topimage

2017-06

「ふきげんな過去」(舞台挨拶つき) - 2016.06.29 Wed

舞台挨拶つきの上映をゲット! ネットで発売日に買えたのだ! 奇跡!

新宿での舞台挨拶つき上映の2回目は、上映前の舞台挨拶。この回はマスコミ取材が入って記事にもなっている。
司会は、伊藤さとりさん。彼女は進行が上手だから好きです。



小泉さんは、白い模様が入った、黒のワンピース。「とても楽しく、いっしょに、ひと夏を過ごしたような気持ちになれる映画になっていると思いますので、どうぞお楽しみに」「監督が書かれている脚本の中に、まぎれもなく親子感のようなものが描かれていたので、それを忠実にやれば親子に見えるかな、っていう感じだったのかなと思います」

二階堂ふみちゃんは小泉さんと共演して「幸せでした。ずっと同じ空間で、同じ空気の中で感じていたい方だなあと思って、ほんとにごいっしょできて、すごく勉強になりましたし、うれしかったです」。小泉さんのどんなところが魅力だと思われましたか、の問いには「すべてです」。

小泉さんは、ふみちゃんについて「映画俳優として頼もしい存在だなって、お仕事させてもらって改めて思いましたし、ほんとに歳相応のひとりの女の子っていうか、人間としても、ほんとにきちんとしてて魅力的で、あと、なにより可愛いです。こないだ会ったとき、わりと肌の露出の多いドレスを着てたんですけど、このへん(腕のあたりを指して)がピチピチしてて、さわってしまいました。ご利益がありそうでした。とっても可愛いです、はい」

取っ組み合いのシーンについて。小泉さんは「一応、アクションの先生とかにアドバイスをいただきつつも、カメラが回ってしまえば、やるしかないっていう感じでしたよね。緊張はしましたね。でも遠慮してやるのも、相手にも悪いし、映画にも監督にも悪いなという感じで、やるしかなかったですね」
ふみちゃんが、「リハーサルのときに小泉さんがプロレスの技をかけるのがすごくお上手で…」というと、小泉さんが話を引き取って「四の字固めが得意なんですね。古いですけど。技的に」。ふみちゃん「それで緊張がほぐれて」。小泉さん「本番ではやらなかったんですけど、リハーサルのときは四の字固めを。…古い

未来子

高良健吾が「本番の緊張もあるんですけど、待ち時間中の緊張も多々あった」というと、小泉さんは「私が怖かったというのはある?」とツッコミ(笑)。

監督は脚本を書いた後に、プロデューサーから、この役は小泉さんがいいんじゃないかと勧められたそうで、断られなくてほんとによかった、と言っていました。
出演者陣について、自分のまんまを出してくれる人がよかったとのことで、(役に)はまっても面白くない、と。

どんな未来を思い描いていたか、これからの未来をどうしたいか、という問いには、小泉さん、「来るべき21世紀に向かって夢が広がるという概念を植え付けられるような感じで、21世紀になったら、すごくなってるという未来ばかりを想像していましたね。21世紀を普通に越えたと思ったけど、ちっちゃいころに思い描いていた未来化というものが、ちゃんとそこにあったんだ、っていうような気分があります。(この先の未来は)どう、きれいに終われるかですね、人生が。(だいじょうぶ、と客席から声がかかって)だいじょうぶですかね。がんばります。(自分が仕事をして)あとの人が歩きやすい道ができればいいなと思います」

小泉さん。「とても好きな映画です。既視感がない、見たことがないような映画。監督の映画を次も観たいような。感想など、いろんなところで言っていただいて、盛り上げていただけることが重要じゃないかと思っているので、もし観て気に入ってくださったら、私たちの仲間になってください


さんにん
山田望叶(もちか)ちゃんも上手いよ! 「花子とアン」でヒロインの幼少期を演じていた子。

映画は、二階堂ふみちゃんの「かこ」と、小泉今日子さんの「みきこ」のふたりがメイン。
「かこ」ちゃんが、ふきげんな「かこ」なんだな、というのは気づくが、「みきこ」の場合は「未来子」と書くのだと知って、はじめて、ああ、なるほど、とわかる。過去と未来。「かこ」ちゃんは過去とは書かないが。

会話がトボけた味があって、ユーモラスというか、オフビートというやつなんでしょうかね?
小さく、クスッと笑えるところが、ちりばめられているのですよ。
「何言ってんの」「何それ」と実際にツッコミがある会話が多いことから、まあ、どんなもんか想像してください。無理?

二階堂さんと小泉さん、ふたりの顔立ち、似てますよね。はっきりくっきり系?
親族の役として違和感なし。
小泉ファンの私は、そうすると、二階堂ふみファンにもなる。

すごく、いいわ、ふみちゃん。
なんかヘンな映画に出てるのが多くて(ごめん)、あんまり見てこなかったが、いいですね!

エンディングも気に入ってる。
かこちゃんの表情演技で終わる。意味するところは少し違うだろうが「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を思い出した。

まあ、これ、ストーリーを書いてみても、味は伝わらず。観てもらわないことには、どうにもなりません。

(6月25日 テアトル新宿)

果子

2015年作品
監督 前田司郎
出演 二階堂ふみ、小泉今日子、山田望叶、兵藤公美、黒川芽以

参考:ふきげんな過去|映画情報のぴあ映画生活

好き度☆☆☆★(3.5点。満点は5点)


(c) 2016「ふきげんな過去」製作委員会

ブログパーツ

● COMMENT ●

「かこ」は「果子」です。

山田望叶ちゃんは、いとこで「カナ」。「果子カナ」コンビも面白い。

「ふざけんな過去」と読み間違えました苦笑

>officeroaderさん

間違えるなら、ごきげんなかか、くらいにしておいてください。

おはよう~♪

うん、
ごきげんんなカコじゃあ、あまり興味を惹かれないかもね。(^^;
でも観たくなってきたわ(^_-)v

>kiraさん

おはよーございます。
ふきげんだから、映画として面白いところがありますよね。
もしも観るなら、期待しすぎないで気楽にどうぞ!

これ、今日見て来ました!

二階堂ふみちゃんがカコで、小泉さんが未来子(と書いてミキコ)というのが面白いですよね。
二人の格好がダボっとした適当なシャツと適当なスカートだったんですが、
ナチュラルに可愛く見えました。
古い日本家屋だったり、美術やロケもとても良かったと思います。

>とらねこさん

ご覧いただき、ありがとうございます!
キョン2に代わりまして、御礼申し上げます!
まあ、変わったお話でしたよね。
よく考えると、笑えないような状況もあるのですが。
果子がちょっと成長したのかなという、ひと夏の体験?でした。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bojingles.blog3.fc2.com/tb.php/3101-914b57d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふきげんな過去

女子高生・果子の家は、東京・北品川でエジプト風豆料理屋「蓮月庵」を営んでいる。 そこへ突然、伯母・未来子がふらりと帰って来た。 果子の母サトエの姉である未来子は爆破事件を起こした前科持ちで、18年前に死んだはずだった。 未来子は「あたし生きてたの」と言い「しばらく匿ってよ」と、勝手に居候を決め込む。 果子はそんな未来子に苛立ちを隠せない…。 ヒューマンドラマ。

「ふきげんな過去」ひと夏の冒険だ!

   “なんてったってアイドル”小泉今日子と、今や日本映画界を背負って立つ“ミューズ”二階堂ふみの豪華W主演が実現!「ふきげんな過去」(東京テアトル)。退屈な女子高生を襲った、ひと夏の衝撃。人の過去と未来ってのは、思わぬところで交錯するんですね~。  毎日が死ぬほど退屈でつまらない、でもそこから抜け出すことも出来ないでいる女子高生・果子(二階堂ふみ)。商店街の喫茶店に通っては、そ...

ふきげんな過去

 小泉今日子と二階堂ふみという主演女優といい、ストーリーといい、どこか演劇っぽいなと思ったら監督の前田司郎は劇作家なんですね。普通の映画と違う独特の間合いは好みが分かれるでしょう。  作品情報 2015年日本映画 監督:前田司郎 出演:小泉今日子、二階堂ふ…

ふきげんな過去

 『ふきげんな過去』をテアトル新宿で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、東京湾近くの運河が見えるところ(注2)。  カコ(二階堂ふみ)が不機嫌そうな面持ちで運河の縁に立っていす。そこへ、ギターを背負ったヒサシ(山田裕貴)がやってきて、「なあ」とか「ねえ」とか言って彼女にまとわりついています。  ヒサシが「ここ海だからいないよ」...

ふきげんな過去 ★★★

前作「ジ、エクストリーム、スキヤキ」で映画監督デビューを飾った人気劇作家の前田司郎が、映画オリジナル脚本で挑む監督第2作。小泉今日子と二階堂ふみを主演に迎え、退屈な日々を送る女子高生と、突然現われた死んだはずの伯母が織りなす可笑しくも切ないひと夏の物語を...

『ふきげんな過去』前田司郎監督、小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、他

注・内容、台詞に触れています。『ふきげんな過去』 監督 : 前田司郎出演 : 小泉今日子、二階堂ふみ高良健吾、板尾創路、他 物語・東京・北品川に位置する食堂で生活している女子高生・果子(二階堂ふみ)の

「ダーク・プレイス」 «  | BLOG TOP |  » 「10 クローバーフィールド・レーン」(1回目)

gooブログで当方URLが勝手に、はねられ、TBも行かない件。お返事をいただいた。違うgooブログ宛てであっても、同じURLからまとめて多量に送るのはダメで、あくまでも目安だが、10分間以内に3件以上トラックバック送信等実施した場合、規制対象になる可能性がある、という。3件送信した場合、10分ほど間隔をあけてから次のトラックバック送信をしてください、という。3件で「多量」ですか。映画のTBをするときは、まとめてしちゃうのが普通なんですけど、そんなんだったら、めんどくさくて、やらなくなるよ。みなさんも規制対象にならないように、お気をつけください。 この仕組みを知らずに規制されてしまったブロガーさんが他にもいるだろうに…改善してくださいと言っておいたが、返事はない。改める気なんかないんだろう。でも、改善しない限り、上記文章は削除しません。 あ、でも改めたとしても、わざわざ知らせてなんかくれないだろうから、永遠に削除できないな。(笑)(2015年1月問い合わせ済)


マリリン応援+映画雑文などのブログ。
下のほうにアクセスランキング、ツイッターがあります。



日本マリリン・モンロー・クラブ 会員募集中!

このブログのトラックバック・ポリシー (2009年1月10日、修正)

過去の記事の一部には「ブログランキング参加中~」という文面がありますが、現在はブログランキングから離脱しています。該当するすべての文章を削除することは大変なので、そのままにしてあります。

映画感想の「好き度」について。
☆☆☆☆☆(5)…GREAT!文句なし!
☆☆☆☆(4)…FINE!かなり、いいぞ!
☆☆☆(3)…GOOD.観て損はないかな。
☆☆(2)…NOT SO GOOD.ちょっとなあ…。
☆(1)…BAD!いいかげんにせい!
という感じ。★を0.5点とします。星5つは、ほとんどつけませんから、4.5点なら最高と言えます。 自分にとって面白いかどうかが重要で、世間の評判や、意義がある映画である等々は重要視しません。
好きだなあと思ったら3.5点に星が到達。


黒猫マリリンはカーソルで、かまってやってね!
鳴いたり、手を出したりするよ!


クリックで救える命がある。

プロフィール

ボー・BJ・ジングルズ

  • Author:ボー・BJ・ジングルズ
  • HP「シネマ停留所」の管理人でもある。♂。単純に映画が好き。綺麗な女優が好き。マリリン・モンローさんは、わが永遠のミューズ。

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最新トラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング(30日分累計)

Twitter

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード