topimage

2017-08

「濡れた二人」 - 2015.08.21 Fri

情念の強さがすごい。

「若尾文子映画祭 青春」(HPは動画が流れるので音量注意)にて。
本特集60本の映画のうち、私は結局10本観た。そのラスト。
(好評なのか、冬にも再び特集をやるそうです。その件ではないが、ツイッターで角川シネマ新宿に質問を送ったけど、当然のごとく返信はなし。こういうのに返事をくれたら、すごく好感度が上がるのに、そういうことを考える頭はないんだね。)

ジャケット

この作品、むか~し見たことがあるけど、まるっきり記憶がない。(それで見た意味があるのかとも思うが、その時点での情感形成=成長には役だっていたと信じたい。)

夫との関係がうまくいかないまま、ひとりで旅に出た妻。旅先の港で漁師の若い男に惚れられて…。
若い男が北大路欣也。色が黒くて、ギラギラしてる。
とても、犬のおとうさんと同一人物とは思えません。大河ドラマで「そうせい」とおっしゃる殿様と同一人物とは思えません。ギンラギンラ、若さ、ほとばしっています! 筋肉ムキムキ黒ギラ青年です。

欣也のことが好きな地元の女の子(渚まゆみ)がいて、欣也が、あやや(若尾文子)にアタックすると、やきもち。
欣也と一緒に働く男(平泉征)が、その女の子を好きなもんだから、もう三角関係ならぬ、四角関係
むりやり肉体関係を迫ったり、かなりハードなシーンも。
あややもヌードシーンがあるが、ハダカは代役が普通だったようなので、顔が出ていないカットは本人ではない可能性が大。そう思うと、ありがたみが減るが。

舟で

あややが夫とともに家に帰ろうとしてバス停にいると、欣也が「俺を捨てて帰っちゃうのかよ!」とばかり、彼女のまわりをバイクでぐるんぐるん回りまくる。
何度も何度も。しつこいです! 見ていて、いつまでやるかとあきれるくらいに、バイク小回り連続世界記録挑戦かとばかりに回っております!
欣也、以前にも感情のほとばしりをどうにもできずに、バイクのクラクションを鳴らし放題に鳴らしていたこともあり、やりすぎ感満杯の増村保造演出の押しの強さ。若さって青臭いの。うおー!
この情念ですよ。若気の至りかもしれない。ほとばしる○○。

そして、男を待つ部屋で。待ちくたびれた末に、庭にいるのかいないのかわからない男を挑発して、彼女が取る行動!
すごいです。雨の中。女の情念。
年上女と若者、男は、ひよっ子にすぎませんね。

「妻は告白する」のところでも書いたが、増村監督のテーマが「日本的環境から自立しようとする女」ならば、なるほど、と思う。夫婦生活は妥協しても続けるか。幸せってなんだろうか。生きたいように生きることが許されないならば。…とかね。

(8月9日 角川シネマ新宿)

1968年作品
監督 増村保造
出演 若尾文子、北大路欣也、渚まゆみ、平泉征、高橋悦史

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


上から見られるよ

(c) KADOKAWA

ブログパーツ

● COMMENT ●

10本か~。ほんとは60本全部観たかったらしいよ。

平日上映のは観られないし、お金もかかるしなあ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2945-51e9718c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「砂漠の鼠」 «  | BLOG TOP |  » 「ジュラシック・ワールド」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード