topimage

2017-10

「小泉今日子書評集」 小泉今日子 - 2015.11.17 Tue

小泉今日子書評集、とは、また、なんと直球な。


しかし、受けて立つ(?)、その中身は負けてはいない。

「書評」というと、偉そうに批評するイメージがあるが、小泉さんのものはそうではない。
読書感想文というのか、本の内容から喚起されて、まず自分が何を思うのか、自分のこと、自分の周囲のことに思いをめぐらせていくことが多い。

本の帯には自ら「読み返すとその時々の悩みや不安や関心を露呈してしまっているようで少し恥ずかしい」と書いている。
この本についてのトークショーでは、書くにあたって、自分が小泉今日子であることを利用することを多少は意識した、みたいな話もあった。
つまりは、なぜ自分が書評を書くのに選ばれたのかを考えると、評論家や教授が本を客観的に批評するようなことを期待されているのではないだろう、小泉今日子という人間がその本をどう感じるのか、それに小泉今日子という人間についても少し知りたいなあ、と読者は思っている、とわかったうえで書いていたのだろうと思うのだ。

カバー

私自身は読売新聞をとっていなかったこともあり、時々どこかで記事を目にしただけだったが、まとめて本にしてくれて、ありがたい。
10年も続いていたとは改めて驚く。10年で97本の書評。
書評それぞれに、自分自身の今現在のコメントがついているのがいい。過去に書いたことを読んでみて、何を思うのか。それがあるとないとでは、読む楽しさが大違い。
巻末インタビューも興味深かった。読書委員みんなで話し合っているんだ~、みんなで飲みに行ってたんだ~、などと初めて知った。

装丁はシンプルで綺麗。
白くて薄いカバーから、表紙に印刷されている本のイラストが透けて見える。(これはトークショーで、小泉さんがうれしそうに言っていました。)
取り上げたほとんどが日本の作家の本。いくつかは、これから自分も読んでみたい、かもしれない。

(11月5日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

ボーさん、最近の読書記録は毎月まとめて書いていたけど、さすがにキョンキョンのは単独で書くんだなあ。

あたボーよ!(シャレか!?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/2993-8119cf78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マリリン in クレア・トラベラー2015秋号 «  | BLOG TOP |  » 「ミュータント・タートルズ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード