topimage

2017-05

「スポットライト 世紀のスクープ」 - 2016.05.14 Sat

そのままでは知りようがなかった事実を人々に知らせることができるとき、報道の意味は大きい。

「映画感想(映画館などで)」のカテゴリー、600本目の記事。
ちなみに、500本目の記事は、これ

膨大な資料を1行ずつ調べていったりと、地味な作業も多くて、こつこつと仕事をすることの大切さを改めて思う。
自分のことにあてはめてみると、たとえ仕事の中身は違っても「こつこつ系の仕事」では、あー、もうやだ、めんどくせー、と感じるのが、しょっちゅうだが、やらなければ、責任をもった仕事は終わらないのだ。
日々そうやっていくのが仕事なのである。誰かの、何かのためになり、対価としてお金を得るのである。

スポットライト

この事件、神父はそんなことをしない、とキリスト教を信じている人が多い海外では衝撃的なのかもしれないが、私には、ちっともショッキングではなく、その点ではインパクトはない
だから…記者たちの行動は、こつこつ地味めで…私の彼女レイチェル(・マクアダムス)が出ていなかったら、寝たかも。本日3本目の映画のせいもあるのかもしれないが、途中までは眠かった。

観たあとで一番驚いたのは、編集長がリーヴ・シュレイバーだったとは、まったく気づかなかったこと。彼が出ると、だいたい顔を見た時点で気づくのだが。

大スクープを拾った彼らではあるが、以前にも情報は得ていて、その時には見逃がしていたというのが興味深い。
やり直すのに遅いことはない(場合もある)、とも言えるし、思わぬところにチャンスはある、とも言えるだろうか。(チャンスというのは、本作の場合、多少の語弊があるが。)

(5月8日 イオンシネマ 板橋)

SPOTLIGHT
2015年 アメリカ作品
監督 トム・マッカーシー
出演 レイチェル・マクアダムス、マーク・ラファロ、マイケル・キートン、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、ジョン・スラッテリー

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


Photo by KERRY HAYES (c) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

ブログパーツ

● COMMENT ●

気付かないですよね

ボーさん☆
リーヴはちゃんとオーラを消していたので、本当に途中まで気付かないくらいですよね。
役者さんは凄いです。

おっしゃる様にコツコツと地味な作品でした。
役者も一人が突出することないよう、あえての演出なのか。
でもアンサンブルで素晴らしい。
彼らがジャーナリスト魂に突き動かされていく姿には熱いものを感じました。

>ノルウェーまだ~むさん

はい、ひげのない写真を見ると、すぐ彼とわかるのですが、今回はひげでだまされたようです。すごくフツーの人っぽくしていた(?)せいもありますね。

>pu-koさん

そう、すばらしいのだと思います。
個人的に、まじめでおもしろい映画より、楽しくておもしろい映画を求める気分が強い時期なので(?)、まあ、フツーな「好き度」になりました。
記者たるもの、いつも、こんな信念でいていただきたいですよね。

こんにちは

大スクープの記事が以前見逃していた情報だったのが印象に残りました。
ほかにも見逃してるものがあるのかもしれませんね。たまには振り返るのもいいのかなと思ったり.....。でもこんなひどい出来事が埋もれたままにならなくてよかったです。

>yukarinさん

こんばんは。
見逃してたーっていう、ほんとのことを隠さないのがいいですね。
これ隠したら、記者のほうが隠蔽体質になってしまいますからねー。
まだまだ、いろんな、埋もれた事があるのでしょうけどねえ。

いい人マークさんもレイチェルも良かったな♪

>migさん

マーク、「シビル・ウォー」に出ていない(超人ハルク)と思ったら、こっちに出ていたんですね~。(そういうわけじゃない?)

ボー・BJ・ジングルズさん、こんにちは。
「六日の菖蒲」のayameです。TBをいただき、ありがとうございました。

貴ブログ、拝読いたしました。カトリック・スキャンダルよりも、記者たちの取材に力点を置いた記事内容は、ユニークで気に入りました。確かに、情報があふれる今、何を選択して記事化するかは重要なことで、その点、新任の編集局長のセンスがよかったということですね。それは、宗教や政治を含めた世の中の「権威」と称されるものから、一歩距離を置いて眺める客観的な目と行動力があればこそのことでしょうね。

その編集局長を演じたリーヴ・シュレイバーの落ち着いた演技力が、ひときわ輝いた作品だと思いました。

>ayameさん

おはようございます。
そうですね、神父だから悪いことをしない、なんて思っていませんので、この話もまったくショックではありませんでした。そうすると記者の動きに目が行くことに。
警官とか知事とかの地位に就くと、へんに偉くなったと勘違いして好き勝手なことをやりがちだと思っています。

これは日本だったら、校長先生の6%が性犯罪者で教育委員会(「教育いい感い」と誤タイプした)が隠蔽していたみたいな事件でしょうねえ。

見せ場を作るならマーク・ラファロが激怒して緑色の大男になってバチカンに乗り込むも、バチカンでも悪魔退治のノウハウを利用した特殊部隊が待ち伏せしていて、いや、そんな映画じゃない筈だ。

>ふじき78さん

マイケル・キートンも昔のバットマンですから、レイチェルを無理やりスーパーヒロインに仕立てて、3人で暴れ砲台じゃない、暴れ放題な新聞社にすればいいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3081-c6ceba5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画:スポットライト Spotlight  真実はひとつしかない、を再実感させる点で、貴重な光を放っている一作。

まず冒頭、当ブログでのアカデミー賞候補検討時の発言を撤回したい。 <去年の激戦とは全く違う次元の戦い… <2年連続の獲得でいいのか?!のイニャリトゥ。 <ところが戦いを挑む他作群に迫力がほとんどない? <期待した「スポットライト」に...

劇場鑑賞「スポットライト 世紀のスクープ」

教会のタブーに挑む… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604150000/ 【送料無料】 スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight 輸入盤 【CD】価格:2,615円(税込、送料込) スポットライト世紀のスクープ [ ボストン・グローブ紙 ]価格:1,728...

「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動

ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。 かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。 その真摯な態度が、何よりこの映画の評価をアカデミー賞作品賞に押し上げたと言えるのでは?

スポットライト 世紀のスクープ  監督/トム・マッカーシー

【出演】  マーク・ラファロ  マイケル・キートン  レイチェル・マクアダムス  リーヴ・シュレイバー 【ストーリー】 2002年、ウォルターやマイクたちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナー「Spotlight」を担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやに...

スポットライト 世紀のスクープ

評価:★★★★【4点】(11) ゾンビ神父は全体の6パーセント。さてその分母とは。

スポットライト 世紀のスクープ

 『スポットライト 世紀のスクープ』を渋谷Humaxで見ました。 (1)本年のアカデミー賞の作品賞と脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「事実に基づく物語」(based on actual events)との字幕が出て、まずは1976年の...

スポットライト 世紀のスクープ

 ボストンでカトリック教会の児童性的虐待をスクープしたボストン・グローブ紙の取材班を映画化。事実を元にしているので淡々としているけど、報道機関の重要性というのを改めて感じました。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:トム・マッカーシー 出演:マーク・…

【映画】スポットライト/Spotlight(原題)

スポットライト(2015)アメリカ 原題:Spotlight 監督:トーマス・マッカーシー 脚本:ジョシュ・シンガー/トーマス・マッカーシー   出演:マーク・ラファロ /マイケル・キートン /レイチェル・マクアダムス/リーヴ・シュライバー/スタンリー・トゥッチ 【あらすじ】 ボストンの地方紙ボストン・グローブのスポットライトチームは、新任のボスの提案で、ローマンカト...

スポットライト 世紀のスクープ★★★.5

カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を基に、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描いた実録サスペンス。出演はマーク・ラファロ、マイケル...

『スポットライト 世紀のスクープ』

この事実を記事にしなかった場合、誰が責任を取るのか。 何と地味なオスカー作品だろうか。しかし何と渋くて格好いいオスカー作品だろうか。そして何と無駄なシーンのないオスカ ...

闇にさす光~『スポットライト 世紀のスクープ』

 SPOTLIGHT  2001年。ウォルター・ロビー(マイケル・キートン)をリーダーとするボストン ・グローブ紙の調査報道特集「スポットライト」チームは、新任の編集局長マ ーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)から、カソリック神父による少年らへの 性的虐待事件を追うよう命ぜられる。  第88回アカデミー賞において、作品賞と脚本賞を受賞した実話ドラマ...

スポットライト 世紀のスクープ

【SPOTLIGHT】 2016/04/15公開 アメリカ 128分監督:トム・マッカーシー出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、ビリー・クラダップ、スタンリー・トゥ...

映画「スポットライト 世紀のスクープ」

映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。

スポットライト 世紀のスクープ/SPOTLIGHT

更新遅くなってしまった この春イチオシ。アカデミー賞作品賞と脚本賞のW受賞作品 ピューリッツァー賞も受賞したボストン・グローブ紙の調査報道の全貌と、 ジャーナリスト魂を貫いた記者たちの闘いを描いた実話に基づいた社会派ドラマ。 監督は、俳優から監督/...

ショートレビュー「スポットライト 世紀のスクープ・・・・・評価額1700円」

スポットライトが照らし出したものは。 カソリック聖職者による、子どもたちの性的虐待事件を暴いた、ボストン・グローブ紙の“スポットライト”取材チームを描く群像劇。 情報量は膨大ながら、いかにも新聞社の話らしく、実に端正にまとまっていて観やすい。 今年のアカデミー賞は脚本賞が本作、脚色賞が「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と共に実話ベースの作品となった。 どちらもジャーナリズム色の...

スポットライト 世紀のスクープ

その数に驚いた [E:shock] 公式サイト http://www.spotlight-scoop.com 事実を基にした映画 監督: トム・マッカーシー  「扉をたたく人」 「 靴職人と魔法のミシ

記者たちが知る、その真相の大きさ

5日のことですが、映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。 アメリカの新聞「The Boston Globe」 2002年 新たな編集長の指示の元 スポットライトチームは 彼らがこれまでうやむやにされてきた 神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する...

「スポットライトー世紀のスクープー」

人が人を殺す事は、ある。しかし、組織が人を殺す、それを暴いたのがこの作品である。実際に刃物や銃器で殺される訳ではない。だが、被害者達は一度精神的に殺されている。そして被害者達が後に自殺をしてしまうケースも多い。世紀のスキャンダル。聖職者が教会の地位を利用して、信徒の子供達に性的虐待を行う。それも一件や二件ではない。…マサチューセッツ州ボストンの新聞、グローブ紙は、「スポットライト」という長期...

スポットライト 世紀のスクープ

2001年、夏。 ボストンの地元新聞“ボストン・グローブ”の新任編集局長としてマイアミからやって来たマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)は、目玉になる記事の材料を物色し、神父による子どもへの性的虐待事件に着目すると、これを追跡調査する方針を打ち出す。 リーダーのウォルター“ロビー”ロビンソン(マイケル・キートン)を中心に、特集記事欄《スポットライト》を担当する4人の記者(マーク・...

映画『スポットライト~世紀のスクープ』…世界を揺るがすカトリック・スキャンダルとジャーナリスト魂

本作は、アメリカ人の(欧米人の)心の中に深く根付いているカトリック教会と、それが長年にわたって犯してきた犯罪をテーマに、そこに鋭く切り込んで行こうとする地方新聞の記者たちの勇気ある取材活動を、セミ・ドキュメンタリー風に描いた社会派ドラマの傑作だ。 いわ…

スポットライト 世紀のスクープ(2015)**SPOTLIGHT

 暗闇にひときわ輝く、希望の光―― MOVIX京都にて鑑賞。アカデミー賞作品賞、脚本賞に輝いたということで観に行ってきました。正直ハードルが高いかなあ。記者やマスコミ関係の人には絶賛されていて凄く良い作品だと思います。真実を伝えたいということは確かに凄いこと...

『スポットライト 世紀のスクープ』をギンレイホールで観て、その地味さにいたく感銘ふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★地味なんである。スタンドプレイや強引なカタルシスが用意されていない。逆にそこに誠実さを強く感じる】 もっと娯楽寄りに仕上げる舵取りもできたであろ ...

映画評「スポットライト 世紀のスクープ」

☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ=カナダ合作映画 監督トム・マッカーシー ネタバレあり

「フィフス・ウェイブ」 «  | BLOG TOP |  » 「ちはやふる -下の句-」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード