topimage

2017-06

「メイズ・ランナー」 - 2016.04.09 Sat

中途半端で終わるなら、最初から「パート1」と付けといてほしいな。

アメリカのティーンエージャー向け小説の映画化のようで、そう聞くと、ああ、あんなのやあんなのと同じだったのね、と納得。

カヤ
主役の男じゃなく、紅一点のカヤ・スコデラーリオさんを載せるのが、我がブログのいいところだ。
この映画、若い男だらけのなかに女子ひとり入って、ふつう、無事なわけがないが? 
私は「17歳のエンディングノート」の記事で彼女を「美人」と書いています。

壁に囲まれた広場に放り込まれた若者たち。囲まれた壁は開くときはあっても、迷路のパターンが変わり、脱出は不可能とされている。おまけに怪物もいる?
そこに「新入り」が来て、状況が変わっていく。
誰が何のために仕組んだことなのか。全容は解明されていないので、つまらなくはないが、なんともすっきりしない「次回につづく」感ではある。

(4月8日)

THE MAZE RUNNER
2014年 アメリカ作品
監督 ウェス・ボール
出演 ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラーリオ、キー・ホン・リー、トーマス・ブローディ・サングスター、パトリシア・クラークソン

好き度☆☆★(2.5点。満点は5点)


(c) 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation.

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんばんは♪

ボーさんお気に入りの美人・カヤ・スコデラーリオさんって、
この作品でお初だと思ってたら、私の好きな「月に囚われた男」にも
「嵐が丘」にも出演されてたのですね~。
ちょっと誰かに似てる感があって覚えられない美人(^^;

カヤさん美人なんだけど、このシリーズでは損な役回りだなあと感じています。
一作目から華は与えられてないわ、二作目はアレだわ(内緒にしますw)
パイレーツ新作でどう化けるかによって評価かわりそう!

私はこのシリーズは野郎どものほうが乙女かなーと思いました


うちの姪があんなズーみたいなとこでランナーしたら泣いちまうよ。

一応3まで続いて終わりらしいすよ。

>kiraさん

おはようございます。
そんなにお気に入りというわけではないですが!(え?)
私は「17歳のエンディングノート」でしか、これまで認識がない女優さんです。
うん、いまのところ、いたら即わかる自信は私もありません…。

>makiさん

この1作目では、主人公の知り合いなのか?という立場では重要ですけど、それほど特別な活躍はしていなかったような?
2作目はアレなんですか! そのうち見てみます。パイレーツにも出ますか!?
野郎ども、ホルモン不足なんですかねー。笑

>ふじき78さん

新作は「ズーランナー」というのもいいかも?(「ズーランダー」みたいだ、笑)
これまた3部作なんですね。3作目は「マラソンランナー」とかでいいです。

こんばんわ

WOWOW放映してたので録画してます。
が!
またまた続きものなのですか。そういうの多いな~( ;∀;)
見るの躊躇しちゃいます。

ボーさんの過去レビュー・・・ほんとだ!美人って書いてらっしゃる(笑)
しかも赤字で強調(´ω`*)次の彼女候補ですか?★

>mia☆miaさん

こんばんは。
はじめから、3本見るのを心に決めて(…って、大げさ)見るか、1本見てダメなら、あとは見ないか?
あんまり期待しないでいれば、いいかな~とも思いますがっ。

美人は美人と、そう思ったら正直に書きますよ! 気が多いヤツだ、と広い心で見ていただければ幸いです。(笑)

ボーさんご覧になってる〜、と思ったらWOWOWの放送だったんですね。
うん、この脇役の女優さん、すごく綺麗だったなあ。
パート2も一応見ようかなとは思ってるんですが、確かにこの終わり方モヤモヤしちゃいますよね。

>とらねこさん

ありがとうございます。
映画館に行くほどの興味はそそられていなかったので、今回チェックはしてみました。
彼女、上の画像を見ると、少し眉間にしわ寄せて、という顔ですが…2作目でどんな活躍をするのか。
たぶん、全作見てみると思います。

こんばんは。

若者が、迷路の試練を潜り抜ける、いい意味で、主人公たちのサイドは、若さがあって、その謎を解く事に挑戦するところが良かったです。

メイズを用意したであろう大人たちが、希望を託すからこその試練。3作までとの事ですが、今度は、作られた場所ではなく、若者たちが、大人たちにリベンジするところも観たいですね。それは望まれている筈ですから。

>隆さん

おはようございます。
3作終わってみて、どのようにまとまっているのか未知数なので、なんともいえないのですが、独自の世界があるのは間違いありません。
興味は惹かれるので、続きも見逃がさないようにしたいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3060-651172f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メイズ・ランナー ★★★★

アメリカのベストセラー小説を基に、謎の巨大迷路に放り込まれた若者たちが決死の脱出劇に挑むサスペンス大作の第1弾。さまざまな死のトラップが仕掛けられ、どんどん変化していく巨大な迷路(メイズ)を、知力・体力を駆使して駆け抜ける若者たちの運命、そして迷路に隠...

メイズ・ランナー

メイズ・ランナー@よみうりホール

メイズ・ランナー

評価:★★★★【4点】(11) 予想に反し意外と見応えあるシリーズとなりそうだ(^O^)/

メイズ・ランナー

原題 THE MAZE RUNNER 上映時間 113分 原作 ジェイムズ・ダシュナー『メイズ・ランナー』(角川文庫刊) 監督 ウェス・ボール 出演 ディラン・オブライエン/ウィル・ポールター/カヤ・スコデラーリオ/トーマス・ブローディ・サングスター/アムル・アミーン/キー・ホン・...

メイズ・ランナー

【概略】 周囲を高い壁に囲まれた場所“グレード"にすべての記憶を失った少年が送り込まれ…。 SFアクション 生き残りたければ、迷路(メイズ)から脱出しろ! 次世代イケメン、ディラン・オブライエン主演。「ハンガー・ゲーム」や「ダイバージェント」と同類のティーン向けの映画の1作目。 巨大な壁に囲まれた敷地に「幽閉」されているが、月に1度物資と名前以外のすべての記憶...

『メイズ・ランナー』をトーホーシネマズ六本木2で観て、ふんふんおおおふじき★★★

五つ星評価で【★★★最初から三部作をうたうのは偉い】 坊やたちが巨大な迷路に閉じ込められて右往左往。 凄く雑なアイデアだと思うのだけど、形にしてみたら面白く仕上がっ ...

メイズ・ランナー

【THE MAZE RUNNER】 2015/05/22公開 アメリカ 113分監督:ウェス・ボール出演:ディラン・オブライエン、ウィル・ポールター、カヤ・スコデラーリオ、トーマス・ブローディ・サングスター、アムル・アミーン、キー・ホン・リー、ブレイク・クーパー その「迷路(メイズ...

メイズ・ランナー/THE MAZE RUNNER

はじめに言っておくと、、、この映画、3部作です 全米のティーンエイジャーを虜にしたベストセラーYA小説3部作の第1部を実写映画化したSFアドベンチャー 理由も分からぬまま巨大な迷路に放り込まれた若者たちの過酷なサバイバル サバイバル系好きなので密...

映画評「メイズ・ランナー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ウェス・ポール ネタバレあり

メイズ・ランナー (試写会)

走って走って 謎を解け [E:run] 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/mazerunner5月22日公開 原作: メイズ・ランナー (ジェイムズ・ダシュナー著/角

メイズ・ランナー

高い壁に囲まれた巨大な迷路に囲まれたエリアには、月に一度、生活物資とともに記憶を失った「ランナー」が送り込まれてくる。 ランナーたちはコミュニティを形成し、選ばれた数名が迷路の構造を調べ、この地からの脱出法を探していた。 迷路の扉が閉まる夜までに戻らなければ、命の保証はない…。 サスペンス・スリラー。

「類猿人ターザン」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2016年3月)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード