topimage

2017-08

「塔の上のラプンツェル」(1回目) - 2015.10.15 Thu

2011年公開作品を、いまごろ見てみて…すばらしいよ、ラプンツェル!

少し前まで、ディズニーアニメなんて、おおむねのところ(例外はあるが)甘っちょろくて、くだらねーと小バカにしていた気分な私であったのだが、最近は全くそんなことはない!
たとえば、「ティンカー・ベル」のシリーズだとか、もちろん、「アナと雪の女王」関連とか、大好きすぎて、もー大変。

ポスター

大人なのに、というのは当たらず、大人だからこそ、純粋に大切なものを確認できる感激があると思う。子どもの昔に気持ちが返れるようなところも貴重なのではないか。
なによりも、お話が、小難しくないのがいい。

カメレオン

ラプンツェルが、なぜ塔に閉じこもっているのか、映画を見て、やっと分かった。髪が長い理由も。
カメレオンのパスカル、白馬のマキシマス、このふたり(?)のキャラも効いている。
マキシマスなんて、乗り手がいなくても、単独で任務を遂行しようとするほどですからね!
じつは短編の「ラプンツェルのウェディング」を先にYouTubeで見ていて、結婚式というよりは、パスカルとマキシマスの指輪おっかけ騒動の話だったので、この「ふたり」は重要キャラなんだなあと知ってはいたのだ。

馬

野外でのダンスは、ラプンツェルの生来の明るさが表に出てきた、躍動感のある、いいシーン。
それに続く、ランタンが空に舞うショットも美しい。
ラプンツェルって、ずっと、裸足(はだし)なんですね! 外に出ても、ですよ!
生まれてはじめて土を、草を、足で踏む感触、その喜び。
母にそむいて外に出た「後ろめたさ」と、外に出た「喜び」が、彼女に交互に押し寄せるところは笑いどころ!
…私も家では素足なので、仲間というか、ラプンツェルを彼女にしたいくらいです。(?)

フライパン

フライパンは頼りになる武器なので、ぜひ手元に置いておきましょう。

2017年には、同じ声優さんでテレビシリーズが始まるようで、楽しみ。

(10月11日)

ランタン

関連記事:「塔の上のラプンツェル」(2回目)

TANGLED
2010年 アメリカ作品
監督 ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード
声の出演 マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン、ブラッド・ギャレット

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) Disney Enterprises, inc. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

フライパンを

使いこなすヒロインでしたね(笑)
終盤近くまでかなり楽しめたんですが、原作への思い入れが意外と強かったようで、魔女を悪役として倒して終わりというラストで心が離れてしまいました。せめてもう少しうろたえてもよかったような…。

原作では、魔女は別にそこまで悪い人じゃなかったんですよ。純潔を守らせたかっただけで。むしろラプンツェルの親がサイテーでした。(泥棒した上に、保身のため子供を差し出した)

>大人だからこそ、純粋に大切なものを確認できる感激があると思う。

そうそう、アニメだからとか、子供向けだからと観ないのはもったいない作品がたくさんありますよね。
舟の上で、きれいな光に包まれる幻想的なシーンが印象に残る作品でした。

>宵乃さん

ありがとうございます。
原作の両親は、そんな人だったんですか! 映画だけ見ていれば、まったくの善人なので、問題はないですね。
映画だと、王女が18歳になるまで幽閉されていたのは魔女のせい、となりますから、彼女の青春時代の喜びを奪ったともいえる魔女が報いを受けるのも、しょうがないかなと思えちゃいますね。
ただ、単に消えちゃっただけで死んではいない、なんてことも考えられるかもしれません。老婆にはなっていても。
ラプンツェルの涙にパワーが残っていたら、続編のアイデアもできるかも!?

こんばんわ

素晴らしいですよね。この作品。
自分の感想文を読み返したら2012年に見た映画の中で1番☆なんて
書いてありました。ラプンツェルの流れる髪が美しかったデス。
もう1度見たくなりました♪

>mia☆miaさん

おはようございます。
ベスト1でも納得します!
お姫様系統のお話は「アナ雪」に引き継がれてきたんだなーとも思ったり。
ディズニーのプリンセスは、かわいいですよねえ~。

魔女の母ちゃんの「♪ラプンツェルー」ってメロディーの入った呼びかけの部分だけちょっと嫌い。そんな抑揚付ける事ないだろ。

あまり関係のない付け足し

ちなみに「パズル」という映画では、八木さおりがフライパンを武器として使います。

>ふじき78さん

じゃあ、今度から、「♪ふじき78-」って呼びかけますね。

>♪ふじき78-さん

ラプンツェルのウェディングの短編では、馬のマキシマスがフライパンでパンパン連発でたたかれてましたー。

おお、既に複数回ご覧に!
ボーさんの感想で私もまた見直したくなりました。
吹替もいいですよね〜私は劇場でも吹替で観ました。
フリンは社内の女性の意見を聞いて今どきのイケメンになったそうですね。
確かに今までとは違うタイプ?

>まおさん

字幕、吹替で見ました!
日本の映画吹替はクオリティ高いですよねえ。
ぜひまた見てみてくださいな。
イケメンには反発心をもつボーですが、まあ、いいです。(何が?)

アナ雪よりも

実はアナ雪よりもこちらのが好きです♪
強いヒロインにもやっぱり王子様はいたほうがいいんだなぁ〜。なんて、存外自分も乙女!?な部分があるんだと気づいた映画です。笑
ランタンのシーンなんて、ロマンティックで本当に大好きです!

>ihuruさん

ラプンツェルもアナも、はじめて会った男に惚れたみたいなもので、だいじょうぶなのか!?と思わないでもないのですが、まあ、お話だからいいか、と。
運命の人と、強い気持ちで愛していけば…ですね~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2973-fff3ccb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『塔の上のラプンツェル』 あなたも超能力者?

 ディズニーは『魔法にかけられて』で失敗したと思ったのだろう。結局『魔法にかけられて』のジゼル姫をディズニー・プリンセスから外すことに決定した。何しろ、おとぎの国のジゼル姫が現代のニューヨークへやってきたパートを実写で描いたために、ジゼル姫の人形を売ろうとしたら、ジゼル姫役のエイミー・アダムズに生涯報酬を払い続けなければならないのだ。  それに懲りたから、『魔法にかけられて』の続編は完全に...

映画評「塔の上のラプンツェル」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ネーザン・グレノ、バイロン・ハワード ネタバレあり

塔の上のラプンツェル(3D吹替え)

評価:★★★★【4点】(18) 厳しい母親のもと、ルールに従ってきたラプンツェルの一世一代の大脱走劇。

『塔の上のラプンツェル(2D吹替版)』

□作品オフィシャルサイト 「塔の上のラプンツェル」□監督 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ□脚本 ダン・フォーゲルマン □キャスト(声の出演) 中川翔子、畠中 洋、剣 幸■鑑賞日 3月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5...

塔の上のラプンツェル

どんな艶とこしなんだとツッコみたい長い長い髪の毛ですが、本来のラプンツェルの物語とは全然違っていて、実際のところかなり脚色されています。 それでも純粋なラプンツェルは可愛いし強いし(武器はフライパン)、なにより映像がキレイ。キャッホーのあとのネガな部分とか、ちょっとしたコミカルな部分もあって面白かったですね。そういえばラプンツェルの声はしょこたんがやってたのだけど、そう違和感はなかったな。...

『塔の上のラプンツェル』('11初鑑賞36・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。

『塔の上のラプンツェル』(2010)

グリム童話を元にした、ディズニー・アニメーション・スタジオ第50作記念作品。ということで第1作『白雪姫』から『ピノキオ』、『ファンタジア』、『ダンボ』に『バンビ』、『シンデレラ』や『ふしぎの国のアリス』、『ピーター・パン』、『くまのプーさん』、『リトル・マーメイド』、『美女と野獣』、『アラジン』、『ライオン・キング』、『リロ&スティッチ』・・・と50作品の題名が列挙されていましたけれど、アレ...

塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル DVD+ブルーレイセット [Blu-ray](2011/07/20)ディズニー商品詳細を見る 【TANGLED】 制作国:アメリカ   制作年:2010年 深い森に囲まれた、出入り口のない高い塔。 そこに、魔法の長い髪を持つ、美しい少女が暮らしていた。 名前は、ラプンツェル。18年もの間、彼女は一度も塔の外に 出たことがなく、母親以外の人間に会ったこともなか...

髪長姫~『塔の上のラプンツェル』 【3D・字幕版】

 TANGLED  魔法の長い長いブロンドの髪を持つ少女ラプンツェルは、塔の上から18年間 出たことが無い。彼女を王国からさらった老女を母親と思い込まされ、幽閉され ているのだった。彼女の夢は、誕生日の夜に空に浮かび上がる、無数の「灯り」 を間近に見ること・・・。  ミュージカルでカラフルで、健全で心躍る。ラストはhappily ever after な。そう...

塔の上のラプンツェル

【TANGLED】 2011/03/12公開 アメリカ 101分監督:ネイサン・グレノ声の出演(日本語吹替版):中川翔子、畠中洋、剣幸、岡田誠、石原慎一、佐山陽規、多田野曜平、飯島肇 深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェル。ある日、お尋ね者...

塔の上のラプンツェル

TANGLED/10年/米/101分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード 製作総指揮:ジョン・ラセター 声の出演:マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン 声の出演(日本語吹替版):...

『塔の上のラプンツェル』をユナイテッドシネマ豊洲2で観て、ぐうふじき☆☆☆☆

五つ星評価で【☆☆☆☆ラプンツェルが可愛くてきゅんきゅん】 いいな、いいな。 ラプンツェル、いいな。 「綺麗」というより「可愛い」「愛嬌がある」なんである。 幼児を見 ...

『塔の上のラプンツェル』をTVで観たよ

何だか久しぶり、公開以来。3年くらい前か。 塔の中のカット、画面が暗くて テレビモニターだと何やってるのか、はっきり分からないカットが多いな。 こういうの観ると、やっ ...

先週観た映画 ~7/26

  昨日は会社のお疲れ様会があって、月曜から飲んでしまいました。 さて、また一週間! 「タイタンの戦い」Clash of the Titans/10   ハリーハウゼンの特撮映画のリメイクだと思ってたんだけど、   それは「アルゴ探検隊の大冒険」なのね。その続編映画のリメイクでした。   とにかくギリシャ神話っぽい話だよなあ…とぼんやりとは思っていたら   いやいや、ちゃん...

塔の上のラプンツェル・・・・・評価額1650円

「塔の上のラプンツェル」は、ディズニー長編アニメーションの記念すべき第50作目にして、伝統のプリンセス物としては初の3DCG作品だ。 ベースとなっているのは、グリム童話の「髪長姫」だが、髪の長い少女が塔に幽閉されている事以外、殆どオリジナルと言って良いほどに脚色されており、もちろん原作初版にある様なちょっとエッチな描写も無い。 変わって、ここで描かれるのは、庇護された世界からの自立という...

「塔の上のラプンツェル」

今日の夢、明日の夢。 童話の短篇が元ネタという。 つまりは、多くのキャラクターやエピソードはオリジナルということで、やっぱり巧いなと思う。 お相手となるフリンは盗賊として登場する。あっさり仲間を裏切って塔の上へ逃げてくるフリンは胡散臭さに満ちている。 ...

塔の上のラプンツェル 3D版

さすが、ディズニー。まとめるのがうまい!

塔の上のラプンツェル(2011)

この作品、かなり好みだなぁ、と感じてしまいました。ずっと、誘拐され、悪い魔女に塔の中に閉じ込められて育った、ラプンツェル。彼女が、初めて外界に出て、万物に感動するシーンは、まるで、「アバター」で主人公が、美しい異世界に感動するシーンのようで、ジーーン。特に、終盤、夢を語ってた男達が、本当に夢を叶えちゃう遊び心も素敵。吹き替えのしょこたんも合ってました。自立あり、ロマンスあり、冒険とアクション...

「ファンタスティック・フォー」 «  | BLOG TOP |  » 「ピッチ・パーフェクト2」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード