topimage

2017-04

「ダイバージェント」 - 2015.08.29 Sat

スパルタ・スポ根トレーニング中心だったような印象が。(笑)

5つの派閥に分かれた未来社会。
ダイバージェントというのは、どこに属すると決められない異端者なんですね。

ケイトと

ある派閥が政権を奪おうとして、ヒロインが阻止に立ち上がるという構図。
「セッション」のマイルズ・テラーが出ているけど、なんだかイヤなヤツで、顔つきもすごく嫌いになった。

アシュレイ・ジャッドさんがお母さん役で出演していて、ひさしぶりで会えて、うれしかった。なにしろ彼女は過去にマリリン(ノーマ・ジーン)を演じていますから、特別なんですよ!

(8月26日)

アシュレイ

DIVERGENT
2014年 アメリカ作品
監督 ニール・バーガー
出演 シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、ゾーイ・クラヴィッツ、ケイト・ウィンスレット、アシュレイ・ジャッド

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) TM & (c) 2014 Summit Entertainmet, LLC. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

ダイバージェントって、お台場のジェントルマン?

…それ、むりやり作ってないか?(苦笑)

こんにちわ

設定も変わってるし、けっこう面白かったけどもう1つパンチが足りない作品でしたよね。
お母さんの強さがカッコよかった!
ワタシもアシュレイさんは誕生日が自分と2日違いとかそんななので勝手に親近感持ってる女優さんです(笑)
この年代の女優さんにもっと頑張ってほしいなあ。

>mia☆miaさん

こんにちは。
うん、パンチなかったです! ヒロインはパンチ受けて倒れていましたが。
お母さんはタダ者ではありませんでした。アシュレイさんですから、あのくらいの設定じゃないと、もったいなさすぎです。
私も、キム・ノヴァクさんと同じ誕生日なんですよ。(ちょっと古っ!?)

スポ根!(笑)でしたねえ。
そしてダイバージェントって言葉がいまいちピンと来ないままだったかも。
アシュレイさんかっこよかったですね!

>まおさん

ダイブするエージェントじゃないですか? (いいかげんな回答)
「勇敢」に志願しなければ、スポ根にはならなかったでしょうが、ヤングアダルト小説な近未来ものって、なんでも考えちゃえば「あり」だなーと思いました。

こんにちは。

私はこういう学園モノで特訓したりするのが大好きなので面白かったです。(^^)
5つの適性に関しては、検査結果以外にも進めるので、なんだか平和のために作ったシステムにしてはおかしいなって感じ。主人公も実は適性が当てはまりまくりで、一番すぐれているので、1つしか適性のない人にとっては嫉妬から恐怖として異端者呼ばわりしているんでしょうね。

ラストがあまりにもあっけなく、ちゃんと始末しておけば…って感じでしたけどね。
3部作の導入としては面白かったです。(^^)

トラックバックありがとうございました。
こちらからも、させて頂きました。

>白くじらさん

こんばんは。
わたしは、いまいちでした~。
検査結果以外にも進める…そうでした、そういうあたりも変な設定。
1本目がビミョーだったもので、2作目はナオミ・ワッツさんが出ているのに、映画館では観ずに終わってしまいました。これはきっとWOWOW待ちです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2949-1c472dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダイバージェント

ID:8g92w0 ダイバージェント@よみうりホール

映画評「ダイバージェント」

☆☆(4点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ニール・バーガー ネタバレあり

ダイバージェント

【概略】 最終戦争から100年後の近未来。16歳のベアトリスは、強制的に選別される5つの共同体に該当しない異端者と診断され…。 SFアクション たった一度の適性検査でに分断された人類。そのいずれにも属さない少女トリスは、反逆者として管理された世界に立ち向かう! 大人のSFアクション大作かと思ったら、これはティーン向けの作品ですね。原作も三部作らしいし、ハンガーゲームとかシ...

劇場鑑賞「ダイバージェント」

運命は、自分で決める… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201407110001/ ★枚数限定ポスター★【シェイリーン&テオ版】[映画ポスター] ダイバージェント (DIVERGENT) [R...価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】...

ダイバージェント/シェイリーン・ウッドリー

新人女性作家ヴェロニカ・ロスによる全米ベストセラー小説を『リミットレス』のニール・バーガー監督が映画化したSFアクション・ムービー。異端者(ダイバージェント)として生まれた ...

ダイバージェント ★★★

アメリカでベストセラーを記録した、ベロニカ・ロスの小説「ダイバージェント 異端者」を実写化したSFアクション。軍事や警察を統括するドーントレスを筆頭に、五つの共同体で社会が構成された未来を舞台に、いずれにも該当しない異端者と判断された少女が自身の宿命をめ...

ダイバージェント

評価:★★☆【2,5点】(招待券) すべてが中途半端で残念な結果に(笑)

ダイバージェント

★ネタバレ注意★  アシュレイ・ジャッド、ケイト・ウィンスレット、マギー・Q、レイ・スティーヴンソンと、なかなかの顔ぶれのキャスト、世界的ベストセラーを謳う原作、最終戦争を経て再編された全く新しい秩序の社会、と聞けば面白そうな印象だったのですが、結果、退屈のあまり死にかけましたのん。なんでだ。世界中で何百万人もの人々が熱狂したヤングアダルトストーリーだというのに、なんで退屈で死にか...

ダイバージェント

Divergent(2014/03/11)Various Artists商品詳細を見る 【Divergent】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 最終戦争から150年後の近未来。全人類は、たった一度の適正 検査により性格別に5つの属性ー【勇敢】、【高潔】、【平和】、【無 欲】、【博学】に振り分けられ、そこで一生過ごすことが義務づけ られていた。トリスはそのいずれにも属さ...

「ダイバージェント」☆ややハンガーゲーム

きりりとひとつに結わえて果敢に戦いに挑んでいく凜とした姿がどことなく似ていて『ややジェニファー・ローレンス』なヒロインと 唇のぽってりしたかんじがなんとなく『ややチャニング・テイタム』なヒーローが繰り広げる 更にゲーム色の強い『ややハンガーゲーム』なお話。

先週観た映画 〜5/31

  季節外れの暑さがなかなかひかないまま6月に… このまま梅雨なんですかねえ。 「ラストベガス(Last Vegas/13)」   マイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、、モーガン・フリーマン、   ケヴィン・クラインが悪ガキ時代からの親友で…というなんとも豪華なコメディ。   ベガスとそこそこはっちゃける爺たちの味わいがなかなかよいのだ。 「武士の献立(13)」  ...

ダイバージェント

DIVERGENT 2014年 アメリカ 139分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/07/11) 監督: ニール・バーガー 『リミットレス』 原作: ベロニカ・ロス『ダイバージェント 異端者』 出演: シェイリーン・ウッドリー:トリス/ベアトリス テオ・ジェ...

ダイバージェント

100年前、人類は平和を守るために5つの派閥を作った。 2014年(DIVERGENT)製作国:アメリカ監督:ニール・バーガー原作:ヴェロニカ・ロス「ダイバージェント 異端者」製作:ダグラス・ウィック、ルーシー・フィッシャー製作総指揮:ジョエル・C・ケリー、レイチェル・シェ…

「恐怖ノ黒鉄扉」 «  | BLOG TOP |  » 「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード