topimage

2017-06

「美しい絵の崩壊」 - 2015.09.04 Fri

親友の息子と深い仲になる。しかも、お互いがお互いの息子と。

…という説明でいいのかな。
好きなナオミ・ワッツさんの映画だが、映画館では見逃がしていた。

親友

そんなこともありうるのでしょうが、きっついなあ。
よっぽど魅力的なお母さんじゃなきゃ、そうはならないだろうけれど。
ふっと、ナオミさんの顔が、年とったなあ…と思わせるシーンがあって、実際もそうなんだよなあと気づいてしまったというか、複雑な、ちょっと残酷だなという思いも。
いや、それでも魅力的ですが。

この母と息子の4人、いっしょにいることが多くて、仲が良すぎるのかも。ふつう、そんなふうではないよねえ。
装っても普通の幸せは来ないだろうし、でも、もしそうなったら、という物語は、しっかり見せてもらった感じ。
周囲の人たちの反応の描写が少ないというか、その前にもっと早くバレるだろうとも思いますが。
ラストは美しいというより、4人の疎外感を皮肉に表わしている…のかも?

(9月4日)

息子たちと

TWO MOTHERS
2013年 オーストラリア・フランス作品
監督 アンヌ・フォンテーヌ
出演 ナオミ・ワッツ、ロビン・ライト、ゼイヴィア・サミュエル、ジェームズ・フレッシュヴィル、ジェシカ・トヴェイ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2012 HOPSCOTCH FEATURES PTY LTD, THE GRANDMOTHERS PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SCREEN NSW, CINE-@, MON VOISIN PRODUCTIONS, GAUMONT, FRANCE 2 CINEMA

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

>4人の疎外感を皮肉に表わしている…

そんな感じでしたね。
嫁にバレて、孫にももう会えないだろうし。
開き直りかい、みたいな、、、(苦笑)

>オリーブリーさん

こんにちは。
あのラストは、前向きなものなのか後ろ向きなものなのか、ちょっと考えてしまいました。
ありえないことではないけど、今はいいとして、男が30代になったとき女は50代? それは無理でしょーと…現実はキビシイと思います。

元サヤか・・・

ボーさん、こんばんちんこ~ また おバカ風のコメしてもよかでしゅか?

二人の母がババになり、二人の息子がパパになってもやはり女の情炎、男の情炎は消し去ることはできなかった・・・情炎の基本は情欲(欲情)ですが・・・

トム「リルさん オラ 一時の気の迷いでぇ 若けぇおなごに手ぇ出して はらませてしまっただが やっぱ オラ リルさんが わすれられねぇだぁ~」

イアン「ワシも、 トム公のバカが 若けぇ娘さに手ぇだしたことがきっかけでオカンと別れたと思っちょっとったら ロズさんまで やっぱ解消しよういうたときは ショックやったわ~ ・・・そのあと ワシも若けぇ娘に手ぇだしてもうて はらませてしまったがに・・・それでも ロズさんのコト 忘れられねぇだぁ・・・・ワシも最低なオトコやのぉ~」

どうです・・・笑えるでしょ^^

あと皮肉とおっしゃるなら この映画に合いそうな洋楽があります。マジで皮肉に。感じるかも・・・

僕が この作品に合いそうだと 思った洋楽を紹介しますね。

ジャジャァ~ン♪ クリスレア「オンザビーチ」
リンク先↓(日本語歌詞もあるよ)
http://mettapops.blog.fc2.com/blog-entry-325.html

>zebraさん

おはにちはー。
よかでちゅよ~。
おー! おんざびーち! よく、ぴったりの曲がありましたね。

オトコにとって、はじめての相手というのは忘れがたいものですが、いま考えてしまいましたが、この映画の場合、あれ? 初体験だっけ? と。それは示されていなかったっけ…もう忘れたけど(笑)。

まあ、いいです。ナオミさんと会えたのでいいんです、本作。(どういう結論や)

暴走オバカなやりとり・・・前編「女ともだちのやりとり ロズとリル」

perfumeの「NIGHT FLIGHT」をYOU TUBEで聞いてたら おバカ風コメントをバンバン書きたくなりましたv-216v-218(さすが オレv-221)

>周囲の人たちの反応の描写が少ないというか、その前にもっと早くバレるだろうとも思いますが。
 フフフ ボーさん それを言っちゃア おしめえよ(→寅さん風に)
ま、とにかく美しい熟女にイケメンがいないと成り立たない作品だわな~(だから それを言っちゃあ おしめえだってばっ)

ふたりの それぞれの子供と 付き合うというのは・・・こんな会話になったのかも 
リル「なあ、ロズ」 
ロズ「なんだね、リル」

リル「あんたとわたすは ちっちぇえ頃からの親友だっぺ」 

ロズ「そうだべ! どうしたんだぁ」

リル「あんたんとこのお トムちゃん なっかなか たくましゅうなってぇ」
ロズ「いんやあ ただ野良仕事しかできねえ  ごんたくれじゃあ」

リル「ロズゥ、あんたぁ、自分のせがれを そんなふうに 言うもんでねえ」
ロズ「それはそうとぉ、あんたんトコの イアンちゃんだって 自慢のせがれでねえかぁ」
リル「あの バカタレは ちいせえ頃から 亭主が死んでから 悪さばっかして 手ぇ焼いただ」
ロズ「イアンちゃん 大きゅうなってからは まじめに野良仕事がんばって あんたを楽させてるでねえかぁ」
リル「・・ん・・・ロズ・・・実はな、あんたには 言わなきゃいかんコトが あるんよ・・・実は あんたんトコのトムちゃんとつきあってるんよ・・・あのたくましい 腹筋割れまくったマッチョボディと 股間のふくらみを見たら理性が利かなくなってもうて・・・亭主が死んでから あのバカタレを育てるコトでせいいっぱいだったんでぇ 女としての思いを封印してたんもんだから ガマンできんくなって〇〇〇して・・ 」

ロズ「なぁに 冗談言ってんのぉ~・・・まさか トム公ともう 〇〇〇は やってもうただか・・・・じゃあ この際わたすも言うけどもぉ・・・あんたんトコのイアンちゃんと つきあってるんよぉ・・・もちろん〇〇〇も やってもうて・・・ イアンちゃん あの子 {ワシの股間は”ショットガンじゃあ~” ロズさんじゃなきゃ こんなに大きゅうならんのじゃぁ~}と大声で叫んで、押し倒されて あんまし激しいピストンだったもんだから わたすは K・O負けしてもうて、しばらく足腰たたなくたってもうたわ~ やっぱ若い力には負けるわ~」

リル「あのバカタレ・・・悪ガキだったのが 真面目にがんばってくれてんけども ここ最近、急にわたすに優しくしたり ほかの村の若い衆が嫌がる仕事まんで 自分から進んでやるようになったもんだから・・・なんか あったとは おもっちょったけんどもぉ~そうだったんかぁ」

ロズ「わたすも リルの気持ち ようわかる。人としていかんこととわかっとっても止められんかったんじゃぁ 男と女は死ぬまで男と女だとわかっただ」

リル「わたすも あんたなら ドラ息子のイアンを託せる・・・わたすら やっぱり大親友だっぺ ロズ」
ロズ「そうじゃあ これからも 頼むなぁ リル」

 ・・・To Be Continued

暴走オバカなやりとり・・・後編「男と男のダチどうしのやりとり トムとイアン」

ボーさん つづきです・・・今度は ふたりの息子同士のやりとりです^^

トム「のお、イアン。」
イアン「なんだべトム公。」

トム「ワシとオメエは親友だがね。」
イアン「なんだべ、急に改まって。 当たり前だべ。 ワシとオメエはちっちぇえ頃からの長い付き合いの大親友だベ。」

トム「さよか。 ほんじゃ聞くがのぉ。 オメエのお袋さんはえれえ別嬪だがや。」
イアン「そうでもねえがのぉ。」

トム「いやあ、あれはほんまに美しゅう人だベ。 ほんでのぉ、ワシがオメエのお袋さんと付きあいたいっちゅうたら、オメエはどう思うがや?」
イアン「ちょっと抵抗あるのぉ。」

トム「だべ? いや、実はのぉ、この際言うが、ワシはもうすでにオメエのお袋さんと付きおうとるがや。」
イアン「オメエいきなり何をバカこいてんづら。・・・マジで言うとるんか? っつうこたぁ、もうやっちまただべか?」
トム「おお、やっちまっただべさ。」
イアン「そいつはエゲつねえのぉ。 うちのお袋にまだそんな色っけがあったのも驚きじゃのぉ。」

トム「こんなのはまちごうとると思いながら自分を止めれんかったんじゃ。 親友のお袋さんを寝取るとは、ワシは最低じゃのう。」
イアン「いや、実はのぉトム公。 何を隠そう、ワシもオメエのお袋さんに惚れてしもうたんじゃ。」

トム「なんやとイアン。 ちゅうことは、まさかもう・・・?」
イアン「そうじゃ。そのまさかじゃ。 ワシはオメエのお袋さんとやっただべや。おめえのお袋さん、あ、いや ロズさんをみてたら ワシの股間が火ぃ吹いてのぉ~ 」
トム「やってもうたか・・・。」
イアン「おお、やってもうたべや。 のぉトム公。 ワシの気持ちは真剣やし、オメエの気持ちもよう分かる。 ここまで来たらなるようにしかならんわい。」
トム「イアン、オメエは最高の親友だがや。」


この4人の姦係  
母親同士が親友 息子同士が親友 で横棒2本
それぞれの 母子で 縦棒2本
それぞれの息子の親友と関係すればななめ線2本を 交差させます。

 仕上げに 両横3角を色を塗りつぶせば
 ボーリングの ストライク柄ができあがりまぁ~すv-221

できればずっと ストライク姦係であって ほしかったんですケド そうはいかないのが男と女なんでしょうね。
ストライクで タマでピンがゴロンゴロンと崩壊のストライッ~クゥ~v-24v-343。 モラルはガーターだぜぇ~v-427

>ラストは美しいというより、4人の疎外感を皮肉に表わしている…のかも?これこそ
 それを言っちゃあ おしめえよっ ボーさん

>zebraさん

2日にわたって色付きでおつかれさまです。
2色なのはzebra模様でしょうか!?
Perfumeを聴いて書きたくなる理由がいまいち不明ですが…。
この4人こそ、ファンタスティック・フォーなのかもしれません。

いえいえ そうではないですね

ボーさん 返信早っv-12

>2色なのはzebra模様でしょうか!?
いえいえ 色の区別は 親子の区別です。
ロズ&トム親子は青色 リル&イアン親子は赤色 ただ それだけです^^

>Perfumeを聴いて書きたくなる理由がいまいち不明ですが…。
 聞いてたら アドレナリンが分泌されちゃいました。曲が体に興奮剤みたいに反応しちゃったんッス。いまいち不明と思われて、当然ですv-290

>この4人こそ、ファンタスティック・フォーなのかもしれません。
うまいな ボーさん それは 考えつかなかったv-405


>zebraさん

ゼブラは白と黒ですもんねえ。文字が白かったら見えませんのー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2954-e89d0458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめWOWOW

「オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~」2014年公開 大海原で単独遭難し、極限のサバイバルを強いられる男の海洋ヒューマン・アドベンチャー。 ロバート・レッドフォード *一人芝居、ほとんどセリフなし。 生き延びるため黙々と作業をこなす。 退屈。 これ、映画って感じじゃないわ。 ★2.3 「大統領の料理人」 2014年公開 フランス・ミッテラン大統領のプライベート...

美しい絵の崩壊

評価:★★★☆【3,5点】(09) 四十路の女性でも恋する乙女になってしまうのね。

映画評「美しい絵の崩壊」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年オーストラリア=フランス合作映画 監督アンヌ・フォンテーヌ ネタバレあり

美しい絵の崩壊/TWO MOTHERS/ADORE

英国のノーベル賞作家ドリス・レッシングの原作を、「ココ・アヴァン・シャネル」の監督&脚本や、 「クロエ」の脚本家、フランスのアンヌ・フォンテーヌが映画化。 原題「TWO MOTHERS」ってあまりに短絡的。 だからといって、このカッコよさげな邦題。 だけど...

美しい絵の崩壊 ★★★

ナオミ・ワッツとロビン・ライトという演技派女優を主演に迎え、ドリス・レッシング原作の「グランド・マザーズ」を映画化した禁断の愛の物語。親友同士がお互いの息子と恋に落ち、一線を越えてしまったことから思いがけない運命を招くさまを映し出す。監督は、『ココ・ア...

『美しい絵の崩壊』(2013)

幼い頃からの親友同士のロズとリル。それぞれの息子トムとイアンも仲が良く、二組の親子は美しい海辺の街で、あたかも一つの大きな家族のような生活を満喫していた。だがある夏、イアンはロズへの秘めた想いをぶつけてくる。息子同然のイアンからの告白に戸惑いながらも、ロズはイアンとの関係を持ってしまう。またそれを知ったトムもリルと一線を越えてしまう。甘美な幸せに酔いしれる四人だったが、その禁断の愛は当人たち...

「おおかみこどもの雨と雪」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2015年8月)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード