topimage

2017-03

「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」 - 2016.01.23 Sat

カマキリには笑ったー。

WOWOWで特集したダリオ・アルジェント監督作品を何作か見てきたあとで、これを書いているが、このB級感というのかチープさというのかユルさというのかを監督の持ち味として捉えると、出来を評価するというより、それこそ「好き度」で測るしかないのではないか。

がぶ

美女おっぱい見せは、アルジェント印(?)で、ありがたい!
吸血鬼が鏡に映らない、というのは、ちゃんと見せてくれました。瞬間移動できるらしいのが、すごい(笑)。さらに、なぜかカマキリに変身している(大笑)!
1時間15分ほどして、ようやく登場したヘルシング教授、バンパイアが苦手な銀の弾丸でも作ったのかと思ってたら、にんにくを詰めていたのかっ!

なんだか、かっきりしたイメージなのは、英語がハッキリしているからか。英語が母国語でない人たちがしゃべるせいだろうか? 吹替えか?
エンドクレジットで、ソニーのF3カメラが3Dで使われたようなことが出ていた。よくわからないが。

(1月16日)

DRACULA 3D
2012年 イタリア・フランス・スペイン作品
監督 ダリオ・アルジェント
出演 マルタ・ガスティーニ、アーシア・アルジェント、ミリアム・ジョヴァネッリ、ルトガー・ハウアー、トーマス・クレッチマン

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2012 MULTIMEDIA FILM PRODUCTION s.r.l. - ENRIQUE CEREZO P.C. s. a. All Rights Reserved.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんばんは。

このドラキュラモノはまだ未観ですね。って思ったら2012年ってわりと最近の作品だったんですね。知りませんでした。(@@)

ヘルシング教授、なんだか登場が遅いですね。

それにしてもカマキリに変身したドラキュラって史上初なのでは?
これはちょっと観ておかないといけませんね!(そこか!私)
ま、まさか人間大のカマキリじゃないですよね。どきどき。

>白くじらさん

こんばんは。
ありがとうございます。
私も公開時、知りませんでした。ダリオ・アルジェント作品、いくつか見て、やっぱり独自の味があるように思えます。

カマキリは…知らずに見たほうが、びっくりできて、よかったかな…。見るときは忘れていてください。(そう都合よくいくか!?)
ヘルシングが、ルトガー・ハウアーですよ。強そうですねー。

やはり「監督のテイストだから」で楽しむ感じですよね(笑)
脱ぎっぷりのいい美女も含め。
(娘のアーシアが出てると「どこで脱ぐのか」と思ってしまいます)
しかし、うん、虫が得意?でもカマキリ…(笑)

>まおさん

娘さん、オヤジ映画に、よく出ているみたいですね。
攻撃的なのは、吸血鬼もカマキリにも共通するのかもしれません。体液を吸うとかも同じ?
アルジェント、見ているとクセになりそうな味が…。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3023-4758cbe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」

☆(2点/10点満点中) 2012年イタリア=フランス=スペイン合作映画 監督ダリオ・アルジェント ネタバレあり

ダリオ・アルジェントのドラキュラ

DRACULA 3D 2012年 イタリア/フランス/スペイン 110分 ホラー R18+ 劇場公開(2014/03/08) 監督: ダリオ・アルジェント 『サスペリア・テルザ 最後の魔女』 脚本: ダリオ・アルジェント 出演: トーマス・クレッチマン:ドラキュラ伯爵 ルトガー・ハウア...

ダリオ・アルジェントのドラキュラ★★★

『サスペリア』『フェノミナ』などの鬼才ダリオ・アルジェントが、ホラー文学の古典であるブラム・ストーカーの小説「ドラキュラ」を実写化。吸血鬼であるドラキュラ伯爵が巻き起こす恐怖の数々を、バンパイア研究家ヴァン・ヘルシングとの対決を交えて描く。ドラキュラに...

ダリオ・アルジェントのドラキュラ/DARIO ARGENTO’S DRACULA

イタリアのホラー界の奇才、ダリオ・アルジェントの最新作(といっても2012年作品)は 古典、ドラキュラを題材とした3D 日本での公開は2Dでレイトショーのみ。 3Dも1日上映したけど、字幕なし映像のみってことで迷わず2Dでやっと観てきた★ アルジェ...

先週観た映画 〜12/13

  きゃー、12月も半分過ぎました! はやいぃっ! 「ぼくを探しに(Attila Marcel/13)」   シルヴァン・ショメ監督初の実写作品。監督らしいテイストはそのままで、   どのシーンを観てもアニメ的なものに脳内で変換されてしまう不思議な感じ。   「ベルヴィル・ランデブー」のサントラに入ってる曲がタイトルなのね。   サントラ聞きまくってたけど暴力夫の歌だとは知...

「歓びの毒牙(きば)」 «  | BLOG TOP |  » 「クリムゾン・ピーク」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード