topimage

2017-10

「ババドック~暗闇の魔物~」 - 2015.10.24 Sat

なるほど、その方向の怖さですね。

少し前に、新宿シネマカリテでレイトショーをやっていて、ちょっと興味をもった作品。
でも、レイトショーって観ないのですよ、夜遅いから。いい子なので(それは嘘です)。
そしたら、WOWOWで放送したので見てみたよ。

お話

「゛」(濁点)と「゜」(半濁点)って小さいから、「バ」なのか「パ」なのか区別がつきにくいのだけど、原題がTHE BABADOOKだし、濁点のほうだと確認できた。
まー、どっちでもいいようなものですね。

絵本に出てきたモンスター、ババドックにおびえる男の子。
やがて、母親もその影響を…。

母親役のエシーさん、日本のタレントのYOUさんを少しふっくらさせたようなルックス。メリル・ストリープさんのようにも多少。
彼女の演技にかかった映画ですが、きちんと見せてくれます。
魔物のしわざなのか、病んでいく心のせいなのか…。
父親の死の理由も、母子関係にうまく効いている。

わんこの名前(役名じゃなくて芸名?)が Hachi となってましたね。ハチ公が由来なのかな?


記念写真?
映画のシーンじゃなくて、宣伝写真でしょうか?

(10月24日)

THE BABADOOK
2014年 オーストラリア作品
監督 ジェニファー・ケント
出演 エシー・デイヴィス、ノア・ワイズマン、バーバラ・ウェスト、ヘイリー・マケルヒニー、ダニエル・ヘンショール

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2014 Causeway Films

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは

単純な怖さと言う意味ではそれほどでもないんですけど、
これは結構精神的にくる映画でした
母親の追い詰められた張り詰めた神経が、
ひりひりするように伝わってくる作品でした
この本実際にオーストラリアで販売する(した?)そうですが
売れ行きはどうなんでしょうねー私はギミックと絵柄が結構好みだったので、欲しいんですが。

>makiさん

こんばんは。
心理的なほうに、しっかり作られていた作品でしたね。
オーストラリア映画というのも少し珍しいのかなと。
こわい絵本は、ちょっと遠慮したいなあと思います。トラとウマになりそうなので。

こんにちわ

これ、けっこう面白かったです!
じわじわ来ました☆(その割に何故か感想文書いてない・・・)
主演の女性の演技力が凄まじかったですね~。

>mia☆miaさん

こんばんは!
ありがとうございます。
魔物はどこに住んでいるのか…。おかあさんの演技はよかったですよね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2980-2cdc4edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ババドック 暗闇の魔物

【概略】 アメリアは毎夜、息子のサミュエルを寝かす際に本を読み聞かせている。ある日、サミュエルは彼女の知らない不気味な本を取り出して…。 ホラー シングルマザーと幼い息子の周囲で起き始める不気味な現象の数々。その原因は、謎の絵本にかけられた呪いか、幼い息子の心の闇か、それとも育児ノイローゼ気味の母親が抱いた妄想か…。 丁寧で繊細で不気味な映画だ。めちゃくちゃ好み!作品と...

ババドック 〜暗闇の魔物〜

THE BABADOOK 2014年 オーストラリア 94分 ホラー 劇場未公開 監督: ジェニファー・ケント 脚本: ジェニファー・ケント 出演: エシー・デイヴィス:アメリア ノア・ワイズマン:サミュエル <ストーリー> シングルマザーのアメリアは、息子のサミュエルを...

ババドック~暗闇の魔物~<未>/THE BABADOOK

「エクソシスト」の鬼才ウィリアム・フリードキン監督に 自身のツイッターで「この作品よりも怖い映画は見たことがない」と言わしめ 低予算ながら、サンダンス映画祭をはじめ各地の映画祭で評判を呼び、本国オーストラリアのアカデミー賞で作品賞受賞 2014年世界的...

「ヴィジット」 «  | BLOG TOP |  » おひさしマリリン

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード