topimage

2017-06

「17歳」 - 2015.11.01 Sun

特別な理由なんてないんだろう。

自分でもなぜなのかは、よくわからない。
自分が何なのか、というのは常に考えていて。その行為の先に何かがあるかもしれない?
方法はどうあれ、学び、考えることなのだ。
好奇心はある。トライしてみる。
そして、基本的には、それが好きだった?
親身に思ってくれる相手もいた。危険に遭うようなことになる前に終わらせてくれたのは、彼の愛情を目に見えない何かがくみとってくれたのかもしれない。

彼と

若くて可愛い、というのが原題。
ドライに演じるマリーヌ・ヴァクトさんが魅力。モデル出身、納得。
姉のセクシュアリティをちゃんと受け止めている弟もよろしい。
シャーロット・ランプリングさんは、いつもながら謎めいて存在が深くていい。

弟と

フランソワ・オゾンの映画は、どこか魅力的なのだ。

(10月31日)

JEUNE & JOLIE
2013年 フランス作品
監督 フランソワ・オゾン
出演 マリーヌ・ヴァクト、ジェラルディーヌ・ペラス、フレデリック・ピエロ、ファンタン・ラヴァ、シャーロット・ランプリング

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


浜辺で

(c) MANDARIN CINEMA-MARS FILMS-FRANCE 2. CINEMA-FOZ

ブログパーツ

● COMMENT ●

シャーロット・ランプリング、本当いつもいいですよね。
オゾンとの相性も良くて。
オゾンの描く女性像っていつも本当に素敵。
彼自身はホモセクシャルなのに、だからこそか?女性の描写も事細かくて、惚れ惚れします。
なんだか彼はここ近年で、ますます好きになりました。

>とらねこさん

ランプリングさんとオゾンは名コンビになりましたね。
「まぼろし」とか、よかったなーと思います。
オゾン監督、女性に対して性的に考えないから客観的に観察できているのかなあ、それとも、自分が女性的に考えているのか? なんて、いろいろ思いますが。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2984-ac4ae935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

17歳

17歳 '13:フランス ◆原題:JEUNE & JOLIE/YOUNG & BEAUTIFUL ◆監督:フランソワ・オゾン「スイミング・プール」「8人の女たち」 ◆主演:マリーヌ・ヴァクト、ジェラルディン・ペラス、フレデリック・ピエロ、ファンタン・ラヴァ、ヨハン・レイセン、シャー...

映画評「17歳」

☆☆☆(6点/10点満点中) 2013年フランス映画 監督フランソワ・オゾン ネタバレあり

美しい年~『17歳』

 Jeune & jolie  夏。パリに住む高校生イザベル(マリーヌ・ヴァクト)は、家族とのバカンス先 でドイツ人青年と出逢い、初体験する。秋。17歳になった彼女は年齢を偽り、 ネットで客を取る娼婦となっていた。  昨年、『危険なプロット』 を観逃してとても残念だったので、本作は勇んで鑑 賞。映画職人フランソワ・オゾンの安定した映像語りを、存分...

17歳/ JEUNE & JOLIE /YOUNG & BEAUTIFUL

フランソワ・オゾン監督最新作 17歳の少女が巻き起こすサスペンスかと思ってたら、 多感な思春期の少女の感情を綴る青春?ドラマでした 原題は「ジューヌ&ジョリー」で「若さと美貌」 去年の秋、劇場で「危険なプロット」を観たばかりだけどもう新作公開。 ...

「17歳」

「Jeune & jolie」2013 フランス イザベルにマリーヌ・ヴァクト。 シルヴィに「ふたりの五つの分かれ路/2004」「輝ける女たち/2006」「ディディーヌ/2007」のジェラルディーヌ・ペラス。 パトリックに「ずっとあなたを愛してる/2008」「サラの鍵/2010」「わたしたちの宣戦布告/2011」「タイピスト!/2012」のフレデリック・ピエロ。 ヴィクトルにファ...

まとめて(WOWOW)

「リベンジ・マッチ」2014年公開 80年代に全盛を誇ったボクサー、ヘンリー・“レーザー”・シャープとビリー・“ザ・キッド”・マクドネンは、1勝1敗で迎えた運命の第3戦を目前に、突然シャープが引退を宣言、決着は幻に終わった。 それから30年、シャープはしがない工場労働者なのに対し、マクドネンはビジネスに成功し悠々自適の日々を送っていた。 ひょんなことから世間の注目が集まり、遺恨試合...

「渇き。」 «  | BLOG TOP |  » 「武士道シックスティーン」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード