topimage

2017-10

「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」 - 2015.08.28 Fri

エミリー・ブラウニングさんが歌う、と知って、観ないわけにはいかない!



『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』。『エンジェル ウォーズ』のときから分かってたが、エミリー・ブラウニングさんの歌声の魅力的なことったらない。さみしくてポップで不思議な感覚な映画で好きだ。
…と、観たあとでツイートした。

3人で

私が彼女をはっきり認識したのは、大好きな映画「エンジェル ウォーズ」であり、彼女はそのなかでも歌っていて、ああ、上手だなあと思っていたのだ。

本作では、イヴ(エミリー・ブラウニング)が、まず、え、病院にいるの?という始まりで、細い体なので、なんだか健康じゃない役が似合いそうで、困ったものだ。(私が困る必要はないのだが。)
ギターの男の子ジェームズ(オリー・アレクサンデル)と知り合い、そのまた知り合いの女の子キャシー(ハンナ・マリー)と知り合い、バンドをつくろうということになる。

ストーリー的には、それほどのことはなく、フィーリング(感覚)で見ていくほうがいいような。
なんといっても素晴らしいのは、エミリーの歌!
女優さんのなかには、歌が上手な人がいるけれど、彼女も本当に見事。

ふたりで

この映画は、まずは彼女の歌。それに映像のフィーリング。ミュージック・ビデオの感覚でもある。
公式サイトによると、『スコットランドを拠点に世界的な人気を誇るバンド、ベル・アンド・セバスチャンのフロントマン、スチュアート・マードックが、本作の脚本・監督を担当。』
私はまったく知らなかった音楽家だが、彼がつくった、この映画、ちょっぴりビターで、スウィートでポップでキュート、というのが、まさに言える。

はじめのほうが病気っぽい(拒食症?)せいもあって、曲調に、さみしさを含んだものがありながらもポップ。
映画のなかで、イヴは「ポップ」ミュージックをやりたいと、はっきり言っていますからね。
音楽を志す人の、ある重要な通過点。かかわる大切な人たち。そういう青春ものでもある。
ラストの3人それぞれも、いいね。とくにキャシーの反応は好きだな~。

映画では「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」を「神様、女の子を助けて」のように訳していたが、私はタイトルを知ったときから「神様は女の子を助ける」だと思っていた。
でも、考えてみると「神様は女の子を助ける」ならば「ゴッド・ヘルプス・ザ・ガール」と動詞が単数形になるのではないかと思い当たった。しかも、もしや、May God Help the Girl と、原題では may が隠れているのではないかと。

歌う

映像の雰囲気と音楽に身体をのせて、ふわふわ、たゆたうために、また観てもいいかなあとも思うが…どうかな、自分?

(8月23日 新宿シネマカリテ)

GOD HELP THE GIRL
2014年 イギリス作品
監督 スチュアート・マードック
出演 エミリー・ブラウニング、ハンナ・マリー、オリー・アレクサンデル、ピエール・ブーランジェ、コーラ・ビセット

参考:ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) FINDLAY PRODUCTIONS LIMITED 2012



ブログパーツ

● COMMENT ●

動画が、折りたたみで消えない部分、上のページに置かれているのは、目立たせて、聴いてほしいなーと宣伝しているんだよな、ボーさん。

なるほどね。公開が小範囲だから、知名度がなくて惜しいと思うよ。俺もまた観たいもんな。

こんにちは

ボーイ&ガール・ミーツ・ミュージックってだけの話なので、
ほんとボーさんの言うとおり
エミリー・ブラウニングさんの歌と、ファッションとか、
なんか、そのへんフィーリングでみる映画でしたねえ
子役の時の彼女はとても可愛いのですが
最近はカエル顔になってきている気も…^;

>makiさん

おはようございます。
そうですよね、フィーリングで見る感じ。
ひとつの通過点を描いた感もあって、わりと好きです。
カエル顔…ええ、微妙な気はします! もうちょっと、えーと…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2948-1e3e8ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(God Help the Girl)

 スコットランドの人気バンド「ベル・アンド・セバスチャン」のフロントマンを務めるスチュアート・マードックが初監督と脚本を手がけ、2009年リリースのソロ・アルバム「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」をミュージカル映画化。スコットランド、グラスゴー。拒食症...

『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(GOD HELP THE GIRL)』スチュアート・マードック監督・脚本、エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサンデル、ハンナ・マリー

注・内容、台詞、主な楽曲と各シーンに触れています。『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』GOD HELP THE GIRL監督・脚本:スチュアート・マードック出演 : エミリー・ブラウニング、オリー・アレクサ

「ダイバージェント」 «  | BLOG TOP |  » 「最後の1本 ~ペニス博物館の珍コレクション~」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード