topimage

2017-06

「オデッセイ」 - 2016.02.09 Tue

前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。

ジェシカ・チャステインさんが出ているから観ようかという動機しかなかった私である。
あとは、リドリー・スコット監督だからというのが多少。

火星にひとりで残った男がどうやって生き延びて、助ける側はどう動いたのか、というお話。
生き残ろうとする男が、まっと・でいもんのせいなのか知らないが、あんまり悲壮感はない!
そういうところがハリウッドメジャー臭というのか、よくわからんが。

みんなで

はじめのうち、でいもん、ちょっと太り気味だなーと思ったのだが、あとで痩せていたのを見て、あ、これは痩せているときに(映画の後半部分を)先に撮影して、太ってから映画の前半を撮ったのかも?と考えました。
だって、痩せるより太るほうが簡単だし。わが経験として。(笑)

火星といえば、地球の隣にある星ですね。月は別として。
それでも行くのは大変なんだ。
もっと遠くの星に行くなら、とんでもないことですね!

救出ミッションは、とにかく助かってほしい、と応援してしまう。こんなに前向きに頑張ってきたんだもの。観客の感情に訴えてきますよ、そりゃ。
あの状況で生きるためには、幸運も必要じゃないかと思うけど、あきらめずに考えて努力しなければ、きっと幸運も引き寄せられないものなのだろう。

ひとりで

中国の技術力がすごく頼りになるのだけど、また映画の資金を出してもらうために中国を持ち上げているのかと思いきや、原作のとおりらしい。
日本のロケット技術でもいいじゃないか…。と思いました、まる。

ユーモアがあるせいか、ゴールデングローブ賞でも、コメディ・ミュージカル部門だったんですね。しかも作品、男優賞をとってるの!?

(2月6日 イオンシネマ 大井)

THE MARTIAN
2015年 アメリカ作品
監督 リドリー・スコット
出演 マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン

参考:オデッセイ@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2015 Twentieth Century Fox Film

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんばんは

火星は地球のすぐちかくにあるのにじれったいーと思いながら 笑
中国はぽっと出てきたわけじゃないんですね。原作にあるなら仕方ないですね。
何事にも前向きさは必要ですね。

>yukarinさん

ありがとうございます。
水、金、地、火、木…と覚えました、昔。
最近のハリウッド映画は中国資本目当てなのがよくあるので、疑ってしまいます。いきなり出てきましたしねえ。

こんにちわ

将来、科学がもっと進歩したら火星に移り住むことも可能かも!!

前向きになれる映画は嬉しいですね♪
マットが痩せて見えたのはCGらしいですぅ(>_<)
(他の人情報)

>mia☆miaさん

おはようございます。
なにか特典とか快適なことがあれば、火星でもいいですねえ。
遭難してるのに、これほど元気づけられる映画も珍しくて、いいです。
ん? CG処理ですかー。それで済むなら、それでもいいですけれどねー。

原作通りなのですね??

ボーさん☆
私も中国に媚び売っているのかと思ってました!
原作通りだったのですか・・・・
中国経済の発展はやっぱり侮れませんね。

オスカーを彼に!

マット・デイモンは好きですー。
今年のアカデミー賞は作品賞もパッとしないし、あまり興味もないのですが
男優賞はマット・デイモンかエディ・レッドメインを応援していまーす。

twitter等で人名を平仮名表記にするのは、フザケているのではなくエゴサ避けのためで、
本人に知らせたくない人が分からないようにしてるんだと思ってます。

>ノルウェーまだ~むさん

ハリウッド映画に中国が出ると、まず資金関係を疑ってしまいますね…。
中国が協力すれば、意外性もあるし、国際協力的にもビッグなことなので、そうしたのではないかなと感じましたー。

>とらねこさん

まっと、オスカーノミネートされてるんでしたっけ。
最近は賞レースに興味がなくて、気にしていません~。

私が、まっと・でいもん、としているのは、なんだか似合っているからです!
もはやカタカナには戻れません…(なんでだ!?)

「松戸でいもん」だと千葉をぶいぶい言わしてる走り屋集団っぽいですが。

>ふじき78さん

でいもん松戸、でもいいですね。

否が応にも台頭して来る異形の中国が、迫りくるようですね。というか、軍用でしょうねあちらの国は。だから、機密の開示というよりは、アメリカより立ち遅れているものの、装備はあったという事で、有事の備えとして、宇宙産業のアイテムは、その資源確保とか、予算とか、常に最新鋭のものを揃える、つまり、無駄な予算を置けない、という、アメリカ一国でも大変なのでしょうね。

>隆さん

原作者が中国を選んで書いた、というところに興味を惹かれますね。
そういうふうに考えていることに。
軍事的な意味では、アメリカなどと並ぶ大国であろうとする意志は、よくわかっているので、映画のなかで互角に渡り合っても(?)決しておかしくはありません。
まあ、人口だって、土地だって、でかいんですから、しっかり頑張ってほしいとは思います!

「前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。」というボーさんのひと言に深く頷いてしまいました。
ありがちな暗いスリルや悲壮感が感じられず、清々しさもある印象でした。
まっと・でいもん、そういえば最初は太ってましたね!
痩せるより太る方が簡単ですよね、ほんと。(しみじみ)

>まおさん

そう、前向きでなければ、やってられませんよね!
なーんか、まっと・でいもん、それほど好きじゃなくて、ひらがなで書いてしまいます。(なぜだ?)
体重コントロールできる俳優の減量法、たまに聞きますが、それが自分でもできるかといえば…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3035-cafdc1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オデッセイ (試写会)

ディスコミュージックで乗り切れ 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey2月5日公開 原作: 火星の人 (アンディ・ウィアー/ハヤカワ文庫)監督: リドリー・

映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画?

ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは… 「流石、リドリー・...

[映画] オデッセイ

「オデッセイ」を川崎109シネマズにて観て来ました 探査中の事故により、たった1人で火星に取り残されてしまう〜という展開はSF版「ロビンソン・クルーソー」といった趣でしたが、従僕のフライデーどころか周りには天然の恵み的な水や空気すら存在しないというとんでもな...

オデッセイ

オデッセイ@よみうりホール

劇場鑑賞「オデッセイ」

まずは、“始めること”が大切… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602050000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】マーティン・デラックス・サウンドトラック [ ...価格:3,240円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】火星の人(上)新...

オデッセイ

安心してください。生きてますよ。  

"火星の砂の色"『オデッセイ(The Martian)』リドリー・スコット監督、マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ペーニャ、クリステン・ウィグ、他

注・内容、台詞に触れています。『オデッセイ』The Martian原作:アンディ・ウィアー 監督:リドリー・スコット脚本:ドリュー・ゴダード出演 : マット・デイモンジェシカ・チャステイン、マイケル・

オデッセイ

今日は、若干 北風が有ったものの・・・

オデッセイ

評価:★★★★【4点】(11) 主人公の持ち前の明るさが仇となり取り残された恐怖が

『オデッセイ』

人類3度目の有人火星探査ミッション&ldquo;アレス3&rdquo;は、18日目に突然吹き荒れた猛烈な嵐によって、任務中止に追い込まれる。ところが、全6名のクルーのうち、マーク・ワトニー(マット・デイモン)は、突風でバラバラになった通信アンテナの直撃を受けてどこかへ吹...

オデッセイ

火星で砂嵐にあって吹き飛ばされ 死んだだろうと判断され取り残されたマーク・マトニー(マット・デイモン) 助かっても火星に一人・・・ 生きる気力は絶対なくなると思うのに 精神力が強いなあ〜 そして今度、火星にクルーがやってくるのは4年後・・・ それまで生き...

『オデッセイ』

希望と絶望の狭間で揺れる振り子に、科学を武器に戦うヒューマンドラマがここにある。 何と生命力に溢れた映画なのだろうか。これが79歳の監督が撮る映画なのだろうか。 意外や意 ...

オデッセイ・・・・・評価額1750円

火星のオデッセウス。 たった一人で火星に取り残された男のサバイバルを描く、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」の映画化。 宇宙を舞台にしたサバイバル劇というと、アルフォンソ・キュアロンの「ゼロ・グラビティ」が記憶に新しいが、あの映画がほぼリアルタイムで進行する100メートルのスプリントだとすれば、こちらは数年に及ぶ長丁場のマラソン型サバイバルだ。 卓越した知識を武器に、...

オデッセイ

人類3度目となる火星の有人探査計画“アレス3”は、猛烈な砂嵐に見舞われミッションを中止するが、撤収作業中に吹き飛ばされ行方不明になった植物学者の宇宙飛行士マーク・ワトニー(マット・デイモン)の生存が絶望視され、船長のメリッサ・ルイス(ジェシカ・チャステイン)は他のクルーの命を優先し、ワトニーの捜索を断念、火星から脱出する。 NASAでもワトニーの死を全世界に発表する――。 ところが、...

【映画】マット・デイモンが火星にぼっち映画『オデッセイ』が面白すぎる

オデッセイ(2015)アメリカ原題:The Martian監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン/ ジェシカ・チャステイン/&#160;ジェフ・ダニエルズ&#160;/&#160;マイケル・ペーニャ/&#160;ケイト・マーラ/キウェテル・イジョフォー/&#160;ショーン・ビーン&#160;/&#160;クリステン・ウィグ   日本公開:2016/2 火星で有人探査中の...

オデッセイ3D ★★★★

『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助...

オデッセイ

【THE MARTIAN】 制作国: アメリカ  制作年:2015年 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士の マーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが 死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も 水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況 で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中 から科学者を結集し救出を企て、仲間...

『オデッセイ』('16初鑑賞14・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:25の回を鑑賞。

オデッセイ(2D 字幕版)

監督:リドリー・スコット 出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォ...

オデッセイ

JUGEMテーマ:SF映画 一般 「オッデセイ」 原題:Martian 監督:リドリー・スコット 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:マット・デイモン      ジェスカ・チャスティン      クリステン・ウィグ      ジェフ・ダニエルズ      マイケル・ペーニャ 火星を探査中のヘルメス号は、猛烈な嵐に遭い、メンバー の1人、マークが...

映画「オデッセイ(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニーは、火星での有人探査中に嵐に巻き込まれてしまう。仲間の乗務員たちはワトニーが死んだと思い、火星を去る。しかし、彼は生きていた...

オデッセイ

THE MARTIAN 上映時間 142分 原作 アンディ・ウィアー 『火星の人』(早川書房刊) 脚本 ドリュー・ゴダード 監督 リドリー・スコット 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 マット・デイモン/ジェシカ・チャステイン/クリステン・ウィグ/ジェフ・ダニエルズ/マ...

[映画][2016年の映画][☆☆☆★★]「オデッセイ」感想

 アンディ・ウィアー原作の小説「火星の人」を、「エイリアン」のリドリー・スコット監督、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のマット・デイモン主演で映画化。不慮の事故により、火星に一人残された宇宙飛行士が、生き残るべく科学と知識を駆使して奮闘する、SF

オデッセイ  監督/リドリー・スコット

【出演】  マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  キウェテル・イジョフォー 【ストーリー】 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、...

スターマン/火星の人~『オデッセイ』

 THE MARTIAN  NASAの有人火星探査計画 「アレス3」 のクルーたちは嵐に襲われ、ミッ ションを中断し地球へ帰還する。しかしクルーの一人で植物学者のマーク・ワ トニー(マット・デイモン)は、事故に遭い火星に一人取り残されてしまう。  マット・デイモンが持ち前のポジティブ思考で困難を乗り切り、80年代ディ スコ・ミュージックを聴きながら火...

映画『オデッセイ』 THE MARTIAN ネタバレでお節介な解説

(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせるのは、科学と人類の進歩のポジティブな面。観た後に明るく前向きな気持ちになりました。 観終わって買い物中の嫁と合流し...

オデッセイ

 『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、荒涼とした火星の風景が映し...

オデッセイ/THE MARTIAN

リドリー・スコット&times;マット・デイモン初タッグ 原作は、新人作家アンディ・ウィアーによる驚異的なベストセラー小説『火星の人』 脚本は「クローバーフィールド」「キャビン」「ワールドウォーZ」の脚本家、ドリュー・ゴダード。 この人のって「キャビン」...

オデッセイ(3D) / The Martian

アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞の7部門にノミ...

「オデッセイ」レッツポジティブ(^^;!

   地球のお隣の惑星、火星。その火星にたった1人で取り残されたら…。「オデッセイ」(20世紀フォックス)。究極のスペース・サバイバル・ムービーなんですが、何故だか微笑ましいんですよね~。  人類による3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、6人のクルーによって順調に任務を遂行していた。しかし或る日、巨大な嵐がミッション中に襲来。生命の危険を感じた指揮官のメリッサ(ジェシカ...

【cinema】『オデッセイ』

2016.02.10 『オデッセイ』鑑賞@TOHOシネマズ日本橋 これ見たくて試写会応募しまくったけどハズレということで、レディースデイに自腹で見てきた。まぁ普通のことですが(o&acute;ェ`o)ゞ ということで、楽しみに行ってきた〜 ネタバレありです! 結末にも触れて...

映画「オデッセイ」

映画「オデッセイ」を鑑賞しました。

「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星

もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プロ根性は勿論だけど、実際「作り出す喜びが困難を打ち負かす力になる」からなのかも☆

『オデッセイ』を109シネマズ木場3で観て、もちっと笑いたいのだがのうふじき★★★

五つ星評価で【★★★今のままでも面白いけど、もっと脱力したい】 火星に置いてきぼりにされた男の奮闘記。 予告編が実によく出来ていて、 彼が救助を待つ間に生存できない諸 ...

「オデッセイ」 The Martian (2015 FOX)

あのリドリー・スコットがこんなにストレートな人間讃歌を、と絶句(実はかなり感動)。弟のトニーを悲惨な形で失ったからか、シニカルに語っていられる世相ではもうないという判断か。誰でも一度は夢想したことのある漂流物語。無人島に流れ着いたら、まずは飲料水の確...

ジャガイモ畑でいきのびて アンディ・ウィアー リドリー・スコット 『オデッセイ』

近年『ゼロ・グラビティ』『インターステラー』と宇宙開発映画の力作が続きましたが、

「オデッセイ」見てきました!火星の壮絶な風景に圧倒された〜!

リドリー・スコット監督のSF大作映画 オデッセイ  公式サイト http://w

オデッセイ

火星で撒かれた種は、たった一度の再起に懸けられる…。火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない危機的状況で、ワトニーは生き延びようとする。一方、NASAは世界中から科学者を結集し救出を企て、仲間たちもまた大胆な救出ミッションを敢行しようとし...

火星にて1人、生き残るには

10日のことですが、映画「オデッセイ」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて 火星での有人探査の最中嵐に巻き込まれたワトニー 仲間たちは緊急事態を脱するため死亡したと推測されるワトニーを置いて火星を去る しかし 奇跡的に死を免れたワトニーは水も通信手段もなく食料は31...

「オデッセイ」

気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思ったら、負けである。話が逸れたが、そう、この作品については公開から2ヶ月以上も経って尚ロングランでロードショー公開している事が全てを物語っている...

オデッセイ

THE MARTIAN 2015年 アメリカ 142分 SF/アドベンチャー/コメディ 劇場公開(2016/02/05) 監督: リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 製作: リドリー・スコット 原作: アンディ・ウィアー『火星の人』 出演: マット・デイモン:マーク・ワトニー ジ...

オデッセイ 【劇場で鑑賞】

こちらは2月に観た映画です、『エイリアン』など の名匠リドリー・スコット監督の新作で主演は マット・デイモンが務めるSF映画『オデッセイ』 が公開されましたので観に行ってきました。 こちらは3D映画でしたので、3D字幕版を上映して いる映画館まで行って鑑賞しました…

映画評「オデッセイ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ映画 監督リドリー・スコット ネタバレあり

映画「オデッセイ」レビュー(火星よ、植物学者を舐めるなよ!)

映画「オデッセイ」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『オデッセイ 』予告編動画 あらすじは ...

「うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2016年1月)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード