topimage

2017-04

「ラビリンス/魔王の迷宮」 - 2015.11.12 Thu

わりと子ども向けだったんだなあ。マペット(操り人形みたいなの)もそんな感じだし。

1987年に見て、また見たいなと思っていて…何年ぶり?
15~16歳のジェニファー・コネリーさんの美少女ぶり。体格も豊かっぽくて、胸が大きいよね!(どこ見てるのか!?)
デヴィッド・ボウイが歌って、マペットとのミュージック・ビデオのようにもなっていたり。

おふたり

赤ちゃんの弟をゴブリンの王様から取り戻すために、迷路などの障害を乗り越えて城に向かうジェニファー。
お供もできるし、ちょっと「オズの魔法使」を思うところも。
オープニングで、コスチュームプレイ(歴史劇)なのかと思わせておいて、あ、違った! とダマされたよ。

「ハイヨー、シルバー」という有名な掛け声を使っているのを、はじめて映画で見た気がする。
(テレビドラマの「ローン・レンジャー」で、愛馬を走らせるときのもの、らしい。)

ジム・ヘンソン作品は「ダーククリスタル」(かなり好きだった)も再見してみたい。

(11月3日)

おふたりさま

LABYRINTH
1986年 アメリカ作品
監督 ジム・ヘンソン
出演 ジェニファー・コネリー、デヴィッド・ボウイ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

思い出深い作品です

子供の頃に、何度も途中まで観てた作品です。
2009年に再見したけど、色々と可愛いですよね~。わんこも、コネリーちゃんも。
このマペットは「ネバー・エンディング・ストーリー」と同じ職人さんが作ったのかな。子供の頃の刷り込みもあって、あのキモ可愛い造形が大好きなんですよ。
「ダーククリスタル」は未見ですが、これもマペット出てますか?
いつか観てみたいです!

>宵乃さん

ありがとうございます。
何度も途中まで、ですか。そんなこともありますよね!?

「ネバーエンディング」の竜と似た感じもありますね。同じかどうか知らないですけど。
「ダーククリスタル」は、人間は出ていなかったような。すべてマペットなんでしょうかねえ。かわいいかどうかは?

サントラCDをみつけるのは 困難でした

映画自体もみましたが なんといっても このサントラCD・・・それも国内版CDをブックオフで見つけたことがうれしかったですね。輸入盤は専門店を知ってたから見つけるのは楽でしたが ”日本語対訳歌詞e-56”がなかったんですよ。むろん すでに廃盤になってますv-431

と、いうのも この「ラビリンス~」のブログ記事を書いた ブロガーさんのトコの何人かにもコメントしたんですけど ”マジでうれしかった”とつたえたんですよv-51

見つけた当時、たしか仕事の帰りに帰宅ルートにブックオフがありましたので「立ち読みして時間つぶすか」と思ったのがきっかけだったんですv-87

昔そのサントラCDがほしくて 何回も県内のブックオフやら 中古専門レコード店に足を運んでも収穫ゼロ。 「ラビリンス魔王の迷宮」のサントラCDは86年につくられ もう 四半世紀経ってますので  今度 同じサントラCDを別の機会に中古専門店やブックオフで見つけるのは もう不可能でしょう・・・

>zebraさん

そんな苦労話があったのですねー。
欲しいなと思ったCDが簡単には手に入らない、というのは私も経験があります。マリリンのとか…映画のとか…渋谷で輸入盤で買ったりもしましたね。

いまAmazonで見てみたら、本作のCD、あるみたいですよ?

後悔 先に立たず

ボーさん 返事ありがとうこざいます。
基本 映画のサウンドトラックのジャンルは の よほど インパクトを残した映画じゃない限り 残りにく音楽のジャンルですからねえ。

今も鮮明に覚えているのは ケビンベーコン主演の「クイックシルバー」のサウンドトラックのCDです。

あれは 平成12年8月12日 愛知県名古屋市内の大型店舗のブックオフでした。一階フロアにコミックや女優やモデルのグラビア雑誌や写真集 プレステやなつかしのファミコンやスーパーファミコンのゲーム機本体やカセットが 所せましとならべてあり、2階フロアに レコードやCD 中古のギターやベース ドラム ANP機材か ギッシリv-207

で、2階フロアのサウンドトラックCDが並べてあるところで「クイックシルバー」のサウンドトラックのCDを見つけたのてすが、「次来た時買えばいいか」、と見送りました。
ところが、次に来たのが同年 12月17日 店自体がもぬけのカラでしたv-292

その店は 勤めていた店員さんが「今年の5月に できたばかりの新店舗ですよ」と言ってたのに、約半年で潰れましたv-406
「後悔 先に立たず」・・・はじめに来た時 買っておけば、と

こういう失敗してますので ほしいと思ったCDは すぐ買うようにしてます。

>zebraさん

その映画はタイトルすら知りません…。
半年でつぶれるとは、早すぎ! びっくりですね。
いつでも買える保証のないものは、とにかく入手しておくのがいいのかもしれないですね。
私はビートルズの新作ブルーレイを見てみたいけど、何度も見ないだろうなあと思うと、買っていません。限定版とは言ってますが。

おはようございます。

懐かしいですね。
久しぶりに観たいです。結構音楽が随所に入ってて好きな曲もありました。今思い起こせば…ひょっとしてミュージカルでした?(^o^)
マペットもよく動いていたような、ちょっと頭や目が取れたりしてダークな感じでしたね。(^^;

しかし…ストーリーを全然覚えていない!(-o-)

「ダーククリスタル」!!
いいですよねぇ、これぞファンタジーというべき作品だと思います。
私も大好きです。↓以前のレビューありました
http://movie-dic.seesaa.net/article/240117105.html

>白くじらさん

おはようございます。
数曲ありましたから、ミュージカルといってもいいのでしょうね。
犬の騎士が、馬じゃなくて犬に乗っているあたりとか、好きでした。

魔王が、だまし絵のような空間を、逆さまになって歩いていたりするシーンは、ああ、そうだった!と思いながら見ました。
「ダーククリスタル」はレンタルすればあるのかな?とは思いますが…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2991-69c0d684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ラビリンス 魔王の迷宮」観ました

わんこ・おん・ざ・わんこ 製作:アメリカ’86 原題:LABYRINTH 監督:ジム・ヘンソン、ピーター・マクドナルド、ジミー・デイヴィス ジャンル:★ファンタジー/アドベンチャー幼い弟トビーの子守を任され、泣き止まないのに腹を立てたサラ。つい愛読書のおまじないを叫ぶと、なんと本当に魔王ジャレスが弟をさらってしまうのだった。13時間以内に迷宮を抜け城まで来なければ、弟をゴブリンに...

ラビリンス 魔王の迷宮

【概略】 おとぎ話が大好きな少女サラは、泣き止まない幼い弟に腹を立て、愛読書“ラビリンス"に出てくる呪文を唱えてしまう。その瞬間、魔王ジャレスが本当に現れ、彼女の希望通り弟を連れ去ってしまう。慌てたサラは弟を取り戻す為、迷路を抜けてゴブリン・シティの城へ向かうが…。 ファンタジー めちゃくちゃ大好きな作品です。一種のトラウマ。幼少期から見てるので、ものすっごい好き...

『ラビリンス/魔王の迷宮』(1986)

多感な少女サラは、父と継母、それに幼い弟トビーと暮らす夢見がちな少女。しかし二人が出かける度にトビーの子守をさせられるのにうんざりしていた。今夜も一向に泣き止まないトビーにイライラしたサラは思わず、「今すぐ弟をどこかへ連れ去って」と空想の世界の魔王に頼んでしまう。するとゴブリンの魔王ジャレスが本当に現れ、トビーを自分の城へと連れ去ってしまう。驚き、必死に弟を返してと懇願するサラに対し、13時...

「ミュータント・タートルズ」 «  | BLOG TOP |  » 小泉今日子さんトークショー

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード