topimage

2017-03

「ターザンの黄金」 - 2016.04.20 Wed

ターザン、金いらない。

文明人、金いる。

もう、数年間はターザンの映画しかブログに書かないんじゃないかという勢いですが。そんなことはありません。あと2本。


ジェーンと花
泳いだあとのジェーンとターさんの語らい。

ボーイは川の中で小石状の金を見つける。文明国では金で飛行機でも買えるのよ~(キラキラン!)という話をジェーンに聞き、子象に乗って、ひとりで「都会」に向かって出かけていくボーイ!
途中、原住民の子どもをサイから助けるが、原住民の大人たちに捕まってしまう。危機一髪、部族を調査に来た一行に救われる。
調査隊の教授の助手は、金の話を知り、悪だくみを画策する…。

チンパンジーのチータ、頭がいいです。長い棒を持って、何をするのかと思ったら、象に棒を立てかけて登り、背中に乗るわけですよ! 感心。
酔っぱらった演技をしたり。人気があったでしょうねえ。とくに子どもには。

以前の作品(どれだか忘れたが、1本目か)で一度出てきた、ヘンな見かけの鳥が再登場。何これ? 見つけた人間も「夢か?」というような表情をしているので、架空の鳥なのか? ジョークなのか!? ジョークをかます必要があるのか? なんで?(笑)

人が川に落ちたりすると、必ず、ワニが陸から水の中に入ってくる場面が映る(笑)。おちおち落ちていられない。

このルートは近道だけど最も危険な部族がいるからやめたほうがいい、と忠告されるのに、案の定、無視して無理やり進み、案の定、捕まってヒドイことになり、案の定、ターザン(と象の大群)が助けに来る。

全員で

カメラマン役で、バリー・フィッツジェラルドが出ていて、びっくり。有名です。
検索すればわかりますが、「我が道を往く」「わが谷は緑なりき」「そして誰もいなくなった」などの出演作がある。

(4月17日)

TARZAN'S SECRET TREASURE
1941年 アメリカ作品
監督 リチャード・ソープ
出演 モーリン・オサリヴァン、ジョニー・ワイズミュラー、ジョン・シェフィールド、バリー・フィッツジェラルド、レジナルド・オーウェン

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


(c) 1941 MGM

ブログパーツ

● COMMENT ●

ターザン、金いらないが、コメいる。

しょうがないなあ。米じゃなくてコメントですよね? ボーさんと一緒じゃないですか~。

現代文明が珍しいのよね。

コメ欲しいと言ってる本人がコメしちゃったじゃん。

こんにちは。

ついに金が!
金の魔力に取りつかれると、欲や、争いが生まれるんですよね。

ターザンは、けがれ無きところで生活してほしいですね。
でも確か、ターザンはいいところのボンボンでしたっけ。(^^;

>白くじらさん

こんにちは。ありがとうございます。
金が出ました! こうなると、ジャングルの平和も危ういです。
ターザンの過去は、映画ではまったく触れていません。謎です!
もしかしたら、いつも味方をしてくれる象たちが親…のわけないですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3067-59c838c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ターザン紐育へ行く」 «  | BLOG TOP |  » 「ターザンの猛襲」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード