topimage

2017-03

「黄色いマンション 黒い猫」 小泉今日子 - 2016.06.21 Tue

くっつきがちになったり離れがちになったりしながらも1982年からのファンである私だが、あのときの16歳の少女が経験してきていたことや、その後経験する一部を知った。

アイドルとして歌番組やライヴやドラマに出る忙しさのなか、えっ、ボーイフレンドいたの!? と驚いたよ。しかも、向こうが去ったの!? 私だったら…去るわけない!
彼女が忙しすぎるから、オトコとしては付き合う時間が持てずに、別れてしまうのかな。

学校をさぼったりするのは、自分だったら、ほぼ考えられないことだったし、周囲のほかの誰もそんなことはしていなかったから、それも驚き。
オトコのクルマに乗ってドライブしてラーメン食べて帰ってくる…などなど、映画やドラマでは観るかもしれないような学生時代、ほんとにしてたんだ、というのと、何も隠さない潔さ(昔からだけど)。
家族のことだって正直に書く。父、母、姉…。
家族や愛猫の死に直面した結果に得たのかもしれない、死への透徹した思い

カバー

私自身のことを書くとしたら、ほとんど何も思い浮かばない。ドラマティックなことがないなあと、小泉さんの文章を読みながら比べてみて実感する。
いや、きっと小泉さんの感性や見方で振り返ってみたら、私の過去もいろんなことがあったふうになるのではないか? 読み物になるのではないか? その可能性はある!? かな?

Amazonにある、本書の解説文を引用して記録しておく。
『2007年~2016年まで、SWITCH連載「原宿百景」に綴った33篇+特別書き下ろし1篇。
1982年のデビュー以来、歌手、女優として、映画、舞台、テレビ、CM、そして執筆と活動の幅を広げながら、そのすべてを支持され、時を経てもぶれることのない圧倒的な存在感を放つ、小泉今日子。
本書は、彼女が十代の頃から親しみ、かつては住んでいたこともある原宿の町を再び歩き、変わり続ける街並に彼女の半生の思い出を重ねながら、9年間にわたって書き綴った自伝的エッセイ集です。
幼い日々の記憶、中学時代の友人、デビューのきっかけ、アイドル時代に住んだ原宿、秘密の恋、そして、父と姉の死……。
彼女にとって、今だから書けること、今しか書けないことが本書には詰め込まれています。
また、特別書き下ろしは、「逃避行、そして半世紀」と題し、50歳の誕生日を迎えてから初めて、自身の今の気持ちと50代突入への想いが綴られています。同じ時代を生きる女性だけでなく、彼女と共に歳を重ねてきた多くの人の胸に刺さる彼女なりのメッセージが込められています。』

(6月18日読了)


ブログパーツ

● COMMENT ●

じゃあさ、俺がボーさんのゴーストライターになって、ボーさんの過去を書こうか。

やめなさい。(誰も買わんし。)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3098-b384f30c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シングル「ヤマトナデシコ七変化」 キョン2ディスコグラフィ(23)  «  | BLOG TOP |  » 「デッドプール」

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード