topimage

2017-11

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 - 2016.01.07 Thu

コンピューターの元祖(?)ですかー。

ドイツ軍の暗号を解読するためのチーム。てことは、コンピューターは戦争があって、開発の途についたことになるのか?

チュー

解読したあとの苦悩に、あっと気づいて驚いた。
これはキツイ。

50年以上も極秘だった!?
こういう歴史があったのを知ることができたのは収穫。

長い副題は要らない。相変わらずですが主張しておきます。
そこまで、ごていねいに説明されると、こちらが頭を使わずバカになる。
エニグマという言葉の響きが嫌い。

(12月23日)

THE IMITATION GAME
2014年 イギリス・アメリカ作品
監督 モルテン・ティルドゥム
出演 ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、アレン・リーチ、マシュー・ビアード

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2014 BBP IMITATION, LLC

ブログパーツ

● COMMENT ●

「イミテーション・ゲーム」という題名がお澄ましな感じ。
「エニグマと数学者」とかで良かったんじゃないですかね?

>ふじき78さん

そうですね!
この際、「エニ学者」でもよかったかも。

本当~!

戦争によって大きく文明が開かれていくっていうのが
凄く複雑な、でも、実感を伴って感じられますよね~。
終わってからの方が泣くたくなる作品でした・・・。

>kiraさん

戦争に際しての発明って、ほかにもあるようですよね。
でも、違うきっかけで、できたらいいのになと。
好き度は普通にしましたが、多くの方が気に入っているほどではありません…。(むしろ逆)

あけおめです

すっかり遅れてしまいましたが、今年もどうぞ宜しくお願いします。

べネさまも良かったけど、キーラもなかなか良かった。
「はじまりのうた」での柔らかな歌声も心地良かったです♪

>オリーブリーさん

今年もよろしくお願いします。
女性陣にはカンババッチイさんで受けたりするのでしょうが、私には好き度フツーから上には行かない映画でした…。
「はじまりのうた」は見逃がしたままで、そのうち見たいものです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3016-9bf41909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密@シネマート六本木

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

【概略】 ドイツ軍の暗号“エニグマ"の解読任務に就いたチューリング。仲間と共に見事解読を果たすが…。 サスペンス 第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号。世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは…!? ...

『イミテーション・ゲーム』をトーホーシネマス渋谷6で観て、しとしと泣くよふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★鬼じゃないから、そりゃあ泣くよ】   ベネディクト・カンバーバッチは腕力のない頑固者が何てピッタリなんだろう。 物語の核はエニグマの暗号の謎の ...

【cinema】『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学の秘密』

'15.03.14 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』鑑賞@みゆき座 これは見たかった! 試写会応募しまくったけどハズレそもそも回数もあんまりなかったような? 公開翌日TOHOシネマズの日に見に行ってきたー♬ ネタバレありです! 結末...

イミテーション・ゲーム

 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)が2014年のアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということから(注2)、映画館に行ってみました。  映画の冒頭では、「1951年 英国 マンチェスター」...

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密/ベネディクト・カンバーバッチ

第二次世界大戦時にドイツ軍の誇る暗号機エニグマによる暗号解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたというイギリスの数学者アラン・チューリングを描いたヒューマンドラマ。先 ...

暗号解読/不遇の偉人~『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

 THE IMITATION GAME  1939年、第二次大戦中の英国。ナチスドイツの暗号機 「エニグマ」 を解読 すべく、MI6は国中から精鋭を集める。そこには天才数学者にして、後のコンピ ュータの原型を創ったアラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)もいた。 彼はガリレオやニュートンにも引けを取らない頭脳を持っていたが、ある秘密を 抱えて...

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 ★★★.5

第二次大戦時にドイツ軍が誇る史上最高の暗号機“エニグマ”の解読に挑み、連合軍の勝利とコンピュータの発明に貢献した実在の天才数学者アラン・チューリングの時代に翻弄された過酷な人生を映画化した感動の伝記ドラマ。天才でありながら社会性に乏しく、周囲から孤立して...

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

天才の悲劇 公式サイト http://imitationgame.gaga.ne.jp 実話に基づいた映画 原作: エニグマ アラン・チューリング伝 (アンドルー・ホッジス著/勁草書房) 1952年、

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

挑むのは、世界最強の暗号――。 英国政府が50年以上隠し続けた、天才アラン・チューリングの真実の物語。 原作 THE IMITATION GAME 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 115分 原作 アンドリュー・ホッジェズ 脚本 グレアム・ムーア 監督 モルテン・ティルドゥム 出演 ベ...

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

第2次世界大戦下の1939年イギリス。 若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は、史上最高のドイツ軍の暗号機“エニグマ”を解読するチームの一員となる。 高慢で不器用なチューリングは、奇妙なマシンを作り始め、仲間と次第に孤立を深めていくが、クロスワードパズルの天才ジョーン・クラーク(キーラ・ナイトレイ)がチューリングの良き理解者となり、周囲との溝を埋めていく...

「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」☆リアルゲーム

飄々とした表情の演技の多いカンバーバッチ。 この飄々とした中に、これだけの違いを出せる俳優が他にいるかしら?

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

2015/03/13公開 イギリス/アメリカ 115分 監督:モルテン・ティルドゥム出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ロリー・キニア、アレン・リーチ、マシュー・ビアード、チャールズ・ダンス、マーク・ストロング 挑むのは、世界最...

プロフェッサー・ストレンジ モルテン・ティルドゥム 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

まだアカデミー関連作品の話をしてます… 地方は流れてくるのが遅いんです… 今回は

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密・・・・・評価額1750円

彼が本当に作りたかったモノとは。 第二次世界大戦下、解読する事は不可能と考えられていたドイツ軍の暗号マシン、エニグマの謎に挑んだ英国の天才数学者、アラン・チューリングを描く歴史ドラマ。 何百万もの兵士たちが、血と硝煙に塗れて戦いに明け暮れていた頃、実は世界の運命は人類を超える能力を持った、たった一人の男によって握られていた。 今日では、コンピューターの誕生に、重要な足跡を残した男と...

映画評「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年イギリス=アメリカ合作映画 監督モルテン・ティルドゥム ネタバレあり

読書記録(2015年12月) «  | BLOG TOP |  » 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード