topimage

2017-07

「虹蛇と眠る女」 - 2016.03.02 Wed

地味。

ニコール・キッドマンさんが出るから観たわけだが、地味だった。

夫と

夫がジョセフ・ファインズ、警官が ヒューゴ・ウィーヴィングと一応、有名どころは揃う。
ニコールさんが母親、子どもが15歳の娘と、その弟。
娘はちょっと男に興味がありそうな?

オーストラリアの先住民アボリジニには、虹蛇(にじへび)の伝説があり、その虹蛇は災いをもたらすことがあるとか。
タイトルのように、「虹蛇と寝」るわけではない(夢では寝たのかもしれないが)。

事件が起きて、夫婦関係、隣人関係の波風は立つ。
地味、と書いたけど、当事者にしてみれば、たいへんなことで、実際にも、こういうふうになりそうなリアルさはあるといえる。

ニコールさんのヌードシーンは必要性があったのか、わからない。これをもって、虹蛇と寝た、とするのか。としても、寝る必然性がわからないが。

警官と

オーストラリアの砂漠を空撮し、道が蛇のように見えたのは意味深だった。
少し前も見えなくなるほどの砂嵐の描写もあったし、砂と暑さの、この風土は、人間の暮らしや精神にも、大きな影響を与えているのだと感じた。

なにしろ、ニコールさんが、母国オーストラリアの新鋭監督の映画に出る、心意気がいいじゃないですか! 25年ぶりだそうで、それより早く、話はなかったのかとも思うけど。

(2月28日 ヒューマントラストシネマ有楽町)

娘息子

STRANGERLAND
2015年 オーストラリア・アイルランド作品
監督 キム・ファラント
出演 ニコール・キッドマン、ジョセフ・ファインズ、ヒューゴ・ウィーヴィング、マディソン・ブラウン、ニコラス・ハミルトン

参考:虹蛇と眠る女@ぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 2014 SCREEN AUSTRALIA, SCREEN NSW AND PARKER PICTURES HOLDINGS PTY LTD

ブログパーツ

● COMMENT ●

てーへんだ、てーへんだ!
ボーさんの言うことにゃあ、この映画を書いてる知り合いのブロガーさんがいないってよ!
なんてこったい! おおべらぼうめ!

それじゃあ、コメントの来ようがねえじゃねえか。
へっへっ、俺たちの荒らし放題だぜ。わーい。

ほんまに

やっと知り合いの映画ブロガーが書きましたぜ!
僕も色々な作品で同じようなつぶやきを心の中でしております。そのうちクローン・オカピーと対話しようかな。
ボーさんの真似になりますが、怒らないでくださいね。

最近日本映画興行界は邦画にばかり関心を寄せ、洋画は大作以外本当に寂しい扱いを受けています。
かつてなら大々的に公開されたであろうスター俳優主演の作品も限定的に公開されることが多く、ファンも敢えて小品の洋画を見なくなっている感じ。
映画ブログも減っているし、残った映画ブロガーも客入りの良い邦画にばかり向いている。
いやあ、我々は貴重になってきましたね。

>オカピーさん

ありがとうございます!
DVDレンタルが開始になると、少しは、見る方が出てくるかもしれません。
あ、クローン・オカピーさん、どうぞ、やってください!
我が家はコメント0のときに、俺A、Bさんが、なぜか書き込みに来るのですよ。

私はいまだ洋画メインですが、映画館では、映像や音声的に楽しめそうな、メジャーなアクションなどを好んで観てしまいます。
WOWOWには、もっと昔の、60年代ぐらいまでの作品を放送してもらいたいのですよね。そしたら、もっと、どんどん見たいのに、需要の問題なのでしょうかねえ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3044-8342b7d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画評「虹蛇と眠る女」

☆☆★(5点/10点満点中) 2015年オーストラリア=アイルランド合作映画 監督キム・ファラント ネタバレあり

紅蛇と眠る女

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般     「紅蛇と眠る女」 原題:Stranger Land 監督:キム・ファランド 2015年 オーストラリア=アイルランド映画  111分 R15+ キャスト:ニコール・キッドマン      ジョセフ・ファインズ      ヒューゴ・ウィービング...

「第七の封印」 «  | BLOG TOP |  » 「絶叫のオペラ座へようこそ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード