topimage

2017-02

「類猿人ターザン」 - 2016.04.12 Tue

ジョニー・ワイズミュラーのターザン、1本め。

ボックスセットをいただいたので、見始めた。
モーリン・オサリヴァンさんのジェーンも有名。ミア・ファローさんのお母さんです。本作では、まだ20歳ちょっと。

ワイズミュラー&オサリヴァン版の1作目、ジェーンは父たちと一緒にアフリカ探検に出かける。象牙を取るのが目的の旅らしい。

出会い

23分過ぎで、やっとターザンの「ア~アア~アアアア~ 」という独特の節回しの声が聞こえて、登場してくる。
ジェーンに興味をもったのか、ターザン、彼女をさらう! やはりオトコの本能か! 笑

ジョニー・ワイズミュラーはオリンピックでは水泳のメダリスト
水泳で鍛えた肉体に、セリフが少なく、あっても片言なターザン役にはピッタリ。ハンサムで人気も出ただろう。

カバ、ワニ、ゾウ、ライオン、ヒョウなどの脅威は、よく頑張って作ってあるなー。映像利用もあったり、調教されたりするとはいえ、本来は野生動物ですからね。なかには、作り物もあるようですが。
ゾウはターザンの仲間。いい奴らです。

データを調べるのに、最初はパソコンに「類人猿ターザン」と入力してしまった。「類猿人」なんですねえ。

(4月10日)

TARZAN THE APE MAN
1932年 アメリカ作品
監督 W・S・ヴァン・ダイク二世
出演 モーリン・オサリヴァン、ジョニー・ワイズミュラー、C・オーブリー・スミス、ニール・ハミルトン、ドリス・ロイド

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 1932 MGM

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは。

懐かしいですね。
子供の頃に見たような気がしますが、ストーリーはまったく覚えておりません。(^^;

当時の動物モノは、調教師の出番でしょうね。
ですが、大変だったと思います。

それにしても…ジェーンの危機を救うのかと思っていたら、最初は誘拐だったんですねー。(@@)

>白くじらさん

おはようございます。ありがとうございます。
うーん、誘拐というと犯罪のようですが、さらっていった(同じやんか!)ような気がします。そう言われると記憶が不確かなので…(見たばっかりでしょ!)

ターザンものって、調べてみると、ワイズミュラー版の以前から、何本もあるんですね。彼のターザンがいちばん有名になりましたが。
動物の調教は大変だったでしょうねー。CGはない時代。危険がないのはチンパンジーくらいでしょうか。

こんばんは。

10枚セットを発見したので思わず買ってしまいました。(^^;

まったくストーリーを覚えていませんでしたので新鮮な気持ちで鑑賞したものの、ジェーンがあれほど銃を使いこなすとは驚きでした。(^^;

ジェーンはやっぱり誘拐されてましたね。(@@)
結構動物が出てきていたので嬉しかったですけど、チーターがボロ雑巾になったのには驚き…でも生きててよかった。
でも一番驚いたのは、象がターザンの首か頭をかんで移動した時でしたね!

トラックバックさせて頂きました。

>白くじらさん

おはようございます。
ありがとうございます。
ターザンの新作からの、過去作探訪ですね! 10枚セットなんて、ありましたか!

ジェーン誘拐、考えてみれば、ひどい!(笑)
本能のままに生きていたターザンなのでしょうねえ。
チーター、そんなにやられていましたっけ。弱肉強食の掟ってやつでしょうか。
象なら、かまずに鼻で巻いて運べよ、って感じですけど!?

昔の作品、ツッコミながらお楽しみください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3061-f2c5861b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

類猿人ターザン

言葉が通じないって、楽しい。 1932年(TARZAN,THE APE MAN)製作国:アメリカ監督:W・S・ヴァン・ダイク二世原作:エドガー・ライス・バローズ製作:製作総指揮:脚本:シリル・ヒューム撮影:ハロルド・ロッソン、クライド・デ・ビナ音楽:amazon.co.jpで詳細を見る。 イ…

「ターザンの復讐」 «  | BLOG TOP |  » 「メイズ・ランナー」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード