topimage

2017-09

「時をかける少女」 - 2015.08.13 Thu

仲里依紗さんは、けっこう好きなのだ。

彼女が声を演っているというから、以前から機会があれば見てみたかった。
好きといっても、映画はほとんど見ていなくて、それほどドラマも見てきていないが…。
「つるかめ助産院~南の島から~」「レジデント~5人の研修医」「昨夜のカレー、明日のパン」 「テミスの求刑」 と、わりと最近のものしか見ていない。

とびます

モデルやCMに出ていた彼女が、オーディションに通って出演したアニメ映画。
声優として、うん、いいと思います。17歳の少女の役として、みずみずしくて。ヘンなところはない。元気な女の子の役は似合う。

過去に映画になったものは見たことがないので、初体験。というか、ストーリーは同じじゃないみたいですね、調べてみると。
高校生の女の子ひとりと、男の子ふたり、あわせて3人の仲良しの友達。こういうのが成り立つのかな?と最初から思った。
ドラマが進むにしたがって、そのへんは…。

で、やっぱり、恋のキュンとする気分は必須。それで青春ぽくなるし。
いちばん強力なポイントは、ラストの約束でしょう。
それでこそ、夢も希望もあるというもの。
そして、いい感じで終わるのです。

タイムワープできたらなあ。
1950年代のアメリカで、マリリンとともに時代を同時に過ごすか。
1980年代の日本で、キョンキョンとともに再び熱く過ごすか。
やりなおすなら、中学生ぐらいからかな?

(8月2日)

青春

2006年作品
監督 細田守
声の出演 仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、原沙知絵、谷村美月

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 「時をかける少女」製作委員会2006

ブログパーツ

● COMMENT ●

爽やかですよね

結構前に1度観ました。今では夏のオンエアの定番みたいな扱い?
仲里依紗さんはよく知りませんが、本職じゃないのに声あてるのが上手いなぁと思った覚えがあります。ホント、元気いっぱいですよね。
過去の実写映画とは別物です。あちらは古臭くて当時のことをよく知ってる人じゃないと違和感あるかも。
でも、こうやってリメイクされても愛されているのは元がいいからかな?
この作品の爽やかさをまた堪能したくなりました♪

>宵乃さん

そちらの記事はないようですが、コメいただき、うれしいです。ありがとうございます。
もしかして、記事にしていないけど見ている映画が、いーっぱいあるんですね?
もう9年前の映画で、いまごろ見ているわけですが。
昔、テレビで「タイムトラベラー」というドラマがあって、それも同じ原作で。人気がある話ですね。
仲さんの実写映画版もあるというので、それも見てみたいです。

http://cyberdoll.seesaa.net/article/143936714.html
もうだいぶ前の話で、しかもブログを残していながらログインどうするんだっけで(gooに引っ越したときにインポートしてない。ってか仕方がわからない!゚(゚´Д`゚)゚)
シーサーのほうからTBできないのでURL貼り付けました。
実写版の時かけはご覧になりましたか?仲里依紗ちゃんはアニメ版で真琴の吹き替えをやってたと思いますが、実写版で主人公やったほうの作品もかなり胸きゅんの青春ラブストーリーになってましたよ。あれはあれでアリです。(*^_^*)

>Agehaさん

ありがとうございます。
実写版、まだ見ていないです。ほとんどレンタルはしないので、BSでやらないと、なかなか見ないことになるのですが…。
アニメ版を見た、この機会に、見ておきたいところですね。

ログインって…ブログ画面の一番下に「Seesaaブログ」とあるので、そこから入ってログイン…そういう話ではない?

アニメ版の記事ですけども、まだSeesaaのほうにTBできるかと試しにやってみたら、できちゃいましたよ! 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2940-80561328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「バス停留所」(13回目) «  | BLOG TOP |  » 「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード