topimage

2017-03

「黄金のアデーレ 名画の帰還」 - 2015.12.09 Wed

よかった~!

語り口のうまさ、丁寧さ、演技、感動、素晴らしい。
…と、ツイートしたね。

訴えるほう

最近、大ざっぱな脚本のもの(ツッコミどころが多いもの)を多く見ていたのか、納得のいく言動、物語を描いてくれると、感心してしまうのであった。
「マリリン 7日間の恋」の監督さんは、やはり、しっかりとした映画をつくるんだなあと、確認できた。
マリリン・ファンだから、ひいきをしているわけではない。公正に見ていますよ!

「マリリン 7日間の恋」では、若い男性がマリリンに関わっていった。
本作でも、ひとりの女性が絵を取り戻すための手伝いに関わるのは、同じように、やさしげな若い男であって、偶然だろうけれど、なんだか構造的に似てるじゃない!? と思ったものだ。

故郷の地オーストリアという国家から、絵を取り返そうとしたマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)。彼女はアメリカに暮らす。
ナチス・ドイツの嫌な思い出があるから、絵を取り戻す交渉のためでも、オーストリアには行きたくない。
それでも、逃げずに過去と向き合うことが必要なときもある…。
その勇気。

正しくないことを許したまま、大きな権力に負けたままでいいのか。
若き弁護士と、依頼主のふたりの戦いは続けられた。

絵のモデル

偉そうにしているヤツに負けないぞ! っていうのは応援に力が入るよね!
ヘレン・ミレンさんと、ライアン・レイノルズのコンビ、よかったなー。オーストリアで味方になってくれる男、見たことあるなあと思ったら、「ラッシュ/プライドと友情」でのニキ・ラウダ役の方ですね。

マリアの若い頃を演じたタチアナ・マズラニーさんも、とても綺麗な方で、アデーレ役のアンチュ・トラウェさんともども、品と美しさで、映画自体をランクアップしてくれた。家族を演じる俳優たちの顔つきが、わりと似通っているのも、ちゃんとしている。

正直に告白しますと、嗚咽しそうなくらいに感情が乗りました。
以下は、ネタばれになっていきますが…

両親との別れや、最後の家族との再会の夢想なんて、パーフェクトな(感動の、いや、泣かせの)演出。完璧!

オーストリアが絵画保有権闘争に負けたあと、手のひらを返したように、美術館側は「絵をオーストリアに置いてくれんじゃろけんのう?」とマリアに打診するが、争いに何年もかかったあげく、今まで妥協案もあっただろうに聞く耳もたず、今さら、そんなこと言うなんて、いい気なもので、ただ、絵を取られたくないだけのことと思われてもしかたがない。
親身になって他人のことを考えない奴ら、嫌いな奴らに、絵を任せておくことはできないのである。

(12月5日 イオンシネマ 板橋)

若き日

WOMAN IN GOLD
2015年 イギリス作品
監督 サイモン・カーティス
出演 ヘレン・ミレン、タチアナ・マズラニー、ライアン・レイノルズ、アンチュ・トラウェ、ケイティ・ホームズ

参考:黄金のアデーレ 名画の帰還@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆☆(4点。満点は5点)


(c) THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015

ブログパーツ

● COMMENT ●

タイトルは「黄金のアデーレ」だけでいいと思う。長くて、めんどくさい。

説明的な副題がつくことが多すぎるよな。

原題は

Woman in Gold ですね(黄金の女?)。ぼくは『名画の帰還』でもいいのでは?と思いました。配給会社ギャガ(GAGA)の広報が考えたんでしょうが、どちらの単語も捨てきれなかったのでしょっ(推測ですが)。

>officeroaderさん

いっそのこと、まぜて、「名画のアデーレ 黄金の帰還」にすればいいかなと思います。当たらずとも遠からじ。

こんばんは

とても良い作品でしたね。
戦争の犠牲は人間だけじゃなくて名画にもいろんなドラマがあるものなんですね。
ヘレン・ミレンの演技は素晴らしかったです。
女性陣はみなさんきれいでしたね。

>yukarinさん

おはようございます。
絵も価値があるから略奪されちゃうわけですね。
ヘレンさんは、もう、なにを演じても余裕の貫録です。
若いころのパート担当のタチアナさんもよかったですね~。

ああ、こんな素晴らしい映画なのに「黄金のおでん霊」だったら怖いな、とか馬鹿な事をいの一番に考えてしまう。アメリカの美術館で金色のおでん霊が人知れず名画を守っていたら、それはそれでいい話のような気もするけど。

>ふじき78さん

黄金のつゆで仕込まれた、極上おでんが妄想されますねー。
と言いながら、コンビニおでんは食べたことがないという私です。
霊となると、新作も来るゴーストバスターズ出動の予感が。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3005-831922a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ 名画の帰還@よみうりホール

黄金のアデーレ 名画の帰還 (東京国際映画祭にて)

あの日オーストリアで 公式サイト http://golden.gaga.ne.jp11月27日公開 実話の映画化 監督: サイモン・カーティス  「マリリン 7日間の恋」 1998年、カリフォルニアで

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (公式)を昨日の「映画の日」に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー アメリカ・ロサンゼルス在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、ブティックを営みながら暮らす未亡人。彼女は、グスタフ・クリムトが描いた黄金に輝...

黄金のアデーレ 名画の帰還

 『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、オーストリアの画家・クリムトが、絵(注3)を制作しているシ...

黄金のアデーレ 名画の帰還

★ネタバレ注意★  サイモン・カーティス監督作品、製作国はアメリカとイギリスがクレジットされています。原題は"WOMAN IN GOLD"。  クリムトの描いた「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ(WOMAN IN GOLD)」は、オーストリアのモナリザと称される国民的財産。しかしその絵画は、第二次世界大戦下、ナチスの手により本来の持ち主から略奪されたものだった。1998年...

黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold

画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も、この様な裁判が行われていたことも全く知りませんでした...

黄金のアデーレ 名画の帰還

評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑)

『黄金のアデーレ 名画の帰還』

1998年、ロサンゼルス。マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、小さなブティックを切り盛りしながら、夫亡きあとも一人で溌剌と暮らしていた。そんなある日、ユダヤ人として波乱の人生を共にした姉のルイーゼが亡くなり、彼女が故郷のオーストリア政府にナチスに没収され...

「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント

ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。

黄金のアデーレ 名画の帰還

1998年。 アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉ルイーゼが、オーストリア政府に対し、グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。 マリア姉妹の伯母であるアデーレの肖像画は、第二次世界大戦中にナチスに略奪されたものだった。 姉の思いを受け継ぐことを決めたマリアは、新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り...

黄金のアデーレ  名画の帰還 Woman in Gold

クリムトの絵は金箔に彩られ妖しく、セクシーでゴージャスです。     まずは「接吻」   アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? 本作は真ん中の「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?」を巡る物語。 個人所有の絵画がナチスに...

黄金のアデーレ 名画の帰還

【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー、マックス・アイアンズ クリムトが描いた、一枚の肖像画。 幸...

過去と正義~『黄金のアデーレ 名画の帰還』

 WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪された画の 返還を求めていたことを知る。それはマリアの実家が所有していた、クリム トが彼女の伯母アデーレを描いた肖像画。姉の遺志を継ごうと、マリアは 駆け出しの弁護士ランディ(ライアン・レイ...

『黄金のアデーレ』『ミケランジェロ・プロジェクト』をギンレイホールで観て、似た題材なのに響いたり響かなかったりふじき★★★★,★★

◆『黄金のアデーレ』 五つ星評価で【★★★★ヘレン・ミレンを筆頭とする3人のマリアが素晴らしい】 ヘレン・ミレン演じる老境のマリアの人と柄が分かるような演技が素晴らしい ...

黄金のアデーレ 名画の帰還

JUGEMテーマ:洋画 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 原題:Woman in Gold 監督:サイモン・カーティス 2015年 アメリカ=イギリス映画 109分 キャスト:ヘレン・ミレン ライアン・レイノルズ ダニエル・ブリュール ケイティ・ホームズ タチアナ・マズラニ ロサンゼルス在住のマリアは、かつてオーストリア で家族と共に裕福に暮らしていた。居...

映画評「黄金のアデーレ 名画の帰還」

☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年イギリス映画 監督サイモン・カーティス ネタバレあり

「美女と野獣」 «  | BLOG TOP |  » 「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード