topimage

2017-10

「ターザンの復讐」 - 2016.04.13 Wed

ジェーン、裸で泳ぐ!

朝起きると、ターザン、泳ぎたいことが多いようです。
ジェーンの服が脱げて、そのまま、ふたり一緒に川でスイミング。どちらも潜りが上手。ヌードで潜り泳ぐジェーン(と着たままのターザン)を、水中カメラで長々と、とらえます。おしり、かなり映ります。
ただ、顔がよくわからないので、モーリン・オサリヴァンさんの代役の可能性はあるかも。

大胆衣装

そんな色っぽいシーンもありつつ、1作目よりも出来は良い印象。
動物相手のアクションも、こなれている。…ジェーンがいると、彼女を助けるためにターザンの動物との戦いは2倍以上増えるのではないか?
サイ、ライオン、ワニ、ゾウなどが、しょっちゅう出てくる。
ターザン、だいぶ英語をしゃべれるようになっている。ジェーンもターザンを呼ぶときなどは「アーアアー」と言うようになっている。ターザンの「アーアアー」とは節回しが違うのが面白い。
彼女の衣装は、ひもパンのようで、ふんどしみたいでもある。腰の横は布がない! 露出大。

前作で生き残った男が、もうひとりの仲間とともに、ふたたびジャングルにやってくる。象牙で、ひと儲けしようと。
新たな仲間の男は、もはや一文無しらしく、旅を渋る雇われ黒人のひとりをあっさり射殺。象牙を手に入れるためには何でもする危険人物だぞー。
ふたりはジェーンに、さみしくはないか、都会へ帰らないかと誘うが、彼女は「ここには彼を誘惑する女もいないわ」と名ゼリフで返す。

最後は、原住民とライオンの群れの襲撃!
邦題にある「復讐」は、意味不明。タイトルに「復讐」とあれば見たくなるんじゃない?ということで付いたんじゃない?

(4月10日)

TARZAN AND HIS MATE
1934年 アメリカ作品
監督 セドリック・ギボンズ、ジャック・コンウェイ、ジェームズ・C・マッケイ
出演 モーリン・オサリヴァン、ジョニー・ワイズミュラー、ニール・ハミルトン、ポール・キャヴァナー、フォレスター・ハーヴェイ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 1934 MGM

ブログパーツ

● COMMENT ●

2日たって、アクセスが4って結果。映画自体に興味を持たれないとクリックされない現実。

興味がなきゃ、しょうがないさね。

こんにちは。

Read More »から読んでるのってアクセスに入っているのかな。(^^;

ジェーンさんの衣装が凄いことに…確かにふんどし風ですね。(@@)
なんだかストーリーを読んでいると「ターザンへの復讐」みたいな感じですね。
でも原題とは全然違う。本当は、ターザンとジェーンって感じなのでしょうかね。(^^)

ターザンは懐かしくってレンタル屋で探しましたが、1作目だけで後は発見できず。もっと大きいところに行かないとダメかな。

>白くじらさん

おはようございます。ありがとうございます。
クリックして全体を開くのと、Read More »から残りを開くのと、どうなんでしょうね。私のことですから、よくわかりません。(やっぱりね。)
原題は、ターザンとその連れ、みたいな?
この2本目が、世間的にも評判がいいようです。
監督は、IMDb(インターネット・ムービー・データベース)を見ると、3人なので、それに準じています。DVDパッケージには1人しか書いてないけど。
1作目以外は、コレクターズボックスセットにしかないのかもしれませんね。Amazonで中古は売っていますよ。英語のままだったらYouTubeにも?

こんにちは。

ますます復讐の意味が分からなくなった(^^;本作でしたが、1作目に比べるとはるかに楽しめました。
特に巨大ワニとライオンたちとの死闘は圧巻でした。

水の中のジェーンは本当に顔も分からなくって、代役であっても分からないですね。

トラックバックさせていただきました。

>白くじらさん

おはようございます。
「復讐」とつければ、お客がくると配給会社は考えるに違いありません。「復習」ではダメです!

水中遊泳と動物死闘でしたね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3062-c4809307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ターザンの復讐

死を目前にすると何が大事かわかる。 1934年(TARZAN AND HIS MATE)製作国:アメリカ監督:セドリック・ギボンズ、ジャック・コンウェイ原作:エドガー・ライス・バローズ製作:製作総指揮:脚色:ジェイムズ・K・マックギネス撮影:クライド・デ・ヴィンナ、チャールズ・ク…

「ターザンの逆襲」 «  | BLOG TOP |  » 「類猿人ターザン」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード