後の馬狩りの場面での、男と女の考え方の違いについての説明は明快だが、それとは別に、まず人間としての弱さ、悲しさが映画の芯にある。

散漫に感じるのは、この映画の全編に浮き上がってきている、その人間の弱さ、悲しさのせいかもしれない、と思ったのだ。
だから、これで、いいのではないかと。
もしかしたら、映画製作が遅々として進まなかったがゆえに、一部のスタッフ・キャストに生じた散漫な気持ちが、偶然にも映画のテーマの実現に好影響を与えたのか。
それとも、やはり、すべては演技者の力量、監督の手腕によるものなのか。
私には、その両方があるのではないかと思えてならない。

脚本はアーサー・ミラー。マリリンの当時の夫である。
この脚本には、2人の私生活の反映が濃厚に漂っている
また、クラーク・ゲイブルは、マリリンが、彼が父親だったらいいのに、と憧れていた男優だった。
マリリンにとっては、他にも、さまざまな葛藤にとらわれた映画でもあったはずで、それが、この映画にそれだけ重いムードを与えてもいるだろう。

だが、マリリンの映画には珍しい、このさみしさ、この重さ、この雰囲気を、これからも、しっかりと受けとめていきたいと思う。

うまく説明できていないけれど、ご容赦のほどを。
(10月2日)

THE MISFITS
1961年 アメリカ作品
監督 ジョン・ヒューストン
出演 マリリン・モンロー、クラーク・ゲイブル、モンゴメリー・クリフト、イーライ・ウォラック、セルマ・リッター

トラックバックは、荒馬と女@映画生活様に。

評価☆☆☆☆☆(5点。満点は5点)

● COMMENT ●

この映画は本当悲しい雰囲気がありますね
そういう点ではマリリンの映画では異質です
でもマリリンらしくも感じてしまいます
マリリンの複雑な過去や色んな情報を知ってしまっているかもしれません(詳しくは知りませんが)
私が印象的なシーンはゲーブルの横で眠る(車中)マリリンの寝顔です。信じられないぐらいの美しさだと思います

>dora21さん!

ありがとうございます! 
やっとこさ、コメントがついて嬉しいです!!!!!!!!!!
つかなかったら、つまらないので、絶筆しようかと思っていたところです。(笑)

マリリンの主演で、悲しげな映画は、他には「ノックは無用」くらいでしょうか。
「荒馬と女」を、いちばん最初に観たときには、俳優の個人的な背景などをあまり知らなかったと思うのですが、やっぱりさみしい感じは、あったと記憶しています。

この作品のマリリンは本当に綺麗ですね。最後の映画までも、こんな美しさを残してくれて、ありがとう、と彼女には言いたいです。

遅ればせながら・・・

こちらにも登場です。
この映画はモノクロですが、とても白っぽいと言うか、余計それで物悲しいイメージがつきまといます(この前コメントで書かせてもらった事と共に・・・)
もし当時のテクニカラーで撮られたらまた、イメージも変わっていたのでしょうか?
マリリンの白とサクランボの柄(だったかな?)のドレス姿とか、鮮やかに見えるでしょうね。
この映画、TVの吹き替え版のみしか持ってなかったんですが、この度やっとDVDボックスを購入しました。
プロ野球シーズンが終わったらゆっくり浸りたいと思います。

>続けて、uniko@ニャンくんさん

ありがとうございます。
白黒かカラーか。これ、イメージ変わると思います。
この映画は、どうして白黒だったのか、いま思い出せないのですけど。(というか、理由を知らないかな?)
白黒で、淡い夢のような気もしますね。

ボックス購入されたんですね。おめでとうございます。まだ完売になってないんですねえ。(笑)
販売店では見ないけど、オークションでは、よく見ます…。

TBありがとうございました。

いやー ここに集う濃いマリリンfanの方々のコメントに感銘を受けます。
また お邪魔させて下さいね~ 宜しくお願いしまっす。

>rabyrinthさん

マリリン好きの深さでは、めったなことでは負けませんよー!
どんどん遊びにきてくださいねっ! にゃんことも遊んでねっ。

なんか切なかった

当時、映研の高校生でした。
マリリンは好きでしたが(帰らざる河ほかの作品では)
この映画のマリリンは、なんか淋しく切なかったです。
ゲーブルが彼女を見る目つきも、慈味深く、悲しげでした。
その頃からケネデイ兄弟との関係も影響していたのでしょうか。

>cqtanakadesさん

いらっしゃいませ! コメントありがとうございます。
内容も音楽も、悲しさ切なさがいっぱいの映画、という印象をもってしまう作品ですね。主演者2人の遺作ということを知らなくても、そんなムードがあると思います。
脚本、俳優から撮影時の雰囲気まで、すべての事が化学反応のように作用して出来あがったもの、と考えます。
この頃にケネディとの関係が始まっていたのかどうか、いろんな説も憶測に過ぎないでしょうから、どうなのでしょうか。

私はこの映画が大好きです・・・映画を娯楽だけでなく・・・生きていく杖のように思ってしまう人間にとっては・・・安易なハッピーエンドで無い結末に・・・かえって強く惹かれます・・・

>suetumubananohimeさん

いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます。
私などはマリリン・ファンということが第一にあって、ハッピーエンドにしてほしいと思ったりしますが、ああいう終わり方にすると、余韻は残ります。
人生や人間について考えさせられる映画ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/294-536ec7c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『荒馬と女』(THE MISFITS)1961

  以前、見たような朧気な記憶が?!やっぱりそうかな?と・・・マリリンの裸身の寝姿で思い出したような気もしますが・・・ f^_^; へへへ原題がMISFITS  タイトル表示の時に、ジグソーパズルのピースが映るのですが(デザインで)それが皆合うわけもない形のピースた

橋からの眺め

お待たせしました!初舞台の詳細です!劇団民藝・紀伊國屋書店提携公演「橋からの眺め」(原題:A VIEW FROM THE BRIDGE)作:アーサー・ミラー 訳:菅原卓 演出:兒玉庸策平成17年度文化庁芸術創造活動重点支援事業東京公演日程2006年2月8日(水)~20日(火) ...

荒馬と女

(1961/ジョン・ヒューストン監督/クラーク・ゲイブル、マリリン・モンロー、イーライ・ウォラック、モンゴメリー・クリフト、セルマ・リッター、ケヴィン・マッカーシー/124分)

「お熱いのがお好き」(9回目) «  | BLOG TOP |  » 空中庭園を観たよ!

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード