topimage

2017-10

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」(3回目) - 2015.12.20 Sun

「アナキン編」(私にとっては「パドメ編」)のラスト。

過去記事もあるので、タイトルに(3回目)とつけて区別しておく。
初めて観たときは、パドメの扱い方に文句を言った。2005年の公開当時のブログ記事は、こちらこちら

パドメ

クローン大戦。誘拐されたパルパティーン最高議長(イアン・マクダーミド)を奪還するオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)。
パドメ(ナタリー・ポートマン)はアナキンの子を宿すが、アナキンは彼女が出産で命を落とす夢を見る。
パルパティーンはアナキンを自分の味方につけようと言葉巧みに誘う。
戦いが続くなか、シスの暗黒卿の指令により、共和国軍の兵士たちクローン・トルーパーはジェダイを抹殺しはじめる。アナキンもダークサイドの誘惑に…。

以下、箇条書きで。
◇R2-D2、武器をいっぱいもっていて、強いぞ!
◇ほぼ機械でできているグリーヴァス将軍の活躍。敵だけど。
◇C-3POは、パドメに仕えている。
◇パルパティーンの悪だくみが明らかに。
◇不意を突かれるにしても、けっこう弱い気がするジェダイ。
◇チューバッカ登場。ヨーダの脱出を助ける。
◇オビ=ワンVSアナキン! ヨーダVSダース・シディアス!
◇パドメは双子を産むが、生まれたとたんに名前をつける。絶対これだと決めていた名前なのか!
◇アナキンがダース・ベイダーの外見に!
◇新たな状況を前に、C-3POはこれまでの記憶を消されてしまう。

アミダラ

時間が経って少しは思いが薄れたけれど、やはり悲しい。でも、「エピソード4」につなげるための大団円でもあり、ああ、こうなるんだね、という感慨はある。

(12月6日)

関連記事:
「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」
「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」
「スター・ウォーズ」
「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」
「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」

STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH
2005年 アメリカ作品
監督 ジョージ・ルーカス
出演 ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、サミュエル・L・ジャクソン

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Lucasfilm Ltd.&TM. All rights reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

パドメ編って。

画像みればボーさんの思いがわかる。

「パドメ編」になるほどです(笑)
私もちっともこの3作のアナキンには共感できないし、納得できないし…で、ナタリー・ポートマンの美しさに救われてた感が。
パドメ写真集、お疲れさまでしたv

>まおさん

ダークサイドにおちるジェダイの騎士、という役割が、はじめから決まっているから、そこから、どうストーリーをつくるか、だったのでしょうが、あんまり魅力がなかったですよね。パドメがかわいそうで、代わりに私が夫になればよかったです。(え?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3009-4bb5b4a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『スター・ウォーズ/エピソード3~シスの復讐~』

<プリークエル・トリロジー>の中では比較的評価の高い「エピソード3」。アナキンの変心の件とか、パドメの死(ルークとレイアの回想と矛盾する!)とか、色々と残念に思う場面もあるものの、自分的にも概ね高評価ですね。シリーズの中では「エピソード4」がマイベストなんですが、その次に来るのがこの「エピソード3」。特に序盤のオビ=ワンとアナキンのやり取りは最高。この時の二人は最強のコンビでしょう。この時の...

「スター・ウォーズ」 «  | BLOG TOP |  » 「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード