topimage

2017-06

読書記録(2016年3月) - 2016.04.07 Thu

3月の読書記録。

赤目
「赤目姫の潮解」 森博嗣
意味わかんねー。ふたたびトライして理解できる日があるだろうか。(3月12日読了)

問答
「シネマ今昔問答」 和田誠
描き下ろしの挿絵を見るだけでも楽しいが、とにかく映画を語る語る。記憶だけで映画名や俳優名がこんなに出てくるわけがないから、語り形式にはなっていても、きっと資料を使って書いたんだと思うけど。
マリリンについての言及はあるが、たいしたことはない。以下、列記。
(ヘンリー・ハサウェイは)『マリリン・モンローの「ナイアガラ」もあるし』
『マリリン・モンローも出た「百万長者と結婚する方法」』
(「ショウほど素敵な商売はない」について)『オコンナーの恋人がマリリン・モンロー』『モンローはセクシー女優として人気絶頂の頃』『観客動員のためのキャストだったと思われます』『スタッフはモンローのショウ場面に力を入れてます』
(「お熱いのがお好き」について)『「私は彼らが女装してるのを見抜けないほど馬鹿じゃないわ」と語ったということです』
(3月24日読了)

朝食
「ティファニーで朝食を」 トルーマン・カポーティ
ホリー・ゴライトリーの「ホリー」は、どうやら「ホリデー」であり、本名は、ルラメー・バーンズ。
出てくる日本人の名前は、I・Y・ユニオシ。ミドルネームまであるのが笑える。
ホリーの描写は、『いかにも上品に細かった』『健康な雰囲気』『口は大きく、鼻は上を向いていた』。カポーティはホリーをマリリンに演じてほしかったとも言われるが、細さの点ではオードリー・へプバーンのほうが合っている。
語り手が彼女に出会ったとき、彼女はあと2か月で19歳。
ギターをつまびくときは『しゃがれた、割れがちな声』。これも、オードリーが歌った「ムーン・リバー」は、まさにそんな感じだった。
ティファニーに関してのホリーのセリフは、『いつの日か目覚めて、ティファニーで朝ごはんを食べるときにも、この自分のままでいたいの』『(ティファニーに行くと)とたんに気分がすっとしちゃうんだ。その店内の静けさと、つんとすましたところがいいのよ。そこではそんなにひどいことは起こるまいってわかるの』
訳は村上春樹による。(3月31日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

森さんの本で意味わかんねーのって初めてじゃないか?

これまでも、表面的にはわかっても、読み取っていない部分はあるかもと思うんだよなあ。でも、今回はマジわからん。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3059-6c410d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「メイズ・ランナー」 «  | BLOG TOP |  » 「ラスト5イヤーズ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード