topimage

2017-06

「NY心霊捜査官」 - 2015.10.11 Sun

あのー、けっこう怖いんですけど。

イラクに行った兵士が何かに出会って…という始まりで、さてそれがニューヨークでどんな事件になるのか。

捜査

オカルト的な作りがじわじわ来る。
ドメスティックバイオレンス、母親の豹変、地下室の事件…勘の鋭い刑事ラルフ・サーキは、やがて自分だけに聞こえたり見えたりするものがあることを知る。

神父が出てきて悪魔祓いというのは、もはや、ありふれてはいるが。
スコット・デリクソン監督といえば、私がとても気に入った映画「エミリー・ローズ」をつくった人。
やっぱり、ていねいに怖さを演出する力があるのだと思う。(彼の他の映画は見ていないので、決定的なことは言えないけれども。)

娘

ちっちゃな女の子がこわい目に遭うというのも、怖いんです!
んで、犯人役のショーン・ハリスは、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」で悪者役やってる俳優じゃないですか!
あんまり悪党がはまって、悪い役が多くなるのも考えものか?

(10月9日)

妻と

DELIVER US FROM EVIL
2014年 アメリカ作品
監督 スコット・デリクソン
出演 エリック・バナ、エドガー・ラミレス、オリヴィア・マン、ルル・ウィルソン、ショーン・ハリス

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


はらいたまえ

ブログパーツ

● COMMENT ●

最後の画像だが、祓われる奴の格好が、なんだか人間っぽくなくていいよな。

はらったま きよったま


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2971-4ffbade9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NY心霊捜査官

【概略】 関連性のない二つの事件だ。どちらの加害者も何かにとり憑かれたように半狂乱で、常軌を逸した行動をとっていた。捜査の中で、自分にしか聴こえない、見えない“何か"があることを感じていたラルフの前に、神父のジョー・メンドーサが現れる。ジョーは、二つの事件は悪霊によるものであり、ラルフの能力“霊感"を用いて捜査するよう助言。当初悪霊の存在を信じなかったラルフも捜査が進む...

NY心霊捜査官/エリック・バナ

このタイトルを目にした瞬間、小栗旬さんの主演ドラマ「BORDER」を思い出してしまいましたが、劇場予告編を観たらやっぱり霊感を持つ刑事がその能力を駆使して犯罪捜査に挑むという ...

映画評「NY心霊捜査官」

☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督スコット・デリクスン ネタバレあり

NY心霊捜査官 ★★★.5

元ニューヨーク市警の警察官ラルフ・サーキが、自らの体験をもとにつづった手記「エクソシスト・コップ NY心霊事件ファイル」を映画化した実録サスペンスホラー。ニューヨーク市警の刑事ラルフ・サーキは、動物園で子どもをライオンの檻に投げ捨てた女を逮捕するが、女は...

NY心霊捜査官

【DELIVER US FROM EVIL】 2014/09/20公開 アメリカ R18+ 118分監督:スコット・デリクソン出演:エリック・バナ、エドガー・ラミレス、オリヴィア・マン、ショーン・ハリス、ジョエル・マクヘイル “戦慄の実話”を完全映画化。容疑者は人間ではない―― 霊感...

NY心霊捜査官/DELIVER US FROM EVIL

霊感を持つ現役NY市警巡査部長、ラルフ・サーキの手記「エクソシスト・コップ NY心霊事件ファイル」を 実録オカルト「エミリー・ローズ」や、イーサン主演のホラー「フッテージ」の スコット・デリクソン監督で映画化した異色実録ホラー。 ってことと、夏には...

「ピッチ・パーフェクト2」 «  | BLOG TOP |  » 「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード