topimage

2017-03

「フィフス・ウェイブ」 - 2016.05.17 Tue

本格的な侵略SFものかと思ったら。

けっこう期待していたけど、始まってみれば、ヤングアダルト系の原作だったのか!

ポスター

この日、映画館で4本目の観賞。
ネタばれしますから、今後見る予定の方は、以下読まないほうがいいと思われます。

♪ ある日~、空の中~、ぽっかり浮いた宇宙船。
フィフス・ウェイブとは、第5の波という意味で、
第1の波は「暗黒」。エネルギー供給をシャットダウンする。電気やら水道やら止まる。
第2の波は「崩壊」。地殻変動で、地震とか津波が。
第3の波は「感染」。鳥インフルで、ウィルスをまいたり。
第4の波は「侵略」。人間に寄生しちゃって、見かけは人間のまま。
さて、第5の波は?

クロエちゃんは弟と離れてしまい、なんとしても再会して一緒にいようと、がんばります
YA(ヤングアダルト)だと気づいてくるのは、若者たちが軍隊に連れてこられて訓練するシーンが始まるあたり。
クロエに至っては、危機を若いイケメンに助けられて、ともに旅する途中で、彼が川で行水をする場面を目撃しちゃいます!
男が女性の行水を見るシーンは、映画の中で何度も見たけど、逆パターンは初めて見たかも。
イケメンに傷の手当てをしてもらったり、抱きかかえられたり…女子からすれば、萌えますよねー。たぶん。

もえー

クロエが弟と別れてしまったのは、彼女が弟の忘れ物を取りにバスを降りていた数分のうちに、バスが発車してしまったからですが、クロエたん、運転手に
「ちょっと忘れ物とってくるので、少しだけ待っててちょ~だいっ!」
とか言っておけばいいじゃんねー。
と、少しは思いました。言っておいても、しょうがなく発車したかもしれませんが。

軍人たちの行為に、これはちょっとどうなの!? と、首をかしげるところもありましたが、ああ、そういうことなのね、と、後から納得できる理由は存在していたので、そのへんはちゃんとしていてよかったですね。

当日、3本目に観た「スポットライト 世紀のスクープ」でも出演していた(私は気づかなかったが)リーヴ・シュレイバーが軍人役に(本作のほうは、すぐに彼だと認識できた)。

ひとりで

弟と再会して、守るんだ!というクロエたんのブレない意思がいいです。
とんでもない状況になりながら、自分がするべき目の前のことを必死に成し遂げようとする姿は、どんなときでも尊いものです。

ラストは、途中で終わった感が強く、風のウワサでは、3部作の構想があるとかで、だとしたら、それはそれで見なきゃいかんだろ~という気になるし、少し楽しみでもあります。

エンドロールの歌が、ちょっとカッコいいなと思って字幕を見ていたら、Siaという人が歌っているのがわかり、YouTubeで探した。
曲は“Alive”。私は生き延びた、あなたはすべてを奪ったけれど私はまだ呼吸している…といった内容の歌で、この映画にもふさわしいようだ。

なんと、公式のミュージックビデオには、空手家の少女、高野万優(まひろ)さんが出演しているのだが、ここでは女優の土屋太鳳(たお)さんが踊るバージョンを載せておく。彼女は日体大で舞踊学専攻ですからね! (朝ドラ「まれ」のオープニングでも少し踊ってましたよね。)



(5月8日 イオンシネマ 板橋)

THE 5TH WAVE
2015年 アメリカ作品
監督 J・ブレイクソン
出演 クロエ・グレース・モレッツ、ニック・ロビンソン、アレックス・ロー、ザカリー・アーサー、マイカ・モンロー

参考:フィフス・ウェイブ|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆(3点。満点は5点)


ブログパーツ

● COMMENT ●

なるほど、SF的にも彼氏との関係においても物足りないと思ったらこれからということになるんでしょうね。
思いのほかマッチョな若者の行水シーンは私も眠気が覚めましたw

>pu-koさん

ラストは「これからも続くのだ」ということで観客の想像にまかせて、終わりでもいいのですけどね。
メタボな人の行水シーンだったら苦笑。というか、コメディ映画なら、あり?

こんばんは。

おおっ、劇場鑑賞されていましたか!
こちらでは、いったいいつ上映されたのやら…でした。(^^;

噂とはいえ、やっぱり「メイズ・ランナー」などのように3部作予定作品でしたか。
なにしろ、飛行物体にまだ何もしていませんし、序盤も序盤のお話でしたね。また次回に期待です。(^^)

男性の行水…うーん、小鳥頭なので「ボディ・ターゲット」くらいかな…でも、これはひょっとしたら子供たちが見たかも。
「ターザン」だったら何度もジェーンが見ていたかもね。(^^)

音楽はなかなかによかったですね。(^^)
ブログに貼りつけてあってよかったです。
前に確か「ザ・ディープ」の音楽もここで発見して嬉しかったような。

トラックバック、ありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。

>白くじらさん

おはようございます。
少数の映画館でしか上映されていませんでしたが、狙って行きましたよ~。
クロエたんの侵略SFぐらいのことしか知らずに観ました。
…まあ、こんなところか…というより、終わってないですからっ!

うーむ、「ボディ・ターゲット」というものを知らないボーなのでしたー。
マッチョなターザンなら、見ごたえがありそうな…ジェーンは、こっそり陰で見るより、いっしょに入浴するタイプですかね。いっしょに裸で泳いだ過去がありますし。
「ザ・ディープ」も、ここで聞けますよ! たぶん静止画でしたけど。(確認しないのかよ、ボー!)

こんにちは

まさかのこれからって時に終わってしまって...びっくりでした 笑

>yukarinさん

おはようございます。
評判がよければ、続きをつくるよーって、かえって、いさぎよい…と無理やり思いましょう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3082-db996329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【映画】フィフス・ウェイヴ

フィフス・ウェイヴ(2015)アメリカ 原題:The 5th Wave 監督:J・ブレイクソン 脚本:スザンナ・グラント /  アキヴァ・ゴールズマン  / ジェフ・ピンクナー 出演:クロエ・グレース・モレッツ/  ニック・ロビンソン/ ロン・リヴィングストン/ マギー・シフ/リーヴ...

フィフス・ウェイブ

愛は種族存続の幻覚だ…と思っていた。 2016年(THE 5TH WAVE)製作国:アメリカ監督:J・ブレイクソン原作:リック・ヤンシー製作:トビー・マグワイア、グレアム・キング、マシュー・プルーフ、リン・ハリス製作総指揮:デニス・オサリヴァン、リチャード・ミドルトン、ベ…

フィフス・ウェイブ

【THE 5TH WAVE】 2016/04/23公開 アメリカ 112分監督:J・ブレイクソン出演:クロエ・グレース・モレッツ、ニック・ロビンソン、ロン・リヴィングストン、マギー・シフ、アレックス・ロー、マリア・ベロ、マイカ・モンロー、ザカリー・アーサー、リーヴ・シュレイバー STORY:謎の地球外知的生命体が地球上空に飛来、世界中の電源をシャットアウトし人類を混乱に陥れる。...

「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」 «  | BLOG TOP |  » 「スポットライト 世紀のスクープ」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード