topimage

2017-03

マリリン in キネマ旬報4月下旬号 - 2016.04.17 Sun

今ごろチェックしました、キネ旬の記事にマリリン。

と言っても、「マリリン 7日間の恋」に絡めた話で、彼女の写真は載っていない。

誌面

マリリンと交流があったという助監督のコリン・クラークの父親が、ケネス・クラークという名前の有名な美術史家であり、筆者の滝本誠さんは、ケネスのほうを先にご存じだったようだ。
私などは、マリリン→コリン→ケネスの順に人間関係を知ったのだから、逆だ。

「マリリン 7日間の恋」で、マリリンとデートをするコリンがウィンザー城に入れたのは、父親の威光のおかげだったっけ、と思い出す。

キネ旬の次号は20日発売なので、もし誌面を見たい方はお早めに!


ブログパーツ

● COMMENT ●

入るどの書店もキネ旬売り切れで、まだ入手しておりません。
美術家のケネス・クラークは存じませんでしたけど、かなり著名な方なんですね。映画ではコリンが御曹司という印象があったくらいしか覚えておりません。あの映画は、ほぼマリリン重視で見ていたもので。…主人公はコリンのほうでしたっけ。

>たけしさん

もうすぐ次号発売の頃ですからねえ。
なくても、あとでお譲りしますよー。
私もお父さんがそんなに有名だとは把握しておらず。映画にも少しは出てきていたと思いますが、再見したら確かめます。
いやいや、主人公はマリリンでいいんです。ミシェル・ウィリアムズ嬢の素晴らしいマリリンでした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3065-2b706ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ターザンの猛襲」 «  | BLOG TOP |  » 「猫に名言」写真展

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード