topimage

2017-03

「吸血鬼ドラキュラ」 - 2016.03.08 Tue

クリストファー・リーのドラキュラ。

ピーター・カッシングのヴァン・ヘルシング。

昔の作品でもあるし、ネタばれで行きますが…
ドラキュラの城に司書として訪れたジョナサン・ハーカー(ジョン・ヴァン・アイゼン)は、はじめからドラキュラの正体を知っていて潜入したのか~。
ほかの映画だと、知らずに雇われて餌食になってしまっていたような記憶があるが…。

はじめの

彼はドラキュラと女性ヴァンパイアを棺の中に見つけて、まず女性ヴァンパイアから先に退治しようとする。
逆でしょ! 先にドラキュラをやっつけなきゃまずいって。
あーあ、だから言ったのに…。でも、そうならないと話が進まないか。(苦笑)
ちなみに、この真っ先に登場する女性ヴァンパイアは、胸のあたりがとっても目立つヴァレリー・ゴーントさん。

ジョナサンの許婚(いいなずけ)のルーシー(キャロル・マーシュ)もドラキュラに狙われ、彼女の義姉のミーナ(メリッサ・ストリブリング)までも!

次の

ヘルシングに協力するアーサーには、マイケル・ガフ。1989年から始まったバットマン・シリーズで執事アルフレッドを演じた俳優だ。若いなー。

家のお手伝いさんが、ルーシーに頼まれて、ニンニクを片づけたうえに窓も開ける。そのおかげでドラキュラが侵入できてしまうのだ。
絶対にそんなことしちゃダメですよ、と義姉か兄がお手伝いさんに厳命しておくべきじゃないかな、と思った。対策、甘いです。でも、そうならないと話が進まないか(再び苦笑)。

退治されたあと、最初の豊胸ヴァンパイアは老婆に変わり、ルーシーは美しい(元の)顔に変わる。この違いが、おかしい。謎。

ドラキュラの最後は、明るい光と十字架によってでしたね。
3人の女優の画像を上げたが、なんだか、みんな似ているじゃないか!

最後の

(3月6日)

DRACULA
1958年 イギリス作品
監督 テレンス・フィッシャー
出演 クリストファー・リー、ピーター・カッシング、マイケル・ガフ、メリッサ・ストリブリング、キャロル・マーシュ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) Warner Home Video

ブログパーツ

● COMMENT ●

ツッコミどころは

結構ありましたね~。
このドラキュラは案外弱いので、人間もこれくらい油断してないと話が進まないということか(笑)

>退治されたあと、最初の豊胸ヴァンパイアは老婆に変わり、ルーシーは美しい(元の)顔に変わる。この違いが、おかしい。謎。

豊胸ヴァンパイアは何百年も生きていて、魔力的なもので美貌を維持していたけど、ルーシーはまだちょっとしか経ってないから、元の姿もぴちぴちだったんですよ。…たぶん!

お約束の行動

ボーさん、こんばんは、
 子供の頃、ドラキュラ映画といえば、この二人でしたねぇ。
 そして、お約束のように、見ている側が「やっちゃだめ~、行っちゃだめ~」と叫びたくなるようなことをやってくれました。

>宵乃さん

そうそう、ドラキュラは昼間は棺で寝ています、と知られたら一巻の終わりでしょうけどねえ。
噛まれたあとに、再び、その甘い噛まれる恍惚(?)を求めてしまうとは、なんて憎い方なんでしょ! ドラキュラ!(笑)

あ、そうか! 何年も吸血鬼で生きたから老婆なんだ! 宵乃さん、すばらしい解釈力です! おばかな私。

>Катя カーチャさん

こんばんは。
吸血鬼ドラキュラといったら、この映画ですからねえ。クリストファー・リーはドラキュラの代名詞?
やっちゃだめなことをやりたがるから、きゃー、となっちゃいますよね。
ニンニクが鉢植えで出てきたのには、ちょっと、びっくりしました。球根じゃなくて葉っぱですから。

こんばんは。

ハマー初の吸血鬼モノで、クリストファー・リーとピーター・カッシングがハマリ役となった作品ですね。

今の吸血鬼は定番がなかなか効かなくなってますが、本作では定番アイテムがよく効く効く。(^^)
観ていて安心できますが、逆に、そんなことするんじゃない!ということも分かっちゃいますよね。

トラックバックさせて頂きました。(^^)/

>白くじらさん

こんばんは。
ありがとうございます。
もう、昔っから知ってはいたけど見ていない、という作品でした。
心臓に杭、にんにく、日光、十字架、と、さまざま出てきましたね。
クラシックなドラキュラ映画を見せていただきました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3047-84c278bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「吸血鬼ドラキュラ(1958)」観ました

原題:DRACULA 製作:イギリス’58 監督:テレンス・フィッシャー 原作:ブラム・ストーカー ジャンル:★ホラー【あらすじ】1885年、司書としてトランシルヴァニアのドラキュラ城を訪れたジョナサン。だが、親友の医師ヴァン・ヘルシング博士が駆けつけた時、彼は行方不明となっていた。既にドラキュラ伯爵は城を発っており、博士はジョナサンの手記を持って婚約者ルーシーの元を訪ね…。ドラ...

映画評「吸血鬼ドラキュラ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 1958年イギリス映画 監督テレンス・フィッシャー ネタバレあり

吸血鬼ドラキュラ

1957年(HORROR OF DRACULA) 製作国:イギリス 監督:テレンス・フィッシャー 製作総指揮:マイケル・カレラス 製作:アンソニー・ハインズ 原作:ブラム・ストーカー 脚本:ジミー・サングスター 撮影:ジャック・アッシャー 音楽:ジェームズ・バーナード 特撮:シドニー・パーソ…

「赤い靴」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2016年2月)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード