topimage

2017-11

「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」 - 2015.12.24 Thu

若きルークたちの3部作の締め。

はじめは「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」という題だったが、あとになって「復讐」ではなく「帰還」に変わった。
原題はRETURNの文字を使っているから、それでいいでしょう、ということで我が家での表記も「帰還」にする。
「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」でもある。

運命の

瞬間冷凍されたハン・ソロ(ハリソン・フォード)は、ジャバ・ザ・ハットの手に渡っていた。なんとかして助けようとするルーク(マーク・ハミル)たちの活躍。
ヨーダは、もうひとりのスカイウォーカーがいる、とルークに告げて消え去る。
帝国軍は新しいデス・スターを建設中。反乱軍はシールド発生機を破壊したうえでデス・スターを攻撃することに。ルークらは発生機のある惑星エンドアに向かう。

以下、箇条書きで。
◇「エピソード3」と同じく、完結編は感慨深い。
◇ジャバの好み(?)で露出度の高い衣装になったレイア姫。ちょっとうれしい。
◇ヨーダ、900年も生きていたみたいだけど、ジェダイ・マスターはそのくらいが寿命なのか。
◇デス・スターのシールド発生機がある星に住むのが、ちっこいクマみたいなイウォーク族。C-3POを神と思いこむ。(金ピカだからか?)
◇お決まりのセリフ「やな予感がするぜ」というのは、ハン・ソロ。
◇ルークはレイアに自分たちの関係について話す。レイアがあんまりびっくりしないのは、うすうす分かっていたからだろう。
◇ルークとダース・ベイダーの最終対決。悪い皇帝もいるぞ。

露出

新作の「エピソード7」は、約30年後が舞台となる。
「ジェダイの帰還」が1983年だから、実際にも32年経過しているわけで、ルークたちの年齢の積み重ねと、演じる俳優の年齢の積み重ねの現実とを合わせているから、設定には無理がない。
さあ、どうなる!?(って、新作、もう観ましたけどね。それは、この次に。)

(12月13日)

関連記事:
「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」
「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」
「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」
「スター・ウォーズ」
「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」

RETURN OF THE JEDI
1983年 アメリカ作品
監督 リチャード・マーカンド
出演 マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムズ、イアン・マクダーミド

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


どこ行く

(c) Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは。

完結篇はやっぱりいろいろな謎もわかり、ラストは感動しますね。

確かこの後、イウォークたちのスピンオフみたいな感じで「イウォーク・アドベンチャー」「エンドア/魔空の妖精」がありましたね。本編に比べると流石にレベルダウンしていたように記憶してますけど、同じ世界観だったのは嬉しかったかな。小鳥頭過ぎて内容がさっぱりです。(^^;

この4~6は当時LDを購入しましたが高かったです。(T T)

こんにちわ

『ジェダイの復讐』の方がなじみのあるタイトルです。
劇場公開されたとき見に行ったのですが、森の中をバイクで走り抜けるシーンはスピーディー過ぎて目がついてかなかったことを覚えています。
そして、ジャバのあの気持ち悪さ。
でも好きなキャラなので後にジャバの水鉄砲を買いました(めちゃリアルなんです。口から水が飛び出すのです)

いよいよ次回は新作のレビューですね☆
ワタシも今年中に観に行けそうなので、感想UPしたら又お話しに伺わせていただきますね♪

>白くじらさん

こんばんは。
感慨深い、とか書いておきながら、好き度は、前の2作より低いとは、これいかに? なんですけど。
イウォークのスピンオフは、見たことないんです。興味ないから(バッサリ)。
本作は、この種族の印象が強くて、観た当時は、ちょっと子どもっぽい気もしたのでした。

>mia☆miaさん

こんばんは。
いつのまに「帰還」になった!? って感じですねー。
はい、あれはスピード感がありました。当時としては、かなりすごかった、はずですよね。
ジャバの水鉄砲(笑)! 水を吹いている図を想像すると笑えます!

私はすでに2回観て(2D字幕、2D吹替)、年内に3D IMAXも予定しちゃってます!

そうそう、そういえば「復讐」でした!
今回、私が観た時はラストの死んだジェダイ騎士達の顔がアレック・ギネスからヘイデン・クリステンセンに変わっていたのが、何だか感慨深かったです。

>まおさん

「復讐」って、お客に興味をもたれるタイトルなので使いがち。
ん? ギネス氏はオビ=ワンで、ヘイデンくんはアナキンですよね。その2人が並んでいたような気がしないでもないです。あと、ヨーダ。
でも、アナキンの若い頃を演じた役者に変える必要はないのでは?と思いました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3012-972d7209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー

【概略】 「スターウォーズ」シリーズの3部作『~エピソードIV/新たなる希望』『~エピソードV/帝国の逆襲』『~エピソードVI/ジェダイの帰還』を収録。壮絶な戦いに巻き込まれた青年・ルークの成長を描く。 SF 初期の3部作です。 やっぱりこのパッケージ画像にもなってるダース・ベイダーがかっこよかった。でも今見ると、なんともちゃちい仮面だなって思う。頭が大きすぎてバランスが...

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(1回目) «  | BLOG TOP |  » 「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード