topimage

2017-08

「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」 - 2015.12.23 Wed

旧3部作(「エピソード4~6」)のなかでも、いちばん好きだという人も多い作品。

「エピソード1~3」が公開されたあとには、整合性をつけるために「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」というタイトルにもなった。

トーントーン

帝国軍は、氷の惑星ホスに反乱軍の基地を発見し、戦闘が始まる。
その後、ヨーダに学べ、とベン・ケノービ(アレック・ギネス)に言われていたルーク(マーク・ハミル)は惑星ダゴバへ、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)は借金の返済にと、それぞれ出発。
ソロは帝国軍に追われて、旧知のランド・カルリシアン(ビリー・ディー・ウィリアムズ)を頼るが、ダース・ベイダーの手に落ち、凍結させられてしまう。ルークは修行を中断して救出に。
ベイダーと対決したルークは、驚くべき事実を知らされる。ランドとチューイ(=チューバッカ)も、ミレニアム・ファルコン号でハン・ソロのもとに向かう。

以下、箇条書きで。
◇1作目の続きからだから、はじめから物語がどんどん動く。
◇氷の惑星で乗用にしているトーントーンとか、帝国軍の兵器AT-AT(スノーウォーカー)とか、ビジュアル的にも面白いし、動きがぎこちないのが逆に良い。
◇ユニークなキャラクターのヨーダの登場も、ポイントが高いのでは。
◇監督は、ルーカスから交代してアーヴィン・カーシュナー。旧3部作は、すべて監督が違う。
◇お決まりのセリフ「悪い予感がする」と言うのは、レイア(キャリー・フィッシャー)。
◇レイアが好きなのは、どうやら…のようだ。(ヨーダではないぞ。)
◇完全に物語の途中で終わる映画、というのは当時は珍しかったのでは?

ヨーダ

公開当時、3回続けて観た(その頃は、1回見終わった客を追いだして観客を入れ替える、というケチくさいことはしていなかった)くらいだから、相当おもしろく感じていたはず。
いま見ると、そこまでではないのは、その後に見た多くのスペース・ファンタジー映画で、こうした映画に慣れてしまったこともあるだろう。純粋さを取り戻したい…(笑)

(12月13日)

関連記事:
「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」
「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」
「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」
「スター・ウォーズ」
「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」

THE EMPIRE STRIKES BACK
1980年 アメリカ作品
監督 アーヴィン・カーシュナー
出演 マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムズ、ピーター・メイヒュー

スノーウォーカー

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

3回続けて観た、って、6時間以上だぞ!

よっぽど、ヒマ…いや、おもしろかったということさ!

こんばんは。

これはなかなか盛り沢山の話になってましたね。

スノーウォーカーはお気に入りのマシーンですが、やっぱりとんでもなく不安定な乗り物じゃないかと。(^^;でも、そこがいいのダ!

とんでもない状況で次へ続くという、なんともはや。
これは次も観ないとダメじゃん状態でした。(@@)

>白くじらさん

こんにちは。
不安定ですよね! こんな、でかい体なのに、長い脚つけて!
倒してくださいませ!と言わんばかりの造りじゃないですか。

途中で終わるんですけど、すごく面白いという評価を得たのはすごい。このあと3年待ったんですからねえ~。

ジャポニズム

これは旧3部作の中で、やはり一番好きな作品です。
残念ながら、リアルタイムで映画館ではいずれも観ていません。LDで出たころ、当時私はAVアンプ関連の仕事をしていまして、ドルビーサラウンドのデモ用として、この「氷の惑星ホス」での戦闘シーンを何回も観ました。この亀と象を合体させたような造形がなんといっても魅力です。恐らく一コマ一コマずつ、コマ撮りしたものを繋げたのではないかと思いますが、物凄くユニークな兵器ですよね。

LD(旧3部作)は都合3回買いました。1回目は通常版のドルサラ。2回目はTHX版のボックス。3回目はドルビー・デジタルのボックスですが、これらはもう「用なし」(笑)です。特にドルビー・デジタルのは表紙がダース・ベイダーのマスクになっており、捨てる気になりません。DVDやBDは箱がちゃっちいし、解説もおざなりだから愛着が湧きませんね。

この「帝国の逆襲」では、ヨーダ登場シーンも好きですね。ヨーダがフォースを使って沼地のファルコン号でしたっけ、宇宙船が浮き上がる場面。前作ではホログラムの場面が印象的でした。

いずれの旧作もエピソード1-3も「日本の影響」が顕著ですよね。マーク・ハミルの「柔道着みたいな衣装」といい、そもそもC3POといいR2D2は「隠し砦の三悪人」からだし、ナタリー・ポートマンの髪形は「芸者」みたいだし、「歌舞伎の隈取」みたいなメイクは、どうみてもジャポニズムと呼ぶしかありません。

>又左衛門さん

音の関係のお仕事ですね。
氷の国の戦闘は、私もかなり印象深いです。
そうですね、コマ撮り的な動き方かもしれません。
カメとゾウ、言われてみれば。笑

LDとかLPとか、大きい盤は写真も大きいですから、いいですね。保管は場所を取るし、今は再生にはハード面で困ります。

ファルコンはハン・ソロの船なので、ルークが乗ったのは反乱軍の一機だと思います。ヨーダ、フォースで持ち上げてましたね。
オビ=ワン役で三船敏郎という話もあったとかで、そうなったら、なお日本風でした。

ヨーダと言えば....

昔の「宮澤喜一」元総理を思い出すんですけど....(笑)
特に目の当たりが。BJさんはいかが?
「似てる、似てない」サイトでは、77.7%の高い率でしたよ。

>又左衛門さん

宮澤さん、そう言われていましたね。
私もけっこう似た感じあると思います。
多数派ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3011-63a0d1e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー

【概略】 「スターウォーズ」シリーズの3部作『~エピソードIV/新たなる希望』『~エピソードV/帝国の逆襲』『~エピソードVI/ジェダイの帰還』を収録。壮絶な戦いに巻き込まれた青年・ルークの成長を描く。 SF 初期の3部作です。 やっぱりこのパッケージ画像にもなってるダース・ベイダーがかっこよかった。でも今見ると、なんともちゃちい仮面だなって思う。頭が大きすぎてバランスが...

「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」 «  | BLOG TOP |  » 「スター・ウォーズ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード