topimage

2017-03

「ターザンの猛襲」 - 2016.04.19 Tue

ターさん、息子を見つける!

そういう原題です。ターさんというか、ターザンですが。

名付ける
ターさん、赤ちゃんにボーイと名づける。哺乳瓶を持ちながら…

墜落した飛行機の生き残りが赤ちゃんだけ。チンパンジーたちが飛行機の中から連れ出します。
ああ、それでターザンに渡すのか、と思ったら、チータが赤ん坊を横取りするんです! チータというのは、ターザンとジェーンの家族のようなチンパンジー。それで、チータが赤ん坊をふたりの家へ。
ジェーンのほうがチンパンジーより子育てにふさわしいには違いないですが、なんか、チータが略奪した感が否めない。(笑)

ターザンにより、ボーイという名前をもらった赤ちゃん。彼が5歳くらいに育ったっぽい頃、墜落機の探索隊がやってきた。
子どもを返すのをターザンは嫌がる。
「ターザン」映画に出てくる文明人の中には、いい人はいるけど、たいてい、お金が目当ての人物もいるようで、現代文明での暮らしの批判になっているのかもしれない。

ボーイ役のジョン・シェフィールドは、ジョニー・シェフィールドとクレジットされることもあったようで、「ジョニー」はターザン役のジョニー・ワイズミュラーと同じ。
名前が同じせいではなかろうが、ボーイ役を選ぶ際には、ワイズミュラーがシェフィールドを気に入ったらしい。

ボーイの実の母親役には、ラレイン・デイさん。翌年にはヒッチコックの「海外特派員」に出演する。
リチャード・ソープは、前作「ターザンの逆襲」から4本連続でターザン映画を担当し、50年代、60年代までもエルヴィス・プレスリーの映画ほか、多くの作品を送りだした監督。

ボーイと

ラストでジェーンが槍に刺されたけど、ターザンに抱きかかえられたら、あれ? だいじょうぶなのか! と少し違和感があった。
これは、ジェーンが亡くなるバージョンを試しに公開してみたところ、大不評だったため、生き延びるバージョンが採用されたそうだ。
ジェーンがいなくなったら、続編はターザンとボーイ、そして、ターザンの新たなロマンス…だったのかもしれない。

(4月16日)

TARZAN FINDS A SON !
1939年 アメリカ作品
監督 リチャード・ソープ
出演 モーリン・オサリヴァン、ジョニー・ワイズミュラー、ジョン・シェフィールド、フリーダ・イネスコート、ラレイン・デイ

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 1939 MGM

ブログパーツ

● COMMENT ●

こんにちは。

ボーイって、ジェーンの子供かと思ってました。(@@)

それにジェーンが槍に刺されるなんて…死んでしまうような結構怖いシーンも用意されていたとは…死ななくてよかった。(^^)

>白くじらさん

おはようございます。
毎度ありがとうございます。ターザン、感激。
ジェーンとターザンの子はできないんでしょうかねー。映画では、もちろん何も触れていません!

原住民に捕まったあと、ボーイを逃がして、その後ろを走ったジェーンの背中に、投げ槍が当たるんですよ。
ジェーンの降板が、マンネリを変えたい映画会社の意図なのか、ひとつの役にイメージを固定されたくないモーリンの意向なのか。結局、あと2本、モーリン&ワイズミュラーでつくります。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3066-6426fe32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ターザンの黄金」 «  | BLOG TOP |  » マリリン in キネマ旬報4月下旬号

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード