topimage

2017-09

読書記録(2015年11月) - 2015.12.06 Sun

11月の読書記録。

「小泉今日子書評集」 小泉今日子
「小泉今日子はなぜいつも旬なのか」 助川幸逸郎
については、それぞれ1本の記事にしてある。あと、1冊…

カバー
「おそろし 三島屋変調百物語事始」 宮部 みゆき
袋物屋を営む叔父夫婦の元で暮らす、17歳の娘おちか。客のふしぎ話を聞く相手をつとめることが、自分の過去のつらさへのリハビリのようにもなっていく。宮部さんの時代ものには「思いやり」のあたたかさがあって好きです。この1冊では5話。百物語にするには、この先が途方もないけれど、どうするのだろう。
去年の夏、NHKで波瑠さん主演で放送していたのか! 見てみたかったな。(11月28日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

宮部さんも最近は....

>去年の夏、NHKで波瑠さん主演
 このドラマ観ましたよ。波瑠さんは割と役にあっていた感じはしました。ただ肝心のストーリーが、明らかに他人の作品からの剽窃、つまりはパクリなのがあきらかでがっかりしました。
まず「凶宅」。これは観ていてすぐ、キングの「シャイニング」を連想しましたね。宮部さんのキング好きなのは有名ですし。それと「邪恋」ですか。孤児を父親が拾ってきて他の兄弟と育てる。これもすぐ「嵐が丘」が元ネタだと気づきます。それに「松の木の根元にひっかかっていた」という孤児の表現は、松本清張さんの「鬼畜」と全く同じです(笑)宮部さんは清張さんも尊敬していて、アンソロジーを編んでいるくらいですから。

もうひとつ、NHKでやっていた「ぼんくら」も観たんですよ。よくわからないストーリー展開で、結局最後は作者は何を言いたかったのか分かりませんでした。その中である女性が失踪して、長屋の中のある家の床下に埋められているんじゃないかと疑われて、掘り返したが結局死体は出てこないという部分がありました。これ、後から気づきましたが、清張さんの「犯罪広告」にそっくりなんですよ。呆れました(笑)そして「死んだはずだと思われた人が、息を吹き返す」という表現もありましたが、これは同じく清張さんの「わるいやつら」そっくりなんです。ですから今年の「ぼんくら2」はパスしました。

昔の宮部さんの「幻色江戸ごよみ」や「本所深川ふしぎ草紙」「かまいたち」「堪忍箱」等の頃の宮部さんとは別人の観があります。これらもドラマ化されましたが、残念ながらDVD化されていません。私は昔録画したビデオをDVD化しただけです。

>又左衛門さん

何かに似ているかどうかは思い至りませんでしたが、そうでしたか。
原作のほうで覚えているのは、孤児を見つけたのは旅の客だったかと思います。それで捜索が出て発見していました。引き取るのはそのとおりです。

大まかに似ているくらいなら、かまわないと思いますが、細かく似ているとなると、どうなのかな? ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3003-a40ddbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」 «  | BLOG TOP |  » 「小泉今日子はなぜいつも旬なのか」 助川幸逸郎

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード