topimage

2017-06

「ターザンの逆襲」 - 2016.04.14 Thu

ターさん(…ターザンを「さん」付けで親しげに呼ぶと変だ)、がっくり?

今回は「逆襲」という題だが、なにものかに逆襲しているわけではなかったと思う。前回は「復讐」だったので、今回もまたテキトーに、じゃあ「逆襲」でいいんじゃね?という程度の邦題に違いない。
原題にある単語 ESCAPES(脱出する)はターザンが檻(おり)から抜け出す場面を意味すると思われる。

いとこと

前作において、探検に来そうなヤツらが、みんないなくなってしまったので、さて、どんな話にするのかなと見ていたら、しょーこりもなく、またアフリカにやってくる文明人。
今度はジェーンに遺産が入ることになり、でも、そのためには彼女が文明社会に戻るのが条件。それはつまり、永遠ではないかもしれないが、ターザンとの別れ。その話を伝えに、いとこの若い男女が来るのだった。
危険なジャングルなので、鉄砲を扱える男が同行して一隊を率いる。こいつが、いい野郎ならいいけど、こういう映画は、そうはいかないんですねえ。

おどろくのは、ターザンとジェーンの暮らす家。樹の上にこしらえて、台所があって、水をくみ上げる仕組みが作ってあって、などなど、だいぶ快適そう
家に上るエレベーターは、ゾウが引く。

コメディリリーフ的な役を演じるハーバート・マンディンの名前は覚えておこう。
原住民やワニの襲撃などで、見たことあるぞ、というシーンが。過去作品のフィルムを再び使っているかもしれない。
今回は、前作でジェーンがヌードだった水中シーンは着衣。(残念無念。)
しかも、衣装は露出が減った。冬物か!?(アフリカだし、違うと思う。) 一説によると、露出しすぎだという意見があったので、予算を足して(?)布を増やしたそうだが。(再び言うが、残念無念。)

冬用?

同行男の陰謀やいかに? ジェーンはターザンと別れるのか? 心配でなりませんが、つづきは来週のお楽しみ~!(いや、違うだろ)

(4月10日)

TARZAN ESCAPES
1936年 アメリカ作品
監督 リチャード・ソープ
出演 モーリン・オサリヴァン、ジョニー・ワイズミュラー、ベニタ・ヒューム、ジョン・バックラー、ハーバート・マンディン

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 1936 MGM

ブログパーツ

● COMMENT ●

ターさん、お肩をたたきましょー、タントンタントンタントントン。ア~アア~アアアア~。

ターさんじゃなくて、かあさんだろがっ。余計な呼び声もつけるなっ。

こんにちは。

露出しすぎという意見もあったんですか!
そりゃそうかも知んないですけど、アフリカの開放的で誰もいないところですしね。ターさんいるやん!

にしても、予算を上げて服って…ええっ!予算上げて、売上下がるじゃん!

>白くじらさん

おはようございます。ありがとうございます!
なんなら、裸でもいいじゃないかと思ったのですが、ターさんはドッキリしてツタから手を離して転落するかもしれないし、遠くに住んでる好戦的な原住民もいるし、刺激的すぎてもよくないかと考えなおしました。好戦的だけど好色的かどうかは知りませんが。

服の予算のせいで、MGMは倒産しかけたという話です…というのはウソです。

こんばんは。

こんばんは。

のんびりと続編を観ております。(^^)/

確かに露出が無くなっておりました。なんてこったい!
ローリング・ワニは使い回しかも知れませんね。

相変わらず好戦的な種族が怖いですね。ついに股裂きやってました。
野蛮な世界にあっての、何気に近代的な樹木上の家は凄いです。ターさん建築技術ありますね。(^^;

トラックバックもありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。

>白くじらさん

おはようございます。
寒いときに、薄着のターさんを見るのも一興かと思われます。
ついでにジェーンも、もっと薄着ならよかった。(それしかないんかい!)

ローリング・ワニは、イメージが強いので、使いまわすと、すぐ分かります。といっても、そんな注意なんかしないで使うんですよね。
家をつくっていたのは驚きましたねえ。私にも作ってほしい。って、ジャングルが近所にないか。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3063-660595ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ターザンの逆襲

全ての女性が得られるわけではない。 1936年(TARZAN ESCAPES!)製作国:アメリカ監督:リチャード・ソープ原作:エドガー・ライス・バローズ製作:製作総指揮:脚色:シリル・ヒューム撮影:レナード・スミス音楽:amazon.co.jpで詳細を見る。 アフリカの奥地にコンゴ・ベ…

「猫に名言」写真展 «  | BLOG TOP |  » 「ターザンの復讐」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード