topimage

2017-11

「生粋 マリリン・モンロー、あるいは~」 桐ヶ谷まり - 2016.06.10 Fri

記事タイトルでは長いので略したが、「生粋 マリリン・モンロー、あるいは虐待された少女の夢」が、本の名前。

著者の桐ヶ谷さんは、お会いしたことはないが、日本マリリン・モンロー クラブの会員さんでもある。

生粋
カバー絵は著者によるもの

本の発行日がマリリンの誕生日の6月1日で、私の手元に届いたのも6月1日だった。なんだか、すごい。

マリリンに人生を影響される実際の例を、これほどはっきりと読むのは初めてかもしれない。
桐ヶ谷さんは、16歳の夏に、映画雑誌のマリリン没後十年特集号に出会う。
そのなかの、(マリリンが)睡眠薬のビンを片手に死んでいるところを発見される、といったタイプの女の子だった、という記述に、自分と同じだと思い、そのマリリンが後に大統領の式典に出席するほどになったことに驚く。
出発点が同じなのだから、それなら、私もがんばれば、何者かにはなれるのかもしれない』(『 』内は本文引用。以下同じ)
自分の人生に強く関連づいた人物なのだから、それはもう、特別な存在になるのは納得。

マリリンが今でもこれほど多くの人に愛されているのは、この人の世の、淋しさと温もりの両方を、あの体をいっぱいに使って教えてくれたからではないだろうか
というところは、感覚的に大いに共感した。そういう表現はいいなあと。淋しさと温もり。マリリンは本当にそれを感じさせる人。

マリリン90歳のときを想像して描写したシーンは、私もそうあってほしいなあと思うような理想。世界中のファンの夢かもしれない。

「バス停留所」の話は長く書かれていて、マリリン演じるシェリーの相手役「ボー」(私のハンドルネーム)の名前もたくさん出てくるので、なんとなくうれしい。

桐ヶ谷さんは、児童学を学んでいて、「田口理論」というものを紹介している。それによると、2歳ごろまでに重要なのが密着型の育児
マリリンの場合、その時期には里親のアイダ・ボレンダーにかわいがられていたと推測している。

『見られて、見つめ返して、とりこにする』
『目を閉じた顔がこれほど雄弁な女優も珍しい』
なども印象的なので書き留めておく。

(6月6日読了)

「生粋 マリリン・モンロー、あるいは虐待された少女の夢」 桐ヶ谷まり 著
四六判 並製 208頁
定価 本体1500円+税
発行所 冬花社  電話:0467(23)9973   FAX:0467(23)9974  http://www.toukasha.com


ブログパーツ

● COMMENT ●

書店には来週はじめに入るようだ。

見かけたら買う、というより、マリリンファンの方は書店か出版社に注文しちゃってほしいな。

先週「もうすぐ読み終わる」って言ってましたけど、早くも読み終わりましたか。マリリン誕生日に手元に届いて、先週は二冊目をお渡しして、さらに書店でも購入予定って…どれだけコレクターなんでしょう!素晴らしいです。

映画「バス停留所」は、桐ケ谷さんのお気に入りの映画でもあるようで、書く事はかなりあったみたいです。マリリンのシーン、多いですもんね。ボーさんに追われたり、ボーさんに投げ縄投げつけられたり、ボーさんにシッポ取られたり…

>たけしさん

はい、次の日に読み終わりましたね~。
いやいや、書店で買わないですよ。もうすぐ書店に入るから、みなさんどうぞ!ということで!
コレクターじゃないすから!
ハンドルネームがボーだと、「バス停留所」がマリリンと自分の映画のように思えてきますね(笑)。
衣装の尻尾を取ったりとか、悪いことしかしていないように書かれていますが、チェリーを想う気持ちは誰にも負けないぜ! ひゃほー!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3094-c550f266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

舞台「日の本一の大悪党」 «  | BLOG TOP |  » 読書記録(2016年5月)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード