topimage

2017-06

「うる星やつら 完結篇」 - 2016.02.20 Sat

これはよかった。

絵の感じが、ぱっちりお目々で、きりりと全体的にハンサム風に変わったなあとは思ったが、ストーリー的に面白い。

のしかかるものが

「不吉じゃ」とチェリーが登場して、サクラさんが「重くのしかかるような(気分)…」というと、あたるとチェリーが後ろにくっついてたりするあたりなどは、「うる星」らしくて笑える。

原作最終話をもとにしたというから、基本的に原作者の高橋留美子ワールド感が強いのだろう。
テレビ放送終了2年後で映画単独公開、しかも最終話の映画化だから、もう終わりだよとして、完結篇と銘打ったのか。…でも、3年後にもう1本作っていますね。

弁天おユキ

弁天、おユキのコンビも活躍。映画版にはよく出てくる。(竜之介は少なかったな…。)
元気な破壊(発砲)キャラ?の弁天は使い勝手がいいのではないか?

ラムとあたる、ふたり一緒に逆さまになって落下しながらも、そのまま口げんかしているシーンはおもしろく印象的。

ダーリン

ラストは、そう、地球の運命をかけた鬼ごっこ。

(2月11日)

1988年作品
監督 出崎哲
声の出演 平野文、古川登志夫、小原乃梨子、塩沢兼人、井上瑤

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 高橋留美子/小学館

ブログパーツ

● COMMENT ●

おはようございます。

これはよかったですねー。

原作、高橋留美子という…結局のところ、やっばりオリジナルより原作の方がよかったという事でしょうね。(^^) 偉大なり、高橋留美子!

ラストが最初の鬼ごっこになったのもよかったですね。
「忘れるもんか、忘れるもんか」で、フラッシュバックのように、今までのシーンを見せるのは反則に近い演出ですが、もう涙でした。

3年後の1本ってなんだっけ?(@o@)

>白くじらさん

おはようございます。
ありがとうございます。4作目でがっかりめだったので、今回、盛り返しました!
原作を脚色したアニメのほうが面白いというのは、それだけ原作ファンでもあるのかな~とも思えます。

ラムが地球にきた物語の始まりが鬼ごっこ、連載最後も鬼ごっこ、鬼の世界では大事なことは鬼ごっこで決着をつけるんだ、と弁天が説明していましたっけ。
過去のシーンは感慨深いですね。
エンドロールで、最後のセリフのやりとり(「いまわのきわに…」とか)もあって、満足です。
3年後は「いつだってマイ・ダーリン」。次、書きます。

大好きー

やっぱりうる星やつらとしては、これが一番好き!
私も今回のBSの放送で、オンリー・ユーから見返してました。
ビューティフル・ドリーマーも傑作だと思う派なんですけど、押井守以上にうる星ファンなもので、やっぱり完結編が一番“らしい”ので、好きだっちゃ!

ボーさん、私の旦那は、ラムちゃんが私に見えるらしいっちゃよ!

>とらねこさん

わー! うる星ファンでしたか! ご覧になっていましたか!
この完結篇がいちばん「うる星」らしかったですよね。

そういえば、「とらねこ」イコール、ラムちゃんっぽいじゃないですか!(トラ縞ビキニの猫っぽくもあるかわいい女の子) わー!
ラムちゃんのどこが似ているのかなあと想像してみる…けなげで可愛いところなのか、電撃をくらわすような怖いところなのか(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3040-3619f041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「うる星やつら いつだってマイ・ダーリン」 «  | BLOG TOP |  » 「ナイル殺人事件」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード