topimage

2017-08

「アイアムアヒーロー」 - 2016.04.27 Wed

おもしろい!

けっこう怖いし。はじめのうち(慣れないうち)は特に。
グロいのがダメな方は要注意。
路上のパニックシーンなどは、がんばって、うまく作ったと思いますよう。主人公の気持ちになって見られる。これ、どうすんだ、この状況!? ええっ? って。アドレナリン出ますよ!

守る

シッチェス映画祭観客賞(その他受賞もあり)、と聞いたのが、観ようと思ったいちばん大きな理由。
受賞は伊達じゃない。海外の観客にも受ける面白さ。

同ジャンルのヘタな外国映画よりも出来がいいのではないかと。よく、ここまで作ったなと。予算もハリウッドほどはなかろうに。
日本映画を下に見ていたわけではないが、どこかダサい場合があるでしょう? ないですか?
そんなこともあって(でも、洋画だってダサいものあるよね)、私はあまり日本映画を見てきていないので、今どきの国内娯楽作品映画レベルを知らないのかもしれませんが、これは文句なく楽しめました!

有村架純さん、長澤まさみさんという、2大美女に挟まれた英雄、大泉洋もピッタリな役。
ただ、ラストの銃撃連発は、よく、やられる前にやったなと思いました! 敵の動きが遅すぎるにもほどがある、ということでしょうか!? 少しは急げないんでしょうか。

あたしも

エンディングを観ながら思っていたのは…「このあと、どうなるんだよお~!?」
とにかく、架純&まさみ、で満足。
あ、片瀬那奈さんも、ものすごいことになって、楽しかったです!(本人も楽しかったはず。)

(4月24日 イオンシネマ 板橋)

2015年作品
監督 佐藤信介
出演 大泉洋、有村架純、長澤まさみ、片瀬那奈、栗田恵美

参考:アイアムアヒーロー|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。4点に近い。満点は5点)


わたしも

(c) 2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (c) 花沢健吾/小学館

ブログパーツ

● COMMENT ●

なんつっても観客賞を取る映画は信用おけるよね。
逆に観客賞を取っておきながらメチャクチャつまらなかったら、その映画祭の株が下がっちゃうくらい。外国の方にも日本の美女が伝わったかなあ?

>ふじき78さん

そうなんです、観た観客が、おもしろかったよ、と表明している賞ですからね。
日本映画にしては、かなり振り切った、やり切った感が。
美女、伝わると思いますよー。きっと、ファン増えます。

片瀬さん

ボーさん☆
片瀬さんが物凄いことになってましたねー
モデルだったのに…
長澤まさみも男前だったけど、片瀬さんもそんなのOKするって相当男前です!

どうなるのでしょう?

ボーさん☆
グロかったけど面白かったです~~
最後はどうなるのでしょう?含みを持たせたラストも良かったです。

>ノルウェーまだ~むさん

ん? ふたつのコメが…。
見ているとき、片瀬さんに気づきませんでした…。申し訳ないことでございます。あんな姿になっちゃって。あはは(笑うなよ~)。

富士山をめざすのかと思いますが、どうなることか。原作が続いているので、映画も決着はつけていないんですね。

こんにちわ

面白かったですよね♪
ラストシーンなんかはウィル・スミスのI Am Legendを想い出しちゃいました。

原作では主人公は、その後まさみちゃんと付き合い、そのあとかすみちゃんと付き合うみたいですよ。モテモテやん。
ひょっとしたら映画も続編出来たりして@

>mia☆miaさん

こんにちは。
これは面白かったです。
「こういうのとは思わなかった…」と見終わってから言っている観客がいましたが、耐性がないとキツイかも。
アイアムレジェンドは見ていないのですよ~。あ、タイトルが似ている…。

えっ! ふたりと付き合うとは! うらやましい! では続編は私が代わりに出ます!

こんばんは

かなりグロかったですよね。
でも日本もここまでやれるんだ~と楽しんで観てました。
片瀬那奈さんすごかったですね 笑
彼女が出演してると楽しみになります。

>yukarinさん

おはようございます。
はい、日本映画でも、やれるんだなーと認識を新たにしました。
なにやら、テレビ局がスポンサーでないと、少しは無茶できるのだとか?
片瀬さんは、いいですよね! 変態仮面の続編には出るのかなー。

有村架純さん、薬師丸ひろ子の影武者だったころからずいぶんブレイクしましたね… わたくしウィキペディアでこの先の展開をざっと読んでしまったのですが、「あ、これだったら映画の結末でいいや」とおもっちゃいました

>SGA屋伍一さん

おー、原作ではもっと先に進んでいるようですからね。私も読んでみようかな!
もう影武者とは言わせない、表武者です!(なんだそれ)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3070-fb9381de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アイアムアヒーロー』を新宿ピカデリー6で観て、しょーがないじゃん有村架純がかわいいんだから★★★★

▲美女二人。映画の命題はこの二人と引き換えに世界を失ってもいいか、という気もするのだけど、それだったら答はYESでしょう。 五つ星評価で【★★★★虐殺されるゾンビよ ...

アイアムアヒーロー

 邦画でも大作エンタメをしっかり作れることを証明した傑作。特に、序盤の日常が一気に崩壊していくシーンは、同様の素材だった「ワールドウォーZ」を凌駕していたと思います。ただ、スプラッターが苦手な人は、ちょっとしんどいかも。  作品情報 2015年日本映画 監…

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー@一ツ橋ホール

劇場鑑賞「アイアムアヒーロー」

俺が君を守る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604230000/ アイアムアヒーロー 公式映画原作本 終わりの始まりだ [ 花沢健吾 ]価格:699円(税込、送料無料) 【在庫あり/即出荷可】【漫画】アイアムアヒーロー 全巻セット (1-20巻 最新刊) / 漫画全巻...

アイアムアヒーロー

有村架純と長澤まさみがそばにいるだけで男は強くなれる!  

アイアムアヒーロー

35歳の漫画家アシスタント鈴木英雄がアパートに帰ると、そこには「異形」の彼女がいた。 一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。  謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体ZQN(ゾキュン)で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥った。 標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かった英雄は、女子高生・比呂美や元看護師・ヤブらと出会う…。 サバイバル・アクション。

『アイアムアヒーロー』 映画@見取り八段

監督: 佐藤信介 キャスト: 大泉洋、有村架純、長澤まさみ、吉沢悠、岡田義徳、片…

アイアムアヒーロー ★★★★

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」などの花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。メガホンを取るのは、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介。...

「アイ アム ア ヒーロー」☆大泉洋と思って舐めたら危険!

あー、面白かった! あー、疲れた・・・・・ あー、マジ怖かった(;´д`) うー、グロかった・・・ これってゾンビが出てくるゆる~いコメディかと思っていたら大間違い!!!これはコメディだけどホラーだわ。 でも相当良くできていて、実に面白い!!!

アイアムアヒーロー

【I AM A HERO】 制作国: アメリカ 制作年:2012年 鈴木英雄。漫画家デビューに失敗し、アシスタントで生計を立てる 崖っぷちの35歳。恋人とは破局寸前。平凡で変哲のない、何の面白 みもない毎日を過ごしていた。 そんな英雄の普通の毎日は、恋人の変貌で突如終わりを告げる。 血管が浮き出て、人のものとは思えない目と、動き・・・。 それは異形そのものだった。 アイア...

「アイアムアヒーロー」DQNに追い込まれた先にみた自ら生き残るため誰かを救うために勇気をもって立ち上がった平凡な男のヒーローストーリー

「アイアムアヒーロー」(R15+指定)は花沢健吾原作の漫画を映画化した作品で、正体不明の感染によりゾンビと化した人間たちが街の人たちを襲いパニックになるなか生き延びようとする ...

アイアムアヒーロー

謎のウイルスに感染してZQNと呼ばれるゾンビ化した人々に襲われ逃げ惑う様子を描いたパニックムービー。世界三大ファンタスティック映画祭の第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭では観客賞及び最優秀特殊効果賞、第36回ポルト国際映画祭では観客賞及びオリエンタルエ...

『アイアムアヒーロー』

男はいつでもヒーローになれるのだ! 実に爽快なゾンビ映画だ。日本映画独自のゾンビ映画の誕生に心躍るではないか! 説明不足は甚だしいけれど、鈴木英雄が勇気を振り絞ること一 ...

アイアムアヒーロー

評価:★★★【3点】(10) 基本的に機敏なゾンビは認めたくないのだ^^;

アイアムアヒーロー

ようこそ。絶叫のZQN(ゾキュン)パニックへ。 上映時間 127分映倫 R15+ 原作 花沢健吾『アイアムアヒーロー』(小学館『ビッグコミックスピリッツ』連載) 脚本 野木亜紀子 監督 佐藤信介 出演 大泉洋/有村架純/長澤まさみ/吉沢悠/岡田義徳/片瀬那奈/片桐仁/マキタス...

アイアムアヒーロー

2016/04/23公開 日本 R15+ 127分監督:佐藤信介出演:大泉洋、有村架純、長澤まさみ、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雅、徳井優、風間トオル ようこそ。絶叫のZQN(ゾキュン)パニックへ。 STORY:漫画家アシスタントとしてパッとしない...

アイアムアヒーロー

 『アイアムアヒーロー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)話題のゾンビ映画(注1)ということで、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、TVで女子アナが「広島県で45歳の女性が土佐犬に噛まれました。重傷です」といったニュースを読み上げています。 ...

アイアムアヒーロー

テレ東がアニメ放送している間は問題無いってのは笑った。

[映画][☆☆☆★★][2016年の映画]「アイアムアヒーロー」感想

 「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載中の、花沢健吾原作のコミックを、「図書館戦争シリーズ」の佐藤信介監督、「駆込み女と駆出し男」の大泉洋主演で実写映画化。感染すると凶暴な動く死体「ZQN(ゾキュン)」となる謎のウイルスが蔓延。世界中がパニック

アイアムアヒーロー  監督/佐藤 信介

【出演】  大泉 洋  有村 架純  長澤 まさみ 【ストーリー】 漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す...

日本発、ゾンビ映画

1日のことですが、映画「アイアムヒーロー」を鑑賞しました。 漫画家アシスタントの35歳 鈴木英雄 彼の恋人が謎のウイルスに感染して襲い掛かってくる 慌てて散弾銃を手に外に飛び出すが街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美と逃げる...

ジャパン・オブ・ザ・デッド 花沢健吾・佐藤信介 『アイアムアヒーロー』

♪ ヒーロー ヒーローになるとき ああ アイアムア ビッグコミックスピリッツ連載

『アイアムアヒーロー』

いや〜ナメてましたわ。 こりゃ凄い。 「邦画として」ではなく、「洋画邦画問わずゾンビモノとして」衝撃的だった。 予告編の段階では全く観に行く気が起きなかったけど、なん ...

アイアムアヒーロー

2015年 日本 127分 ホラー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2016/04/23) 監督: 佐藤信介 『図書館戦争 THE LAST MISSION』 原作: 花沢健吾『アイアムアヒーロー』 出演: 大泉洋:鈴木英雄 有村架純:早狩比呂美 長澤まさみ:藪/小田つぐみ 吉沢悠:伊浦 岡田義徳:サンゴ 片瀬那奈:てっこ 片桐仁:中田コロリ マキタスポーツ:松尾 塚地武雅:三...

映画評「アイアムアヒーロー」

☆☆★(5点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・佐藤信介 ネタバレあり

アイアムアヒーロー

JUGEMテーマ:邦画     「アイアムアヒーロー」 監督:佐籐信介 原作:花沢健吾 2016年 日本映画 127分 R15+ キャスト:大泉 洋      有村架純      長澤まさみ      吉沢 悠      岡田義徳   売れない漫画家...

アイアムアヒーロー (2015)

原作は、花沢健吾の同名コミック『アイアムアヒーロー』かなり、好奇心はあれど、観るのを迷い、覚悟はしてたけれど、かなり、ハードにスプラッターなホラーでした。琴線に触れたのは、今をときめく有村架純と長澤まさみが出てたことと、世界三大ファンタスティック映画祭の第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭では観客賞及び最優秀特殊効果賞、第36回ポルト国際映画祭では観客賞及びオリエンタルエキスプレス特別賞...

「ルーム」 «  | BLOG TOP |  » マリリン in 「ツイン・ピークス」(の台詞)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード